【フラダンス】パウスカートの選び方と失敗談

フラ
スポンサーリンク

フラを習うことになり、まず用意するのがパウ(スカート)。

女性らしいギャザーがたっぷりのシルエットがかわいいですよね。パウを着て踊るのも、フラの楽しみの一つだと思います。

この記事では、初めてパウを買う方向けに、パウの基本についてまとめています。

パウ選びの失敗談も書いています。

この記事がおすすめな方
  • パウとは何か知りたい
  • パウの長さ(丈)選びに迷っている
  • パウのゴムの本数選びに迷っている
  • パウの正しい履き方を知りたい
スポンサーリンク

パウスカートとは?

パウスカートとは?

パウスカートはフラを踊るときに着用するスカートのことです。

「パウスカート」ではなく「パウ」が正しい呼び方

「パウ」は現地では「スカート」の意味。

日本では、パウスカートと呼ばれることも多いですが、パウだけでスカートの意味を持ちます。よって、「パウスカート」ではなく「パウ」と呼ぶのが正しい呼び方。

ちなみに「フラ」も現地の言葉で「ダンス」という意味。フラダンスではなく「フラ」と呼ぶのが正しい呼び方です。
スポンサーリンク

パウの正しい履き方

パウの正しい履き方は「頭からかぶるように履く」

パウの履き方は教室によって異なります。まずは、先生に確認してみましょう。

ここでは、私が習っている教室の場合を紹介したいと思います。

私が習っている教室の場合は、パウは足から履くのではなく、頭からかぶるようにして着用します。

また、脱ぐ場合も足からではなく、上に引き上げて頭の方から脱ぎます。(着るときの逆のようにします)

理由は、フラは神に捧げるメレ(祈祷)を表現する神聖なものだから。

パウはそのための衣装なので、敬意をこめて頭からかぶるように履くのが正しい着用方法です。

余談となりますが、トイレに行くときなどはパウを脱いで着替えます。

ウエストの位置

パウを履くときはウエストで履くのではなく、ウエストよりやや下で履きます。

腰パンのように骨盤のあたりで履くイメージです。

パウの着こなしで「なんとなく、みんなと履き方が違うような…」と思ったら、ゴムの位置が上すぎないか確認してみてください。

フラ初心者さんは、パウのゴムの位置がお腹の位置になっている場合も多いようです。

パウと合わせて着るTシャツは体にフィットしたものを選ぶと、シルエットがきれいです。フラ用のハワイのモチーフがデザインされたTシャツなどを着ている方が多いです。

ハワイアンジュエリーを身に着けるのも、ステキですよね。

パウのゴムの位置は左側

パウにはゴムひもが通してあります。

スカートの内側を確認すると、ゴムの端の部分がパウの裏側のところに出ていて調整できるようになっています。

パウを履くときは、ゴムの部分が体の左側になるように着ます。先生から「ゴムは心臓と同じ左側にしましょう」と教えてもらいました。

もちろん、教室によって教えは違う場合もあります。先生に確認してみてくださいね。

スポンサーリンク

パウの選び方

次はパウの選び方について。パウを選ぶときには、デザイン以外にも

  • 丈(スカートの長さ)
  • ゴムの本数(3本または4本)

を選ぶ必要があります。

私は、フラを習い始めたとき、この2点で迷ったので、選び方をまとめておきますね。

パウスカートの丈(長さ)について

まず、パウには決まった長さというのはありません。

ただ、ハラウ(教室)によってはパウの丈(長さ)の規定がある場合もあります。パウを購入する前に、先生に確認してみると良いでしょう。

  • 長めのパウ→落ち着いた印象
  • 短めのパウ→若々しい印象

パウを扱っているお店の多くは丈の指定ができます。

パウの丈選びの失敗談

短めのパウを買って失敗した理由

フラを始めて最初に買ったパウの丈選びで、私は失敗しました。

ネット通販でパウを購入したのですが、丈の短いものを買ってしまったんです。具体的には「ひざが隠れるくらい」のパウでした。

そのパウの写真では、モデルさんが短めのパウを着ていました。説明には「短めだと軽やかな印象。若々しく見えます。」とあり、短めを選びました。

でも、実際にレッスンで着てみると、仲間のパウよりだいぶ短めで落ち着かないんです…。

実際にフラを習って分かったのですが、大人で短めのパウを履いている方って、ほとんどいません。

短めも長めも、数センチの違い。でも、印象はだいぶ違います。

ケイキちゃん(子供)の場合は「ひざが隠れるくらい」の長さの子が多いです。ケイキちゃんの場合は、若いし軽やかに動ける短めの丈でもかわいらしいです。

でも大人の場合に「ひざが隠れるくらい」だと「少し短いな」という印象。

大人の場合で多いのは、すねの真ん中くらいの長さ(ひざ下が半分隠れるくらい)です。床上15センチくらいの長さです。

パウの丈選びは、サイズの計測が必須

パウの丈は、指定できるショップがほとんどです。

パウを買う場合は、きちんと自分のサイズを測ること。同じ身長でも、人によって足の長さや腰の高さは違うからです。

サイズを測る際は、できるだけ誰かに手伝ってもらった方が、間違いがないです。

パウの値段

シングルパウ(生地が一枚仕立てのもの)の場合、価格は5000円~8000円くらいです。

あまり安いものは品質がイマイチ(布の材質が違ったり、縫製が雑など)な場合もあるので、避けた方が無難です…。

パウのゴムの本数選び

パウのゴムの本数は3本と4本があります。日本で定番なのはゴムが4本のパウです。

私の習っている教室では、パウのゴムの本数指定はありません。でも、4本のパウを履いている方がほとんどです。

また、発表会のために購入したお揃いのパウも、全て4本のものでした。

4本ゴムの特徴:しっかりと腰にフィットする

4本ゴムのパウは、しっかりと腰にフィットするのが特徴。

しっかりと腰にフィットするので、踊っていてパウがずれることもありません。

初めてパウを購入する場合は、まずは4本ゴムのパウがおすすめです。

3本ゴムの特徴:揺れを大きく見せることができる

3本ゴムのパウの特徴は、4本のパウより、揺れを大きく見せられること。

3本ゴムのパウは、

  • ゆったりとした曲を踊るとき
  • パウの揺れを大きく見せたい時

に好まれます。

日本では4本ゴムが定番ですが、ハワイでは3本ゴムのパウを履く方の方が多いそうです。

パウのデザインについて

パウは色鮮やかなデザインのものから、落ち着いたデザインのものまで、たくさんのデザインがあります。

好みに合ったデザインのものを探すのは、とても楽しいですよね。特に指定が無い場合は、「素敵だな」とピンときたデザインを選べば良いと思います。

フラを長く習っている方の中には、何着もパウを持っている方もいますし、逆にずっとお気に入りの1着を着続けている方もいます。

季節に合わせてパウを変える仲間も多いですよ。

柄の種類には

  • ハイビスカス
  • プルメリア
  • ホヌ(ウミガメ)
  • ハワイアンキルト
  • レフア

など、たくさんの柄があります。

柄にはそれぞれ意味があるので、柄の意味を調べてパウを選ぶのもおすすめ。

例えば、ハワイ語ではウミガメのことを「ホヌ」と呼びます。

ホヌはハワイで神聖な生き物とされていて、幸せを運んでくれる「海の守り神」です。危険や災いから身を守ってくれると言われています。

パウスカートの購入におすすめのショップ

パウスカートを扱っているお店は多数ありますが、丈が選べて、縫製が丁寧で口コミの良いショップをいくつか紹介したいと思います。

上記のショップは楽天です。

また、Amazonでもパウスカートの取り扱いはありますが、丈は選べないことがほとんど。ただ、種類はそれなりにあります。希望のデザイン、サイズがあればAmazonで購入するのも良いと思います。

▽Amazonで売っているパウ

選ぶときのポイントとして、日本で定番となっているパウの仕様は

  • ハワイアンポリコットン(ポリエステル65%、綿35%)
  • 生地は4ヤード使用
  • ゴム4本

です。

ちなみに、安いパウは生地が3ヤードの場合もあるので、注意してくださいね。3ヤードだと生地の量が少ない分、4ヤードに比べてボリュームがありません。

パウの洗濯について

パウは、一般的には洗濯してはいけないことになっています。

理由は、パウはレッスンのときに身に着けているので、洗うと練習の成果が流れてしまうから。

ただ、実際には洗濯しているフラダンサーは多いです。レッスンで汗をかきますからね…。私も定期的に洗濯しています。

パウの洗濯に関しては、教室によって考え方も異なります。気になる場合は、先生やフラ仲間に聞いてみましょう。

また、フラを習っているとイベントや発表会に参加することがあります。その際、衣装の貸し借りをすることも多いです。

お借りした衣装を洗濯するかどうかについては、念のため、先生またはお相手の方に確認すると良いでしょう。もしかしたら、洗濯しないで返して欲しいという方もいるかもしれません。

▽【参考】パウの洗濯についてはこちら

以上、パウの基礎知識についてでした。

【こんな記事も書いています】

▽ウリウリの基礎。安く買う方法や、振り方のこと。

▽フラの教室選びでチェックしたいポイントや、フラでかかる費用について。