10歳でようやく6歳臼歯が生えてきた話

日々の子育て
スポンサーリンク

10歳の子供にようやく6歳臼歯が生えてきました。

2か月くらい前から生え始めて、ようやく半分くらい生えてきたかな…という感じです。

全然生えてこなくて気になっていたので、少し安心しました。

スポンサーリンク

子供の6歳臼歯がなかなか生えませんでした

10歳でようやく6歳臼歯が生えてきました

幼稚園の頃、歯科医の先生の講話があって「一番最初に生えてくる大人の歯が6歳臼歯なんですよ」と聞いていたのですが、我が家の子供たちの場合は、前歯などの方が最初に生えてきました。

その後も、全く生えてこなくて。

双子でもともと体は小さめ。成長もゆっくりなんだろうな、とおおらかに構えるようにしているものの、やっぱり気になるわけです。

今回、6歳臼歯が生えてきたのは長男。次男の6歳臼歯はまだ生えてきません。

長男の方が体重が2キロくらい重いので、次男ももう少し体重が増えたら生えてくるのかな…と思っています。

定期的に歯科検診に通っています

昨日は子供たちの歯科検診。4か月に1回のペースで通っています。

先生から「次男の方はまだ生えてないけど、まだ様子見で大丈夫」とお話があり、少し安心しました。

子供たちは2~3歳ごろから歯科検診を受けています。

虫歯のチェックのつもりで受診し始めたのですが、歯の生え変わりの状況なども説明してもらえるので、ありがたいです。

自分が子供の頃は、歯医者さんに行くのは虫歯のときだけだったのですが、今は予防歯科に力を入れているし、いいですよね。

定期検診では、歯磨きの仕方のチェックの後、虫歯がないかの確認、フッ素を塗って終了という流れ。時間にして20分くらい。

終わった後は、毎回小さなおもちゃをもらえるので、子供たちは検診をとても楽しみにしています。

昨日は、ハロウィンが近いので、おもちゃの他にもハロウィンのお菓子をもらえました。歯医者さんでもらえるお菓子なので、虫歯にならないお菓子です。子供たち、すごく喜んでいました!

ちなみに、子供たちは今まで虫歯になったことがありません。今も、がっつり私が仕上げ磨きをしています。

前よりは自分で上手に磨けるようになりましたが、仕上げ磨きをやめたら、すぐに虫歯になってしまうだろうな~という感じ。

ちなみに、以前、小児歯科の先生に何歳まで仕上げ磨きは必要か聞いてみたら、「うーん、小学生のうちは最低でも続けた方がいいですね」とのこと。

そして、最近、私が虫歯になってしまい、私が見て頂いている先生にも質問してみたんです。

そうしたら「中学生くらいまではした方がいいですよ。大人だって上手に磨けたり、フロスをできる人は少なくて、皆さん虫歯になってますからね」とのこと。

はぁー、確かに。私も毎日かなり頑張って歯のケアをしているんですが、また虫歯になったので、身をもって実感…。

スポンサーリンク

さいごに

ようやく生えてきた長男の6歳臼歯。次男の6歳臼歯も生えてくるといいなぁと思います。

定期的に歯科検診を受けていると、自分では気づかないことなど、色々教えて頂けるのでいいですね。そして、歯科検診にいくたびに「虫歯になってなくて良かった」と思うと同時に「頑張ってこの状態をキープせねば」と気持ちが引き締まります。

子供たちも、私が歯磨きの仕方を何回注意しても適当にやろうとするのに、歯科衛生士さんに歯磨きの仕方を教えてもらう時は、きちんと受けて、後から「こうやるといいんだよ」と教えてくれます。

子供にとっても、歯科検診が歯磨きのモチベーションを高める良いきっかけになっているみたいです。

以上、10歳になって6歳臼歯が生えてきた話でした。