【ディズニー】プレミア・アクセスとは?1回2,000円で待ち時間を短縮できる有料サービスについて調べてみた

ディズニー

2022年5月19日よりディズニーで「プレミア・アクセス」という有料サービスが始まりました。

1回2,000円支払えば、アトラクションの待ち時間を短縮できるというサービスです。

ディズニーといえば、長い長い待ち時間が悩みの種ですよね…。お金はかかりますが、時間を有効に使いたい方にとっては、嬉しいサービスだと思います。

ディズニーの「プレミア・アクセス」の詳細について調べてみました。

ディズニーのプレミア・アクセスとは?

1回2,000円で待ち時間を短縮できる

ディズニー「プレミア・アクセス」は基本のチケットとは別に追加購入するチケットです。

1回2,000円(1人)支払うことで、対象アトラクションの待ち時間を短縮できます。

1人2,000円なので、例えば我が家の場合は4人で8,000円。けっこうなお値段ですが、待ち時間を出来るだけ減らして効率的に遊びたい場合には、便利だなと思います。

私はまだ利用したことがありませんが、実際に利用した方のブログなどを見ると、待ち時間が2~3分だったという体験談が見つかりました。

当日の混雑状況等によるでしょうが、ファストパスなどと比べても圧倒的に待ち時間が短い印象です。

対象アトラクション

対象アトラクションは、2つだけです。(※記事作成時点。もしかしたら、今後増えるのかもしれません。)

まずは、東京ディズニーランドの「美女と野獣 魔法のものがたり」。

映画「美女と野獣」のストーリーの名シーンを乗り物に乗ってめぐるアトラクション。2020年に登場した新しいアトラクションです。

▽「美女と野獣」アトラクションの感想

2つ目はディズニーシーの「ソアリン:ファンタスティック・フライト」。こちらは、世界各地の名所や大自然をめぐる空の旅が体験できるアトラクションです。

今のところは上記の2アトラクションのみ。全てのアトラクションが対象なわけではありません。

プレミア・アクセス購入の仕方

「プレミア・アクセス」は入園後に東京ディズニーリゾート・アプリで購入します。

購入後は、「プライオリティ・アクセス・エントランス」という専用の入り口から入場します。

  1. ディズニーリゾート・アプリの「ディズニー・プレミア・アクセス」をタップする
  2. 注意事項を読んだら、取得ボタンをタップ
  3. 「施設選択」画面が出るので、対象アトラクション(美女と野獣orソリアン)を選ぶ
  4. 「2000円/1人」ボタンをタップ
  5. 時間帯を選択

アトラクションによって、身長制限・年齢制限などがあるので注意しましょう。

利用条件を満たしていない方は、ディズニー・プレミアアクセスを購入された場合でも利用できないと公式ホームページに記載があります。

せっかく購入したのに、身長が足りなくて利用できなかった…となったらショックですよね。

支払い方法

支払いはクレジットカード払いが基本です。利用できるカードについては公式ホームページに詳細が記載さています。

ただ、アプリを利用していなかったり、クレジットカードをお持ちでない場合は、メインストリート・ハウス(東京ディズニーランド)、ゲストリレーション(東京ディズニーシー)で購入できます。

【公式】ディズニー・プレミア・アクセスについて

発行数に限りあり

ディズニー・プレミア・アクセスは発行数に限りがあるため、売り切れになる場合もあります。

アトラクションの混雑状況にもよりますが、早め早めに利用した方が良いのかもしれません。

プレミア・アクセスは高いのか?評判を調べてみた

1回2,000円で待ち時間を短縮できるプレミア・アクセス。評判が分かれているようです。

「待ち時間を短縮できて効率的に回れるなら、2,000円でも利用価値がある」「基本のチケットでもそれなりの値段なのに、1アトラクションで2,000円の追加料金を支払うのは高い」など、人によって捉え方は違うようですね。

我が家の場合は、4人家族なので、家族みんなで利用すると1アトラクションで8,000円。

うーん、それなりの値段ですが、子供を連れて長時間待つのはけっこう辛いもの。混雑状況によりますが、利用すると思います。

我が家は東京在住で、ディズニーへも比較的近いです。そのため、天候や空いている時期を見て遊びに行くようにしていますが、地方の場合はなかなか難しいことも多いですよね。

たまにしか行けないディズニー、時間やお金の使い方に関する考え方は人それぞれ。

多少費用がかかっても時間を効率的に使いたい場合は利用すればよいし、高いと感じる場合は今まで通り並べばよいのかな、と思います。

まぁ、一つ選択肢が増えたのは良いですね。

以上、東京ディズニーリゾートの「プレミア・アクセス」についてでした。

【こんな記事も書いています】