【レゴブロックのほこり掃除】崩さずに簡単にきれいにする方法

レゴブロック ほこり掃除小学生の育児
スポンサーリンク

レゴで作品を作って飾っておくと、あっという間にホコリがたまってしまうんですよね。表面がうっすら白くなっていて、アレルギー持ちの子供の親としては、とても気になります…。

一番簡単なのは、水・ぬるま湯で洗う方法。ホコリも手垢もさっぱりキレイになります。

でも、作品を分解する必要があるし、パーツの裏側までしっかり乾かすのは、少し面倒…。そして、日常的に毎回この方法で掃除するのはハードルが高いんですよね(汗)

たまには水洗いするとして「普段は作品を崩さずにホコリをきれいにしたいな」と思っていました。

そこで、色々試した結果、家にあるもので簡単にきれいにできたので紹介したいと思います。

スポンサーリンク

レゴブロックのホコリを掃除する方法

用意するもの

用意するものは、3つだけです。

  • 掃除機
  • キッチンの排水溝用ネット
  • 輪ゴム

キッチンの排水溝用ネットは100円ショップでも売っています。

ボンスター販売 水切りネット ごみシャット浅型排水口用ストッキング水切袋50枚 M-298 白 幅31×奥行0.1×高さ24cm

掃除の手順

まず、掃除機のノズル部分を外します。

そして、筒のところに排水溝用ネットを当てて輪ゴムでとめます。輪ゴムは2重にして、しっかり巻きましょう。

レゴブロック ほこり掃除

私は排水溝用ネットを2つ折りにして、セットしています。角度を変えて見ると、こんな感じです。

レゴブロック ほこり掃除
吸い込み口を正面から見たところ

あとは、レゴブロックに近づけて、どんどんホコリを吸い込むだけ。

ほこりだけじゃなくて、ブロックも吸い込まれるー!

こんな感じで、レゴブロックもどんどん吸い込まれますが、ネットがあるので大丈夫。奥までは入っていきません。

「大体、ホコリがとれたなー」と思ったら、掃除機のスイッチをオフにすればパーツが離れていきます。

ちなみに、写っているのはデュプロではなくクラシックの方です。

パーツが小さいクラシックでも、今までパーツが吸い込まれてしまったことはありません。デュプロも同様の方法で掃除しています。

また、あまりでこぼこしてない作品の場合は、ほこりとりシート(ドライ用のフローリングシートなど)で拭いても、簡単にきれいになりますよ。

レック フローリング用 ドライシート 30枚 × 2個パック SS-247

注意点

夢中になって作業していると、ネットが少しずれてくる場合もあります。輪ゴムがずれてないか、時々チェックしながら作業するのがおすすめ。

輪ゴムがずれて、ネットが取れてしまうと、一気にレゴが吸い込まれてしまうので注意してください。

以上、レゴブロックのホコリを掃除する方法でした。

【こんな記事も書いています】