【ディズニー株主優待券】転売チケットは入れないリスクあり。転売は禁止されているので注意。

ディズニー
スポンサーリンク

我が家ではオリエンタルランド(ディズニーの運営会社)の株を保有しており、毎年、株主優待券を頂いています。

株主優待の内容は、東京ディズニーランドか東京ディズニーシーのどちらかに入園できる「1デーパスポート」。

ディズニー好きにはたまらない優待ですが、転売されているケースも多いです。ただ、ディズニーの優待券は転売が禁止されています。

メルカリなどでも多く取り扱われていますが、きっと転売禁止であることを知らない方も多いのでは?

ということで、今回は私が知っている転売チケットの情報について、まとめておきたいと思います。

転売チケットを「安く買えた!」と喜んでいる方もいらっしゃると思いますが、そもそも転売チケットは無効だし、入園できないリスクのある危険なチケットなんですよ(汗)

スポンサーリンク

ディズニーの株主優待券は転売禁止。転売チケットでは入園できない?

ディズニーの株主優待券とは

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーは「株式会社オリエンタルランド」という企業によって運営されています。

そして、オリエンタルランドの株式を購入すると、株主優待として「1デーパスポート」が頂けます。東京ディズニーランドか東京ディズニーシーのどちらか好きな方に入園できます。

株主優待で頂けるチケットの枚数は、株の保有数によって異なります。

現在(記事作成時点)は、100株以上保有で年間1枚頂けますが、これが最小単位。ちなみに、年間2枚頂くためには400株保有する必要があります。

詳細は、株主優待券と一緒に同封されていた資料の画像を添付しますね。

オリエンタルランド株主優待の説明

ディズニーのチケットは、それなりのお値段だし、ディズニー好きには最高の優待ですね。長期保有していると、追加でパークチケットがもらえる特典もあったりと、なかなか嬉しい優待内容です。

※家族で効率的に株主優待をもらう方法については別記事にまとめています。

ディズニーの株主優待券は転売が禁止されている

まず、ディズニーの株主優待券は転売が禁止されています。(公式より発表されています)

つまり、売るのも、買うのもダメです!

株主優待券の裏面にも転売禁止の文言があり、転売された株主優待券は無効とする旨の表示があります。

ですので、メルカリや金券ショップで転売されているディズニーの株主優待券は本来は無効。転売は禁止なので、出品されていること自体がルール違反です。

転売チケットは「使用済み」で入園できない可能性がある

転売が禁止されているディズニーの株主優待券。売るのも買うのも違反ですが、さらにリスクもあります。

それは、転売されている株主優待券は使用済みの可能性があること。

株主優待券にはQRコードが印刷されていて、入園時にはゲートにピッとかざして入園するようになっています。(スイカやパスモみたいな感じです)

スタンプが押されたり、半券が切り取られる…といった運用ではないので、見た目的には、未使用なのか使用済みなのか判別できません。

運悪く使用済みの転売チケットを購入してしまったとしても、当日まで確認する術がないというわけです。

せっかく買ったのに、いざ入園しようとしたらできなかった…というのは、とても残念ですよね。

それに、そもそも転売チケットを買うこと自体が禁止されているので、ルールを破ってまで夢の国に入場するというのは心が痛みます…。

ただ、ネットで検索してもかなりの転売チケットが取り扱われていますし、転売が禁止されていること自体を知らない方も多いんじゃないかと思います(汗)

金券ショップで扱っている転売チケットは未使用なのか?

メルカリなど個人間で売られているチケットの場合、未使用or使用済みかどうか相手のモラルにゆだねられています。運が悪ければ、使用済みということもあるでしょう。

では、金券ショップの場合はどうなんでしょうか?ショップだし、何か確認する手段があるのかな?と、ずっと気になっていました。

先日、金券ショップの方と話す機会があったので質問してみました。その金券ショップの方の話では「未使用かどうかは見た目では分からないから、賭けですね」と話していました。

つまり、金券ショップが買取をする場合も、相手の雰囲気などから推察して「多分、未使用だろう」という予想で買取しているそう。

※私がお話を聞いたショップの場合なので、全てがそうなのかは分かりません。

メルカリなどで買うのもリスクがありますが、金券ショップで買うのも同様にリスクがあるんだな…と思いました。金券ショップの方は、「絶対に買わない方がいいですよ」と話していました。

少し安く買ったはずが、結局は使用済みで入れない。しかも転売禁止だからルール違反。こんなことになったら、せっかくの楽しいディズニーが悲しい思い出になっちゃいます(涙)

と、いうことでディズニーの株主優待券は、売るのも買うのも禁止です、というお話でした。

【こんな記事も書いています】

▽コロナで入場制限中のランドへ行きました。通常との変更点や、効率的に回るコツなど。

▽旅のお助けアイテム。子供の車酔いが酷いので「乗り物酔いを軽減するメガネ」を使っています。酔い止めを飲む回数が減ってきました。