アレクサに認識してもらえる、自作の音楽プレイリストの名前の付け方

ライフスタイル

アレクサがあると音楽を聴くのに便利ですよね。でも、自作の音楽プレイリストを認識してもらえない場合が多く、困りました。

せっかくお気に入りの曲を集めて自作プレイリストを作っても、アレクサに呼びかけて再生してもらうまで手間がかかると、聴く気が失せてしまいます。

どうせなら1回でアレクサに認識してもらいたいですよね。ということで、色々なプレイレスト名を試してみた結果、アレクサにほぼ100%認識してもらえるプレイリスト名を見つけたので紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アレクサに認識してもらえるプレイリストとは?

プレイリストを作成するメリット

アレクサでは「Amazon Music」や「Amazon Music Unlimited」の音楽を再生できます。

アレクサに適当に曲を流してもらうのも良いですが、自分の好きな曲を集めて自作プレイリストを作っておくと便利です。

好きな曲を集めてプレイリストを作ると、聴きたい時にすぐ聴けて便利です。

また、アレクサに適当に曲を流してもらっているときに「あ、この曲好きだな」と思うことってありますよね。その場合は、「アレクサ、この曲を〇〇というプレイリストに追加して」とお願いすれば自作プレイリストに追加してもらえます。

我が家のアレクサ

アレクサが、ほぼ100%認識してくれるプレイリスト名は何?

アレクサで自作プレイリストを作る際に困ったのが、アレクサが認識してくれるプレイリスト名がなかなか見つからなかったことです。

最初は、自分の名前を用いた自作プレイリストを作ってみましたが、認識してもらえませんでした。

たまには成功するのですが、私の名前の場合は失敗する確率が高かったです。子供2人の名前でも試しましたが、ダメでした。

また、曲名によく用いられているような単語もプレイリスト名と認識されずらいですね…。代わりに、その単語が含まれた曲が再生されてしまいます。

人名でもなく、ありふれた単語でもなく、アレクサが一発で認識してくれる自作プレイリスト名はない物か、色々試したところ以下の4つが見つかりました。

以下の4つの場合は、私に限らず、子供が呼びかけてもほぼ100%の確率で再生してもらえます。アレクサは子供の高い声に反応しづらいという口コミも多いのですが、とりあえず、以下の4つなら大丈夫そうです。

自作プレイリストの名前は、この4つがおすすめ!

それでは、おすすめの4つの自作プレイリスト名を紹介したいと思います。

「アレクサ、お気に入りというプレイリストをかけて」

1つ目のプレイリスト名は「お気に入り」です。

呼びかけるときは「アレクサ、お気に入りというプレイリストをかけて」で再生してもらえます。

これは私が使っているプレイリストなんですが、お気に入りの曲を集めたプレイリストなので「お気に入り」にしました。「お気に入り」という単語なら、汎用的だし使いやすいんじゃないかと思います。

ただ、呼びかける際に「アレクサ、お気に入りをかけて」というとうまく再生されません…。

呼びかける際は「アレクサ、お気に入りというプレイリストをかけて」と伝えるのがポイントです。

「アレクサ、ブルーインパルスというプレイリストをかけて」

2つ目のプレイリスト名は「ブルーインパルス」です。

ブルーインパルスとは航空自衛隊に所属する曲技飛行隊の愛称です。オリンピックの時にも、ブルーインパルスのショーがありましたね。

ブルーインパルスを見てウキウキしていたときに作ったプレイリスト名なんですが、アレクサに呼びかけてみたら、ほぼ100%の確率で認識してもらえることが分かりました!

こちらも「アレクサ、ブルーインパルスというプレイリストをかけて」と呼びかけてください。

我が家では、子供がこのプレイリストを使っています。子供の声でも、毎回きちんと再生されているのでおすすめです。

「アレクサ、ジャーマンくんというプレイリストをかけて」

3つ目のプレイリスト名は「ジャーマンくん」です。

ジャーマンくんは、我が家にある大きなクマさんのぬいぐるみの名前。夫がドイツ土産で買ってきたので、私がジャーマンくんと名付けました。

このネーミングがどうかという疑問はありますが、自作プレイリスト名としては優秀ですよ。

ジャーマンくん

こちらも、小学生の子供が自作プレイリストとして使っているのですが、毎回きちんと再生されています。

ちなみに、アレクサに「アレクサ、ジャーマンくんというプレイリストをかけて」と呼びかけると、呼びかけに応えたときにアレクサが発する「ジャーマンくん」の発音が微妙になまっています。(アレクサは抑揚がない言い方をしています)

一度呼びかけてみると分かりますので、次回は、アレクサと同じようになまった発音で「アレクサ、ジャーマンくんというプレイリストをかけて」とお願いすると、より100%に近い確率で認識してもらえるはず♪

「アレクサ、シナモンというプレイリストをかけて」

4つ目のプレイリスト名は「シナモン」です。

子供が好きなサンリオのキャラクターからつけました。こちらも、ほぼ100%の確率で認識してもらえています。

「キャラクター名かぁ。もっと大人っぽい名前がいいなぁ…。」という方は、シナモン=サンリオキャラクターではなく、香辛料のシナモンを連想してもらえればいいのかなと思います。カフェっぽくて、おしゃれかも!?

アレクサへ呼びかける際は「アレクサ、シナモンというプレイリストをかけて」でオッケーです。

アレクサへの呼びかけは「〇〇というプレイリストをかけて」がおすすめ

自作プレイリスト名がアレクサに認識してもらえるものであっても、呼びかけ方が、アレクサに認識してもらいづらいフレーズだと、うまく認識してもらえません。

アレクサへの呼びかけ方でおすすめの言い方は

「アレクサ、〇〇(自作プレイリスト名)というプレイリストをかけて」
です。
例:「アレクサ、シナモンというプレイリストをかけて」

これに行きつくまで、「プレイリストの〇〇をかけて」「プレイリスト、〇〇をかけて」「〇〇プレイリストをかけて」などを試しましたが認識してもらえないことが多かったです。

でも「アレクサ、〇〇というプレイリストをかけて」にすると、ほぼ成功します。

スポンサーリンク

アレクサとの音楽生活をもっと楽しむ方法

私はAmazonプライム会員なので会員特典の「プライムミュージック」を利用して、アレクサで音楽を聴いています。

プライムミュージックでも200万曲が聴き放題です。かなりたくさんの曲が聴けますが、自分の聴きたい曲が必ずあるかというと、対象外の場合もあるんですよね…。

「もっとたくさんの曲を聴きたい!」という場合は、「Amazon music unlimited」を利用するのがおすすめ。7000万曲が聴き放題になります。

プライムミュージックの約35倍の曲が聴き放題になるんですよ!

名前が似ているので勘違いしやすいのですが、「プライムミュージック」と「Amazon music unlimited」は別物です。

プライムミュージックはAmazonプライム会員なら無料で利用できる聴き放題サービス。

それに対して、Amazon music unlimitedはAmazonプライム会員以外でも利用できます。ただ、Amazonプライム会員の場合は、通常より月額200円安く利用できます。

【Amazon music unlimitedの料金】

Amazon music unlimitedは30日間無料体験をやっているので、気になる方は試してみるのもおすすめ。また時々、3か月無料キャンペーンもやっています。そのタイミングを狙うのもいいですね。

よくCDを買う方は、月額980円で7000万曲が聴き放題なるので、かなりお得だと思います。

ちなみに学生さんの場合は、通常よりお得な「学生プラン」があります。

学生プランでAmazon music unlimitedを利用すると、無料体験終了後は月額480円。めちゃくちゃ安いですね。月額480円で7000万曲が聴き放題になるって、学生さん、本当にうらやましいです。

【詳細】Amazon music unlimited

無料体験できると気軽に試せますね。

以上、アレクサで自作プレイリストを作るときの名前の付け方や、お得に楽しむコツについてでした。

【こんな記事も書いています】

▽アレクサでよく聴くカフェミュージックのこと