元祖駅弁「峠の釜めし本舗おぎのや(横川店)」で釜めしを堪能した話

おぎのや 横川店長野
スポンサーリンク

駅弁の元祖ともいわれている「峠の釜めし本舗おぎのや」へ。長野旅行へ向かう途中のランチで寄りました。

おぎのやの店舗はいくつかありますが、今回、利用したのは群馬県の横川店。

3連休初日の渋滞にはまり、午前中に寄るはずだった富岡製糸場を諦めて、おぎのやでランチ。渋滞で疲れ果てていた私にとって、ふっくら炊けた釜めしは、ものすごく元気を与えてくれる存在でした。

いや、渋滞で疲れてなかったとしても、独自の釜でふっくら炊きあげられた釜めしは、めちゃくちゃおいしいんですよ…!!

なんせ、天皇陛下に献上されている釜めしです。

そんなこんなで、元祖釜めしとして有名な「峠の釜めし本舗おぎのや」へ行った感想です。

スポンサーリンク

峠の釜めし本舗おぎのや(横川店)へ行ってきました

アクセス

峠の釜めし本舗おぎのや(横川店)の住所です。

所在地:〒379-0301 群馬県安中市松井田町横川297−1

おぎのや 横川店 釜めし

駐車場

横川店の駐車場は100台。

おぎのや 横川店 駐車場

9月の3連休初日の昼過ぎに利用しましたが、駐車場にはスムーズに停められました。駐車場には、記念撮影スポットもありました。

おぎのや 釜めし 横川店

こういうの、撮っておくと後から見た時に楽しいんですよね。ちょっと面倒に感じても、必ず撮るようにしています。

店内の様子・座席数など

横川店は2階建て。1階は売店とフードコートで130席。2階には団体さん向けの予約席が600席あります。

おぎのや 釜めし 横川店

私が行った日は、駐車場にはスムーズに停められましたが、1階フードコートはほぼ満席で席を見つけるのに苦労しました。この日は連休で混みあっていたからか、2階席も一般用に開放されていました。

峠の釜めしの値段

峠の釜めしの値段は1200円(税込)。釜めしにはお新香もついています。

おぎのや 釜めし 横川店

釜めしのサイズ

釜めしのサイズは見た目的には、ちょっと小ぶりかな…!?といった感じ。

釜めしを食べた感想

ワクワクしながら、さっそく釜めしのフタを開けてみました。

は~、美しいですね。丁寧に作られた感、満載です。

おぎのや 横川店

9種類の具材が入っています。なんだか食べるのがもったいない。

ふっくら炊き上げたご飯と、やや濃い目に味付けされた鶏肉がベストマッチ。

鶏肉以外の具材も、一つ一つ丁寧に味付けされていると思いました。具材はどれも少量ずつなので、一つ一つ味わいながら頂きました。

おぎのや 釜めし 横川店
食べかけ。底が見えてきた。

最初見た時は、「小ぶりな容器だな」と思いましたが、実際に食べてみると、容器の深さがそれなりにありました。

女性の場合は、これで足りるかも!?男性の場合は、ちょっと量が足りないかもしれません。

ちなみに、私は単品で注文しましたが、セットメニューもあります。

子供たちは釜めし屋なのに、ラーメンを注文

釜めしに興味のない子供たちはラーメンを注文。ちょっと味見させてもらったのですが、普通に美味しいラーメンでした。

おぎのや ラーメン

麺はやや平麺っぽい感じ。美味しいけど、せっかくここに来たなら釜めしを食べるのがおすすめですね。

麺類好きの子供たちは、ご満悦でした。

釜めしに「あんず」が入っている理由

おぎのやの釜めしには「あんず」が入っています。これは、

  • あんずには整腸作用がある
  • 横川近くの信州上田は「あんず」の名産地である

という理由だそう。

おぎのや 横川店
あんずが入っています

あんずと栗、どっちを最後に食べるか迷いますよね!?栗も最後までとっておきたくなりませんか?

釜めしの容器は持ち帰りOK

おぎのやの釜めしを食べた後、空になった容器は持ち帰ることができます。

公式ホームページには、空き釜を利用したご飯の炊き方が紹介されています。

【公式】空き釜を利用したご飯の炊き方

おぎのや 容器

今回、夫と私が釜めしを食べたのですが、1つはお持ち帰りして、1つは返却することにしました。(旅行途中の荷物を減らしたかったため)

旅の思い出として、釜を頂けるのは嬉しいですよね。旅が日常に溶け込むというか…。

釜を持ち帰ったものの、1合分だけ釜で炊くのはちょっと手間がかかるので、夫が飴などを入れてデスクに置いています。

顔出しパネルをやってみた

フードコート隣には、売店スペースがあってご当地アイテムが充実していました。横川店は、釜めしを食べるだけじゃなくて、買い物もできるし、楽しいですよ。

おぎのや 顔出しパネル

顔出しパネルがありました。釜めしの卵のところから顔を出すようになっています。

こんな黄金の釜もありましたよ!驚くポーズをとる、子供たち。

おぎのや 横川店

売店には、小さな釜めし容器に入った「りんご飴」があったので、お買いあげ。お小遣いで買って、二人で分けて食べています。

スポンサーリンク

まとめ

おぎのや(横川店)は食事もお買い物も楽しめる場所。

釜めしは期待通り、とても美味しかったです。一つ一つ、こだわりの素材を使って丁寧に作られた釜めしはおすすめです。

空いた容器を持ち帰ることができるのもお得感があります。

長野・群馬方面へ旅行の際は、ぜひとも寄ってみてください。

以上、峠の釜めし本舗おぎのや(横川店)へ行った感想でした。

【こんな記事も書いています】

▽おぎのやの後は、長門牧場を観光しました

▽この日の宿泊先は保養所「アルペンドルフ白樺」(※組合員専用の施設です)