次男からの嬉しい気づかい

日々の子育て

次男は、ひょうきんで、元気いっぱいの楽しい子。

学校では、家とは違って、静かに過ごしている真面目キャラみたいです。でも、家の中ではいつも賑やかな振る舞いが多い子です。

先日、突然「ママ、これあげる」と言って、おもちゃの宝石をプレゼントしてくれました。

これ、ゲームセンターのお菓子とりゲーム機の景品。お菓子は取りづらいのですが、この宝石はおまけなので、わりと簡単にとれます。

次男は、お菓子より、この宝石を欲しがっていて集めています。

そんな大切なものをプレゼントしてくれた理由を聞いてみると「ママ、疲れているみたいだから」。

私が疲れているから、元気を出して欲しいと思って、自分の宝物をプレゼントしてくれたようです。すっごーく嬉しくて、一気に元気がでました。

次男からもらった宝石は、私のパソコンデスクにおいて、毎日、眺めては元気をもらっています。

いつもは、おふざけも多くて、しょっちゅう私に注意されている次男。

でも、「こんなに優しい子に育っているんだなぁ」と思ったら、なんだか、いつもすぐに怒ってしまう自分が「求めすぎなのかな?」と反省してしまいました。

子育ては、試行錯誤の連続ですね…。

いつか忘れてしまいそうだけど、すごく嬉しかったので、記録に残しておきたくて書いてみました。

以上、お読みくださりありがとうございました。

▽ランキングに参加しています。応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

【こんな記事も書いています】

▽子供が漢字学習を嫌がるので、用意したもの。

▽小学生の男の子のプレゼントにおすすめ。工作ロボット。