【双子の成長記録:1か月】ドキドキの1か月検診と双子の生活リズムに悩む日々

双子 1か月双子妊娠・育児
スポンサーリンク

双子の育児日記、一か月頃の記録です。

二人の生活のリズムが異なって、眠れない日々が続きました。毎日必死にお世話に明け暮れていました。

一か月検診は、双子を連れて外出するというだけで、一大イベントだったなぁ…。そんな日々の記録です。

【双子の成長記録:0か月】0か月の双子育児は心配事が尽きなかった

スポンサーリンク

双子0歳1か月の成長記録

1か月検診で聴力の再検査を受ける

双子を連れて、出産した総合病院へ1か月検診を受けにいきました。義理の両親に付き添っていただいて、タクシーで向かいました。慣れない双子育児、初めての外出ですごく緊張したのを覚えています。

検診時では、体重などの成長確認の他、聴力検査の再検査を受けました。

次男は、退院前に受けた聴力検査で要検査になってしまったんです。聴力検査では、片方の耳が聞こえない可能性があるという結果が出ていました。

生まれてすぐだと、簡易的な聴力検査の機械ではきちんと判別できないケースもあるようです。きっと大丈夫だと思うけど、でも再検査するまでは、毎日不安でとても心配していました。

毎日のように、次男の耳のそばで音を出してみて(指をすり合わせてみた)、振り向くか試してみたり。次男の仕草を見ていると、聞こえている感じがするんですけどね。

再検査は前回受けた機械ではなく、特別な個室に案内されました。

次男が再検査で受けたのは、脳波の測定だったようです。検査は数分で終了。5分もかからなかったと思います。

検査してくれた方が「あ、良かった」とつぶやいていたのが聞こえた気がしたけど、「検査結果は先生から聞いてください」ということで、教えてもらえず。

総合病院だから広くて…。検査室から先生のところへ向かう廊下も長く感じて、次男を抱っこしながら頭の中は不安でグルグル。「きっと、大丈夫」と自分に言い聞かせながら、トボトボ歩きました。

先生から、耳はきちんと聞こえていますよ、と教えてもらって、すごくホッとしました。

表情の豊さも、泣き声もどんどん変わっていく

一か月半くらいたつと、だいぶ表情も豊かになってきました。ちょっと、すねたような表情も見せるようになったりと、成長を感じます。

泣き方も二人の違いが出てきて、以前はどちらが泣いているのか分からなかったけど、聞き分けられるようになってきました。

長男は泣くときに「あい~ん」とつくし、弟くんの方は「あ、あ、あ、あ、うわ~ん」と泣きます。声も泣き方も毎日変わっている感じがするので、日々、成長を記録するために動画を撮りました。

子供の非常食として大量にミルクを買い込む

地震が何度か起きたので、慌てて子供たちの非常食を買い足しました。

大人なら何でも食べられますが、赤ちゃんは母乳&ミルクしか飲めないですしね。ミルク缶のストックを急いで多めに購入!

ちなみに、双子なのでミルクはかなりハイペースで消費しています(ほぼミルクで育っています)。今は、二人で1缶消費するのに、一週間くらい。

今は毎回、140㏄くらい飲んでいます。

これからどんどん飲む量も増えるし、ミルクは賞味期限も長いので、非常時に備えて常に10缶くらいストックするようにしました。

まつ毛が伸びてきた!

一か月半くらいの頃から、急に二人のまつ毛がぐいぐい伸びてきました。

今までは、まつ毛が1mmくらいの長さだったんです。「まぁ、男の子だしね…」と思っていたのですが、日に日にぐんぐん伸びてきました。やっぱり長くなると、かわいさ増しますね♪

ちなみに、長男の方が長めで、次男の方が本数は多いです。一卵性でも、成長の仕方はやっぱり違うんですね。

睡眠リズムは3~5時間ペース

双子育児で大変なことの一つに、二人の睡眠リズムの違いがあります。

今、まとめて寝てくれる時間は3時間くらい。長男は5時間ほど寝てくれたこともありますが、数回かな…。次男は、ほぼ3時間ペースです。

二人の生活リズムが違うので、大人はなかなか休めない

二人のリズムがずれているので、私もなかなか体を休めることができません(汗)

双子の生活のリズムを合わせると育てやすいと、よく聞きますが、なかなか難しいですね。

でも、リズムが一緒の時は同時泣きされて、大慌てしてしまう私。二人まとめて抱っこしてあげたいけど、二人の赤ちゃんを同時にあやすのは結構大変です。

リズムがずれていると、一人が寝ている間に、もう一人のお世話を余裕もって出来るのは嬉しいです。

リズムがずれていても、合っていても、それぞれメリット・デメリットがあるものですね。