【コナミスポーツ】スイミング検定の記録/平泳ぎカエル足(7級)に合格しました

コナミスポーツ
スポンサーリンク

小学5年生の子供がコナミスポーツのキッズスイミングを習っています。

先日、7級(平泳ぎのカエル足)に合格しました。コロナが心配で、特別休会を利用しながら、休み休み通っているスイミング。

スロースペースですが、着実に泳げるようになってきて、嬉しいです。

スポンサーリンク

キッズスイミング検定(7級)の記録

長男は1発合格

我が家の子供たちは、小学5年生の双子です。

コロナが心配なので、特別休会を利用しながら通わせています。

1月にちょっと通ったらコロナが流行ってきたので欠席続き…。そして2月・3月は特別休会でずっと休んでました。

よって、平泳ぎ(7級・カエル足)の練習をしたのは、1月の初めと4月。一か月ちょっとの練習でしたが、一発合格できました。週2回コースに通っています。

家でも、時々、ソファーに体をのせてカエル足の練習をしていました。

検定前のレッスンで、コーチに「カエル足、100点だよ!検定でも同じようにできたら合格だよ」と言われていたようで、本人は少し自信があったようです。

でも、特別休会で休んでいるうちに、同級生がどんどん検定に受かり、ちょっと焦った気持ちもあったみたい。

平泳ぎはバタ足とは足の動かし方が全く違うので、慣れるまで苦労したようでしたが、一発合格できてとても嬉しそうでした。

次男は2回目で合格

次男も長男と同じように、休み休み通いました。次男は、2回目で合格です。

カエル足は、足の親指の向きをよく注意されていたようです。細かいところまで、よく見てくれているなぁと思います。

以前、バタ足を習ったときは、16級合格まで3回かかりました。不合格が続いて、子供たちはちょっと嫌気がさしていましたが、そのおかげで、体がきちんと動かし方を覚えたようで、その後の検定ではスムーズに合格できました。

基礎的な動きを、きちんと習得するって大切だなぁと感じています。

コナミスポーツのコーチは、動作の細かいところもしっかりチェックしてくれるので、いいなぁと感じています。でも、子供たちは、特に厳しいコーチの時はちょっと嫌がっているかな(汗)

でも、厳しく細かく見てもらえる方が、結局は、きれいに速く泳げるようになるんですよね。逆に、あまり出来てないのに褒められると、私としては「うーん…」と思ってしまうのが正直な気持ち。

以前、コナミスポーツの体操も体験したことがあります。あまり出来てなくても、よく褒めてくれるコーチでした。

子供たちは、褒められるので喜んでいてヤル気満々になっていたんですが、夫も私も「出来てないんだから、もっと正しいやり方を教えてほしいな」と思い、体操は習わないことにしました。

もちろん、コーチによって教え方は違うと思うし、どんな教え方が良いと感じるかはご家庭によって違うと思います。そのコーチに体操を習わせているママ友は「すごく良いコーチなの!」と激押しだったし、考え方は色々ですよね。

ちょっと話がそれましたが、検定に無事受かって良かったです。次は、平泳ぎの手の動きの練習が始まります。それに合格したら、ついにバタフライの練習!!

子供も私も、とっても楽しみにしています♪

以上、コナミスポーツのスイミングの検定記録(7級)でした。