ダニ対策のためカーペットをやめてコルクジョイントマットへ変更。アレルギーや床冷え対策に効果的。

コルクジョイントマット小学生の育児
スポンサーリンク

子供がダニとハウスダストのアレルギーになってしまい、お部屋のインテリアを見直しています。

まず、最初にとりかかったのが、カーペット(絨毯)の処分。

何も敷かずにフローリングのままが、ダニ対策としては一番だと思います。でも、ちゃぶ台スタイルで暮らす我が家にとって、何も敷かないのは足が痛くて辛くて…。コルクのジョイントマットで代用することにしました。

この記事には、カーペットの代用品としてコルクジョイントマットを選んだ理由や、実際に使ってみての感想をまとめています。

スポンサーリンク

アレルギー対策のため、カーペットをやめてコルクジョイントマットを敷きました

子供がダニ・ハウスダストアレルギーになってしまいました

子供の湿疹が長引いているので、先日、皮膚科でアレルギー検査を受けました

実は3年前に小児科でもアレルギー検査を受けたことがあります。当時は、スギ花粉だけ陽性でした。

でも、今回のアレルギー検査では

  • スギ花粉(4)
  • ダニ(3)
  • ハウスダスト(3)

という結果が出てしまいました。

かっこの中はアレルギー症状の強さを表しています。

アレルギー検査の結果

アレルギー検査の結果

3年前の検査で、スギ花粉は3だったのに、今回は4に悪化。また、ダニとハウスダストが新たにアレルギーとして出てしまいました。

カーペットを処分し、コルクジョイントマットで代用することに

皮膚科の先生から、アレルギーを悪化させないためのお話がありました。具体的には、インテリアの選び方や、お掃除の仕方についてです。

我が家で見直すべきは、カーペットをやめること。どんなにお掃除を頑張っても、フローリングより、はるかにダニの温床になってしまうからです。

もちろん、お布団などの布製品もダニの温床になりますが、お布団無しで暮らすのは無理ですからね…。その点、カーペットは他のもので代用できるので、コルクジョイントマットを敷くことにしました。

コルク ジョイントマット

コルクジョイントマットを敷きました

▽購入したジョイントマット(※サイズ違いもあります)

他にも、ダニの温床になるものにはソファもあります。

我が家の場合は、革製ソファなので、その点はクリアでした。

でも、布のカバーをかけていて、まめにお洗濯は出来ていない状態。普段のお洗濯でベランダがいっぱいになるので、ソファカバーを洗う頻度は低いのが実際のところ。

だから、今回思い切って捨てることにしました。(もちろん、マメにお洗濯すれば、つけていても大丈夫です。今の私には、その余裕が無かったので処分しました)

ソファカバーのズレを毎日直すのもストレスだったし、思い切って処分して良かったです。

「コルク」のジョイントマットを選んだ理由

カーペットの代用として選んだのはジョイントマット。ジョイントマットにも、色々種類がありますが、コルクのものを選びました。

コルクを選んだ理由は、

  • 夏場でもさらっとした使い心地
  • インテリア的におしゃれ

だからです。

実は、つい最近までずっと子供の足音対策のため、ジョイントマットを使っていました。使っていたのはこちらの製品。

▽以前使っていたジョイントマット

今まで使っていたジョイントマットは

  • 大判サイズで敷くのが簡単
  • 足音を軽減してくれる
  • 転倒時の怪我防止にもなる

と気に入っていました。

ただ、通常のジョイントマットは、通気性の良い素材ではないので、夏場に直に座っていると痒くなってしまうんです…。

特に次男が嫌がっていて、汗ばむと「ひぃー!」と痒がっていました。

子供も大きくなってきたし、通気性の良い敷物を使いたいと思い、ジョイントマットをやめてカーペット生活へ移行したのですが、長男のダニ・ハウスダストアレルギーのため、またジョイントマット生活に。

そこで、今回は夏に肌触りよく過ごせる素材はないものか…と探して、コルクジョイントマットに行きつきました。

コルク ジョイントマット

コルクジョイントマット

以前のジョイントマットは、2色の組み合わせだったので、どうしても「子供っぽさ」が出てしまいましたが、今回は1色ですっきり。

しかも肌触りも良いので、冬も夏も快適♪コルクの方が若干お値段が高いのですが、最初からこれを選んでいれば良かったです。

私が購入したのは45㎝角のものです。

お手入れの面を考えると、本当はもっと大判のものが欲しかったのですが、お値段がぐっと高くなってしまうんです。45㎝角のコルクジョイントマットは、3畳分で4000円ほどでした。

【参考】大判のジョイントマットはこちら

Amazon コルクジョイントマット(大判 60×60cm)約6畳用

コルクジョイントマットを敷いてみた様子

コルクのジョイントマットを敷いてみました。私が購入したものは、約3畳分(24枚)でしたが、家具の配置の関係上、20枚だけ敷きました。

フローリングの色と似ているので、なんだかお部屋が広くなったように感じます。

コルクジョイントマット

色合いがシンプルで良い

コルクマット自体もしっかり作られている印象。

コルクの色味もきれいだし、ポロポロはがれてきたりもしません。口コミでも「2年使っても表面のコルクが剥がれたりせずに使えている」とあったし、長持ちしそうな予感です。

もちろん、カーペットのようなふわふわの踏み心地ではないけど、足触りは良いし、ダニの温床になりづらい素材ということで、合格かな。掃除機掛けもスイスイ進むので、お手入れがラクなのも良いです。

コルクジョイントマット

表面にコルクが貼られています

部屋にびっしり敷き詰めたわけではないので「マットが滑らないかな?」と心配でしたが大丈夫でした。

以前敷いていた2色使いのジョイントマットと違い、インテリア的にも落ち着いた感じで気に入っています。

床の冷えを防いでくれるのもGOOD

最近寒さが増してきたので、床冷えを感じていました。今回、カーペットからジョイントマットに変えてみて「ジョイントマットの方が、防寒性高い」と思いました。

ジョイントマットがカーペットより厚手なだけあり、底冷え感が和らぎました。我が家では今回、ハウスダスト・ダニ対策として敷きましたが、冬場の防寒対策としてもおすすめです。

コルクジョイントマットのお掃除の仕方

コルクジョイントマットの日常的なお手入れ方法は掃除機で十分です。または、硬く絞った雑巾で拭きます。

ただ、つなぎ目の隙間からゴミやチリが入ってしまうので、定期的にジョイントマットをはがしてお掃除する必要があります。

また飲み物などをこぼしてしまったときは、ジョイントマットの隙間から下に水分が流れてしまうので、ジョイントマットを外して、ふき取り、きちんと乾かさないとカビの原因になってしまいます。

これさえ気を付けておけば、お手入れはラクだし、きれいに使えます。

スポンサーリンク

感想(まとめ)

アレルギー対策として、コルクジョイントマットはおすすめ

今回、子供のアレルギー(ダニ・ハウスダスト)対策として、コルクのジョイントマットを購入しました。

アレルギー対策として、毎日のお掃除は大変だからこそ、お掃除がラクになるアイテムを選ぶことは大切だなぁと思いました。

コルクのジョイントマットは、手ごろな値段だけど、ダニ・ハウスダスト対策にもなるし、床からの底冷え感も防いでくれて良い感じです。

コルクジョイントマット

フローリングの冷え対策にもGOOD

子供たちが小さい頃に使っていたジョイントマットは「いかにも、子供用」という感じだったけど、今回はコルク素材を選んだことでインテリア的にも素敵で良かったです。

【追記】布団も防ダニ布団に替えました

アレルギー対策のため、布団も防ダニ仕様のものに替えました。

お布団は1日の1/3程度を過ごす場所だし、ダニの温床になるといいますしね。色々探し回った結果、1万円程度で満足のいく防ダニ布団セットが買えました。

防ダニ布団といっても、色々種類があり、選ぶときに悩みました。詳細はこちらの記事にまとめましたので、良かったらどうぞ。

長男のアレルギー、早く良くなるといいなと思います。

以上、アレルギー対策として、コルクジョイントマットを購入した感想でした。

▽購入したジョイントマットはこちら

【こんな記事も書いています】

▽車酔いに「乗り物酔い止めメガネ」を使った感想。酔い止めを飲む回数が減ってきました。

▽なかなか治らない手荒れに効果があった、ワセリンの感想。

▽ドラム式洗濯機をやめて、縦型にしたらタオルがふわふわに復活した話。