【比較】しまむらにはファイバーヒートより暖かいインナーがある!ユニクロ・GU・ホットコットとの違いや選び方

生活用品

この冬、しまむらで購入したインナーがすごく良かったのでレビューします。

極暖系のインナーはユニクロやGU、ベルメゾンなどからも出ているので、どれを買えばよいのか迷います…。

「結局、試してみないと分からない」ので、色々試してみた結果、しまむらのインナーは値段の割に暖かくてコスパが良いと思いました。

しまむらのインナーというと「ファイバーヒート」が有名ですよね。でも、意外なことにファイバーヒートより「CLOSSHI」というシリーズの方が暖かく感じました。

この記事では、

  • しまむらと他社の極暖系インナー比較
  • しまむらの極暖系インナーを実際に着用した感想
  • 結局、極暖系インナーは何がおすすめなのか?選び方

についてまとめています。

結論を早く知りたい方のために、最初に要点をまとめると、

  • 厚手でも暖かいインナーが欲しい場合→しまむらの「CLOSSHI」
  • あまり厚手ではなく暖かいインナーが欲しい場合→楽天の「ダークエンジェル」
  • 極暖系インナーでかゆくなってしまう場合→ベルメゾンのホットコット

がおすすめです。

ダークエンジェルは、しまむらのCLOSSHIより薄手ですが、暖かさは十分。デザイン・色も豊富なので選びやすいです。楽天で買えます。

▽ダークエンジェルのインナー

私は実際に手にとってみたいタイプなので、普段はしまむらを利用してますが、ネットで買うならダークエンジェルが、かなりおすすめ。

ホットコットはベルメゾンの商品ですが、アマゾンでも購入できます。極暖系インナーは汗をかくとかゆくなることもあるけど、ホットコットは綿の割合が多いのが特徴です。かゆみが出づらいです。

▽ホットコットの詳細はこちら

[ベルメゾン] あったか インナー ホットコット 綿混 長袖 C14793 レディース
定番人気のクルーネック。薄手でフィット感がよく着ぶくれしにくいことも使いやすさのポイント。アウターライクな素材なのでチラ見えしてもOK。毎朝、つい手に取りたくなるあたたかさとやさしい肌ざわりです。 【綿95%の発熱インナー ホットコット 人気の理由】 ●やさしい肌さわり 発熱綿とオーガニックコットンをブレンドし、女性が...
スポンサーリンク

しまむらの極暖インナーを試した感想

ファイバーヒートが有名だけど「CLOSSHI」の方が暖かい!

しまむらの極暖インナーとして代表的なのが、ファイバーヒート

店頭の目立つところにファイバーヒートがずらーっと並べられているので「ファイバーヒートが、一押しなんだな!」と思い、最初はファイバーヒートを愛用していました。

でも、セールでしまむらのプライベートブランド「CLOSSHI」を見つけたので購入。

ファイバーヒートより生地がしっかりしており、見た目からして暖かそうだったからです。

ファイバーヒート以外もチェックしてみて!

実際に着用して、CLOSSHIとファイバーヒートを比較すると、CLOSSHIには以下の特長がありました。

  • 生地が厚めでしっかりしている(でも、もたつかない)
  • 起毛がしっかりしている

でも、気太りするような感じてもなくインナーとして程よい厚みなんですよね。

私は薄手のタートルネックと重ねることが多いのですが、ごわついたりしません。

もちろん「ファイバーヒート」も暖かいのですが、ファイバーヒートより暖かいものが欲しい場合はCLOSSHIがおすすめです。

ただ、生地はファイバーヒートより厚いので、薄めの素材重視ならファイバーヒートを選んだ方が良いと思います。

しまむらの極暖インナー「CLOSSHI」の値段

しまむらCLOSSHIは定価が税込980円。ファイバーヒートと似たような価格帯です。

私は、冬の終わりにセールで購入したので税込550円でした。(その後、さらに安くなり300円で買い足しました!

しまむらの極暖インナー、プチプラ!

セール時を狙うと安く買えますが、サイズや色の選択肢は少な目。また、売り切れのものも多いです。

定価で買ったとしても1000円程度なので、早めに購入して一冬しっかり着まわすのがおすすめ。

ちなみに、私が行く店舗の場合は、ファイバーヒートより目立たない店舗奥の棚に陳列されていました。

生地がしっかり厚い

しまむらの極暖インナー「CLOSSHI」はユニクロやGUのインナーと比べて、生地の厚みがしっかりしています。

ユニクロの極暖に近いですが、もっと生地がふっくらしています。

しまむらの極暖インナー

起毛部分の密度も濃く、着た瞬間から暖かさを感じられます。でも、洗濯を繰り返しても毛玉ができないし、生地が伸びたりもしていません。

ユニクロの極暖は何度も洗濯を繰り返していたら、びろんびろんに伸びてしまったし暖かさも半減してしまったので、しまむらの「CLOSSHI」の方が、しっかりしていると思いました。

首回りの開きが程良い

また、首周りの開き具合も絶妙で、開きすぎず詰まりすぎずのコーディネートしやすいデザイン。

首回りが開いていると寒いし、逆に首元が詰まっていると洋服と合わせづらいんですよね。

もし首元からインナーが見えてしまっても、生地感がしっかりしているため、あまり気にならないのも使いやすいです。

MサイズとⅬサイズの着心地を比べてみた

私は身長159センチで44キログラム。体型としては「やせ型」です。

ただ、肩幅が少し広めで手(腕)が長め。服を買うときは、Mサイズにしたり、Lサイズにしたりの微妙なサイズです。

Mサイズだと身頃は丁度良いけど、袖丈が足りないのが悩みです。

MサイズとLサイズの両方を購入して着比べてみました。

Mサイズの着用感

Mサイズは体にぴったりですが、窮屈さはなく着心地が良いです。とても暖かいです。

フィット具合は私の体型にぴったりでしたが、私の場合は袖が少し短めでした。私は他の方に比べて、少し手が長いタイプなので、標準的な手の長さの場合は大丈夫だと思います。

ちなみに私の場合は、10分丈のインナーの場合、8~9分丈くらいになりました。

冷えをふせぐためには「手首を温めた方が良い」というだけに、その点は少し残念かな…。でも、これは私の体型のせいなんでしょうがないですね。

冷え対策には「首」のつく部分を温めるのがポイント。首、手首、足首などが隠れるようにすると暖かく感じます。

Lサイズの着用感

Lサイズは、Mサイズより、ややゆったり目。

Mサイズのときに感じたようなフィット感はありません。体とインナーの間にスキマができてしまうので、暖かさはMサイズの方が上に感じました。

私にとってLサイズは、Mサイズで感じたような「1枚で暖かい」という感動はありませんでした。

素肌に直接着るとスカスカで風が通ってしまうので、中にタンクトップを着用しています。ただ、袖の長さについては私の体にぴったりなので、手首のあたりまで暖かいのは良い感じ。

暖かさを実感したいなら、体へのフィット感が大切なんですね。

私の場合の、ベストサイズはⅯサイズという結論になりました。

スポンサーリンク

他のメーカーの極暖系インナーと比べてみた

ユニクロの極暖とサイズ比較してみた

気になるのは、他のメーカーの極暖と比べて、しまむらの極暖インナー「CLOSSHI」はどうかということ。

まず、上記でも述べましたが、暖かさは、しまむらの方が上だと感じています。

次にサイズの比較について。私の体型は以下のような感じ。

【私の体型】身長159センチ、44キログラム(やせ型)手が長め

しまむらの極暖インナー(Mサイズ)は、私にぴったりのフィット感でした。ちなみに、しまむらの極暖系インナーは、あまり伸びない生地です。

ユニクロの極暖と比較した場合は、ユニクロのS~Mの中間くらいのサイズ感でした。

そして、しまむらの極暖系インナー(Lサイズ)はユニクロの極暖のM~Lサイズの中間くらい。

あくまで私個人の感想ですが、しまむらのしまむらの極暖インナー「CLOSSHI」はユニクロの極暖より少し小さめです。

GUの極暖インナーとの比較

続いて、GUの極暖系インナーとの比較。

タートルネックデザインのものを購入しました。(しまむらは、タートルネックのものが見つかりませんでした)

GUの極暖も、しまむら同様1着1000円ほど。一冬着て感じたのは、しまむらの極暖系インナーの方が品質が上だということ。

GUのインナーを着た感想は

  • タートルネックタイプなので首元まで暖かい
  • すぐに毛玉になってしまった

最初は、「やっぱりタートルネックだと首元まで暖かくて良いなぁ」と気に入っていたのですが、10回くらい洗濯すると、もう毛玉だらけに…。

あまりに早く毛玉になって、驚きました。タートルネックの首元部分は、重ね着しても、見えてしまう可能性が高い部分なので、すぐにパジャマに…。

毛玉さえなければ、普通の服みたいに着れただけに残念です。

しまむらの方は、今のところ毛玉なし。生地もしっかりしていて、安定した暖かさ。来年も問題なく着れそうです。

極暖系インナーで肌がかゆくなる場合はベルメゾン「ホットコット」がおすすめ

極暖系のインナーを着ていると、肌がかゆくなってしまう場合もありますよね。

しまむら「CLOSSHI」の素材は、

  • ポリエステル
  • 綿
  • ポリウレタン

の混紡です。

私はユニクロのヒートテックを着た時に感じる「汗をかいたときに痒くなる感じ」は、しまむらの「CLOSSHI」では感じませんでした。

しまむらも、ユニクロも科学繊維中心の素材でできています。でも、割合や織り方の違いで、着用感はだいぶ変わるんだな、と思いました。

ただ、これは人によって感じ方が違うので試してみるのが一番。

ちなみに、化学繊維の極暖系インナーで、かゆみが出やすい方はベルメゾンのホットコットがおすすめです。ベルメゾンのホットコットは綿素材の割合が多いので、肌触りが優しいです。

ホットコットは、amazonで1000円前後で購入できます。

【詳細】[ベルメゾン] あったか インナー ホットコット 綿混 長袖

【ホットコットの素材】

  • 綿95%
  • ポリウレタン5%(ストレッチ天竺)

ホットコットは、ポリウレタンが5%入っているので、伸縮性が良くて動きやすいです。

ホットコットは着丈が長く、背中も出づらいですよ。

 私の場合は、湿度が低い日に肌にかゆみが出やすいです。そんな日は、綿素材の肌着を着ています。

綿素材と化学繊維でそれぞれメリット・デメリットがあるので、体調や気候に合わせて選ぶと快適です。

極暖インナーの選び方(まとめ)

各社の極暖系インナーを着比べてみて、一長一短あることが分かりました。

個人的な結論としては、

  • 厚手の暖かいインナー→しまむらのCLOSSHI
  • 厚手ではなく暖かいインナー→楽天の「ダークエンジェル」
  • 自然素材の暖かいインナーが欲しい方→ベルメゾンのホットコット

がおすすめです。

以上、各社の極暖系インナーを着比べた感想でした。

▽ダークエンジェル(楽天)

 

▽ホットコット(Amazon)

[ベルメゾン] あったか インナー ホットコット 綿混 長袖 C14793 レディース
定番人気のクルーネック。薄手でフィット感がよく着ぶくれしにくいことも使いやすさのポイント。アウターライクな素材なのでチラ見えしてもOK。毎朝、つい手に取りたくなるあたたかさとやさしい肌ざわりです。 【綿95%の発熱インナー ホットコット 人気の理由】 ●やさしい肌さわり 発熱綿とオーガニックコットンをブレンドし、女性が...

 

【こんな記事も書いています】

▽ゆったりレギンスを探して履き比べてます

▽しまむら「ファイバーヒート」のレギンスの感想

▽繰り返す手荒れに効果があったのはワセリン