小学3年生の自由研究にダイラタンシーを作ってみた/準備物が少ない!水と片栗粉だけの簡単な実験

小学生の育児
スポンサーリンク

小学3年生の自由研究にダイラタンシーを作ってみました。

と、言っても今年はコロナの影響で夏休みは短縮となり自由研究の宿題は無しになってしまったので、自主的に色々やってみる予定。

一番最初に取り組んだのが「ダイラタンシー」です。

ダイラタンシーは、めちゃくちゃ簡単な実験ですが、子供はすごく楽しんでいました。準備物も少なくて手軽にできるので、おすすめです。

スポンサーリンク

自由研究でダイラタンシーを作ってみました

ダイラタンシーとは?

ダイラタンシーとは、一見、スライムみたいな感じのものです。

ダイラタンシーは液体ですが、

  • ぎゅっと握る→固まって硬くなる
  • やさしく触る→ドロドロの感触が味わえる

という不思議な物体です。

ダイラタンシーを作るよ

ダイラタンシー現象は、片栗粉のように水に溶けない小さな粒子を水と混ぜたときに起こる現象とのこと。

物体に力がかかると液体から個体に変化し、力がなくなると、個体から液体に戻るそうです。

▽こちらの本を参考に作りました。簡単な実験がたくさん載っているので、小学生におすすめです。

準備するもの

ダイラタンシー作りで準備するものは以下の4つ。

  • 片栗粉
  • ボウル
  • 絵の具(なくてもOK)

家にあるものだけで出来るのが良いですよね。

ダイラタンシーは白色です。絵の具で好きな色を付けることができます。

白のままで良い場合は、絵の具は必要ありません。

ダイラタンシーの作り方

ダイラタンシーの作り方は、水に片栗粉を混ぜるだけです。とても簡単でした!

水10の割合に対して、片栗粉7を入れて混ぜます。

混ぜるときは、少しずつ溶かしましょう。

ダイラタンシーを握っても固まらない?作るときのコツ

ダイラタンシーを作るとき、本の通りに、きちんと10対7の割合で作ったのに、だいぶゆるい感じになってしまいました…。

握ってみても、全然固まらないんです。

ギュ!っと強く握るのがコツ

「片栗粉が足りないのかな~」と思って足してみました。

でも、色々試しているうちに、私たちの握り方が弱かったんだと判明!

ダイラタンシーは、一気に力を入れて、ぎゅっと握ってやると固形になります

そして固形になるのは、一瞬(3~5秒くらい)で、すぐにドロドロの液体に戻ってしまいます。

ある程度の量がないと「ぎゅっと固まる」感触を感じづらいかも。また、ある程度の力で強く握ってやらないと固まりません。

私は最初、ケチって少しの量で作ってしまったのですが、ある程度の量で作った方が成功しやすいと思います。

握ってもうまく固まらないときは、少しずつ片栗粉を足して調節しましょう。

【追記】水と片栗粉の分量について補足
その後、他の実験本でダイラタンシーの作り方を調べてみると、本によって片栗粉と水の分量は異なっていました。

我が家で参考にした本の場合は、水10に対して片栗粉7でした。ただ、他の実験本では、水と片栗粉を1対1で混ぜているものが多かったです。

私たちは握り方を変えてみたり、片栗粉を少量ずつ足して調節してみましたが、最初から1対1で作った方がスムーズに作れるのかな、と思います。

スポンサーリンク

子供と遊んだ感想

小学生でも簡単に作れるのが良い

ダイラタンシーは小学生の子供でも簡単に作れるし、準備するものも少ないので、簡単にできました。手触りが面白いので、子供たちは1時間半くらい遊んでいました。

固まるけど、すぐに液体に戻るよ

ちなみに、上の写真は、最初につくった水10:片栗粉7に、だいぶ片栗粉を加えたあとです。少しずつ調整して、足していきました。

片栗粉を多めにすると、握ったあとに個体になっている時間が長くなります。

翌日も遊ぶときは、冷蔵庫保管すればOK

子供たち、ダイラタンシーがとても楽しかったらしく「明日も遊びたい!」というので、ダイラタンシーをタッパーに入れて冷蔵庫で保管しておきました。

冷蔵庫で一晩寝かせたので、冷蔵庫から出したばかりのときは片栗粉が沈殿していましたが、混ぜてやると、また問題なく遊べました。

子供にとっては「沈殿する」という事象を学べて良かったです。「沈殿」は確か中学生で習う内容だったと思いますが、こうやって実際に体験すると小学生でもすぐに理解できるので、いいですね。

遊んだ後は、放置して水の蒸発を観察

2日間遊びつくした後は、部屋に放置してどうなるか実験。

翌日くらいには、水分が蒸発して片栗粉の塊になっていました。大人にとっては当たり前のことかもしれませんが、子供にとっては「固まってる!」と嬉しそうでした。

「タッパーのふたをしてなかったから、水分が蒸発して固まったんだよ」と説明してあげると、ふむふむと納得した様子。

ダイラタンシーの手触りも面白かったけど、最後は水分が蒸発するということも学べたし、手軽な実験の割には色々学べて良かったな~と思います。

他にもある、ダイラタンシー現象とは?

はじめてのおもしろ理科実験&工作によると、ダイラタンシー現象は砂浜でも体験できるとのこと。

確かにビーチで静かにゆっくり歩いたときと、走ったときでは砂の感触が違いますよね。

本には実験方法や、解説が載っているので子供と一緒に読むと面白いと思います♪

▽今回参考にした本

▽初めて実験本を買うなら、こちらがおすすめ。(この本の方が、上記の本より内容が充実しています)

以上、小学3年生の自由研究として、ダイラタンシーを作った感想でした。

【こんな記事も書いています】

▽子供の乗り物酔いが酷いので「乗り物酔いが軽くなるメガネ」を使っています。酔い止めを飲む回数が減ってきました。

▽小学生の子供が繰り返し読んでいる本のリスト。

▽小学生男子の髪は、ずっと自宅カットです。バリカンを使ったら、簡単に上手に切れるようになりました。