【子供のあせも治療記録】悪化して冬になっても治らない!ヒルドイドとステロイドで治療中です

子育て

子供のあせもが治らず、8月末から病院通いをしています。最初は小児科を受診しましたが、なかなか良くならないので、今は皮膚科に通っています。

最初はあせもだったけど、悪化してかき壊してしまったことで、湿疹になってしまいました。その後、カサカサした感じも出てきています。

この記事では、子供の長引く湿疹の治療を記録しています。あせもって夏だけのものだと思っていたのですが、冬になっても完治せず…。ステロイドの塗り薬を使って治療を続けています。

肌トラブルはいったん悪くなってしまうと、治るまで時間がかかるので悩みますね。毎日、子供のお肌の様子を見ては一喜一憂する日々を過ごしています…。

自分の備忘録として、そして同じようにお子さんの湿疹で悩む方の参考になればと思い、この記事を作成しました。

※受診するたびに、追記しています。

スポンサーリンク
  1. 汗疹(あせも)が治らず、小児科を受診する
    1. あせもの治療に処方された薬
    2. カサカサが酷くなり、再度受診。治療方針が変わる。
  2. 皮膚科へ転院して、あせもの治療を受ける
    1. 【10月20日】ステロイドの副作用が出ていると言われ、ショックを受ける。
      1. 全身の肌をくまなくチェックされる
      2. ヒルドイドとステロイドを処方される
      3. ヒルドイドと薬の塗り方を習う。薬は綿棒でピンポイントで塗る!
    2. 【10月27日】再発するあせも。予防のため肌着や寝具を見直しました。
    3. 【11月4日】あせもが治らない理由は?アレルギー検査を受ける。
    4. 【11月11日】アレルギーが判明したのでインテリアを見直す
    5. 【11月18日】あせもが治らないのでウィルス検査を受ける
    6. 【11月25日】ステロイドから卒業!
    7. 【11月30日】あせもが悪化して早めに受診
    8. 【12月9日】症状が落ち着いてきた。薬の使い時に悩む!
    9. 【12月16日】お肌がきれいになってきた
    10. 【12月23日】きれいな状態が続いていたのに、なぜか再発
    11. 【1月6日】あせもは良くなったり、悪くなったり
    12. 【1月13日】症状が落ち着いてきた。きれいな肌を保ちたい。
    13. 【1月20日】薬の使用回数は、週に1回のみ。症状が落ち着いてきた。
    14. 【1月28日】ステロイド、今回こそ卒業できるかも!
    15. 【2月3日】良くなったと思ったら、また再発
    16. 【2月10日】なかなか完治しないので、再度ウィルス検査を受ける
    17. 【2月17日】ウィルス検査の結果は問題なし
    18. 【2月24日】ヒルドイド、やめた方がいい?切り替えに悩む
    19. 【3月3日】あせもが完治に近づいてきた

汗疹(あせも)が治らず、小児科を受診する

あせもの治療に処方された薬

長男は毎年のように汗疹ができます。いつもは夏が終わると自然に治っていたんですが、今年はひどくなるばかり。

小児科を受診して、診てもらいました。詳細については以下の記事にまとめていますが、カラミンローションという汗疹用のローションと、キンダベート(弱めのステロイド薬)を処方されました。

▽詳細はこちら。汗疹が治らず、小児科を受診した話

カサカサが酷くなり、再度受診。治療方針が変わる。

一旦良くなったのですが、完璧には治らず。よくなったり、悪くなったりを繰り返しました。

小児科で処方された、カラミンローションやキンダベートを使ってケアをするものの、1か月くらいたつと、今度はカサカサが酷くなってきてしまいました。

「うーん、治る気配がないなぁ…」と思い、また小児科を受診すると先生から「これは、あせもというより、アトピーっぽいなぁ…。」とお話がありました。

以前処方されたカラミンローションは肌を乾燥させる作用があるので、使用をやめて、代わりに保湿剤(ヒルドイドソフト)を使うことになりました。

かさかさしている部分にヒルドイドソフトを塗って、湿疹がある部分にはキンダベートを重ね塗りするという治療内容に変わりました。

このケアを続けて、また1か月ほど。もう10月中旬なのに、なかなか治らない。「あー、ステロイドのせいなのかな、私の塗り方が悪かったのかな…。」と悩み、必死にネットで情報を調べる日々。

前は、顔、ひじの内側、ひざの裏側のみ症状が気になっていたんですが、首の後ろや背中にも肌荒れが広がってきてしまいました。

あせもだと思っていたけど、なぜ?寒くなって乾燥する時期になってきたし、別な症状も出てきているのかもしれません。

小児科はずーっと通っているとても信頼している先生。でもやっぱり、皮膚のことは皮膚科の先生の方が詳しいんだろうなぁ…と思い、皮膚科を受診することにしました。

スポンサーリンク

皮膚科へ転院して、あせもの治療を受ける

【10月20日】ステロイドの副作用が出ていると言われ、ショックを受ける。

全身の肌をくまなくチェックされる

皮膚科を受診したのが、10月20日。今までの症状や治療内容を伝えて、お肌の調子を診てもらいました。

パンツ一丁になって、全身をくまなくチェックされる長男。

先生の話では「ステロイドの副作用で、肌の色が白くぬけてしまってますね~」とのこと。

キンダベートという弱めのステロイドを治療に使っていたのですが、長く使いすぎてしまったようです。

私が「前は赤くブツブツだったのに、きれいになってきた」と感じていた、長男の右腕(ひじの内側)は、確かにきれいなお肌になってきているけど、ステロイドの副作用で白くなっていたようです。

塗っていた部分全体が白くなっているわけではなく、使いすぎていた部分が、白っぽく色が抜けている感じ。正直、素人が見ても分からないな~と思いました。先生に詳しく話を聞いて、「ここですよ」と教えてもらって分かるレベル。

副作用で色が白く抜けてしまったところは、薬を使っていたのと同じくらいの期間が過ぎると色は戻るようです。

先生からは「ステロイドは肌の状況を見ながら使えば、副作用は心配しなくて大丈夫。私たちが、その状況を見ながら、治療していきますから。」と言われ、少しほっとしました。

ヒルドイドとステロイドを処方される

皮膚科でも、小児科同様、保湿剤とステロイドを処方されました。保湿剤は、小児科と同じヒルドイドソフトです。

ステロイドは、今まで使っていたキンダベートより強めの、リンデロンという薬にヒルドイドを混ぜたものが処方されました。

ヒルドイドと薬の塗り方を習う。薬は綿棒でピンポイントで塗る!

皮膚科では、保湿剤と薬の塗り方を丁寧に教えてもらえました。保湿剤は、ただベタベタと伸ばすのではなく、塗る方向を気を付けるのが大切だそうです。

例えば、腕だったら縦に伸ばしますよね?私は、縦にのばしてました。先生の話では、縦に伸ばす人が多いようです。でも、横に伸ばしてなじませてやると縦に伸ばすより圧倒的に早くお肌になじむんです。

看護師さんが実際に塗りながら教えてくれたのですが、びっくりしました!

そして、ステロイドは指で塗るのではなく、綿棒で本当に酷いところにだけちょんちょんと塗れば良いそうです。他の部分に塗ると肌が傷んでしまうので、よーくお肌をみて、赤くぷつぷつ盛り上がっているところに、ピンポイントでぬります。

子供は肌をかいてしまいやすいので、そうすると、患部一帯が赤くなって、そこにまとめて薬を塗ってしまう人が多いそうです。実際、私も、そうしていました。

でも、そうすると肌にとても負担がかかるので、なんとなく赤いところには塗らずに、本当に酷いぷつぷつ盛り上がっているところにだけ、ピンポイントで塗るのが大切だそうです。

あー、今まで薬塗りすぎていたんだな~と反省しました。

【10月27日】再発するあせも。予防のため肌着や寝具を見直しました。

皮膚科に通い始めて1週間。それまでキンダベートを患部に毎日のように塗っていましたが、この1週間は、本当に気になるところにだけ、ピンポイントでリンデロンクリームを塗って過ごしました。

綿棒でチョンって塗るだけなので「こんなに少量で大丈夫なのかな?」と思うレベルの少なさです。首、腕、ひざうらの、赤いプツプツがしぶとく残っているところだけ、塗りました。

今回の件で思ったのは、どのくらいの症状なら薬を塗った方が良いのか、素人では見極めるのが難しいということ。

私は以前、赤みがあるところは、キンダベートを全体的に塗っていました。それでもなかなか治らないので、やっぱりキンダベートは塗っていていいものだと思っていました。

でも、前回受診したときに、皮膚科の先生から「この程度なら塗らなくて大丈夫」と言われたので、この一週間は塗らず。

「またひどくならないかな?」と心配でしたが、意外と大丈夫でした。長男、ごめんよ…。余計な薬を塗ってしまっていたんだね。

良くなってはいるものの、まだプツプツはあります。いったん良くなったように見えても、また出てくるプツプツ。

私は「ステロイドは使い方が難しいというし、こういうことなのか…」と薬のせいと思っていたのですが、先生や看護師さんから「また、汗をかいて汗疹になっちゃったんじゃないの?」と言われました。

私はずっとステロイド薬の使い方のことばかり気にしていたけど、確かに、前の湿疹が再発しているのではなくて、新しい汗疹ができているのかもしれないのです。これには、目からうろこでした。

確かに、長男は夜寝るときに動き回って、布団をはいでいたので、暑かったんだと思います。寒くなってきたからと言って、布団を少し厚めのものにしたんですが、長男には暑すぎたのかも…。

服も私が寒がりだから、着せすぎていたのかもしれません。衣類や寝具を少し薄めのものにしてみることにしました。色んな原因が絡み合っているのかもしれません。早く治るといいなぁ。

そして、皮膚科を受診したのはまだ2回目ですが、小児科で最初に診てもらってからは、もう3か月。なかなかよくならないので、アレルギー検査を次回することになりました。

【11月4日】あせもが治らない理由は?アレルギー検査を受ける。

この1週間も同じようにヒルドイドと、リンデロンクリームでケアを続けました。すごく良い状態で「お肌きれいになってきた~!」と喜んでいたら、土日に悪化。(皮膚科は、火曜日か水曜日に受診しています)

外遊びの時間が長くて、汗をかいたりと肌に刺激が増えてしまったのかもしれません。

もちろん、帰宅後はすぐにシャワーをしてきれいにはしているんですが、なかなか良くならないので、気持ちが沈みます。まぁ、気にしているのは私だけで、長男は気にしていないのが救いかな。

症状も、ものすごく酷いというわけではなくて、「ずっと治らないから、気になる」というレベル。悪化して赤みが目立つ日もあるけど、4~5日もすればだいぶ落ち着きます。この繰り返しです。

今日は、アレルギー検査のため採血がありました。なぜか、小学校になってから注射を怖がるようになってしまった長男。今回も最初は逃げていましたが、納得して、静かに採血を受けることができました。

採血、あっという間に終わるかとおもいきや、なかなか血液がとれず焦りました。なかなか採れないから、看護師さんが、針を血管の中で5回くらい動かしたりしていて。「針動かして、大丈夫なの??」って心配になってしまいました…。前に小児科で採血したときは、そんなことなくスムーズに終わったんだけどなぁ。

長男は、針を刺さされた瞬間は痛がっていたけど、その後、針を動かされても痛がっていなかったので、大丈夫だったのかな…。血管、傷ついてないか心配です。

採血した付近が、少し緑になりました。内出血って、紫になるイメージだったけど、これはなんなんだろう?長男は元気にしているので大丈夫だと思いますが、早く治って欲しいです。

【11月11日】アレルギーが判明したのでインテリアを見直す

前回受けたアレルギー検査の結果が出ました。

まず、アトピーを示す数値は正常範囲内で、アトピーではないことが分かりました。ほっとしました。

しかし、残念ながら以下の項目はアレルギーと出てしまいました。

  • スギ花粉(4)
  • ダニ(3)
  • ハウスダスト(3)

3年前に小児科でアレルギー検査を受けた際も、スギ花粉は陽性に出ていて「3」でした。一つクラスが上がってしまったので、悪化してたんですね。

また、ハウスダストは前回は0だったのに今回の検査では3でした。ダニについては前回調べていませんが3でした。

アレルギーが酷くなっていました。

あー、ほんと残念です。

頑張ってお掃除していたんだけどなぁ。子供たち、寝る前にお布団の上で遊んでいたからかな…。

やめるよう、ずっと注意していますが毎晩のように布団の上でドタバタしていて。

長男、先生からダニの写真を見せられたら、ゾッとしたようで「これからは、お布団で遊ばない!」と言っていました。

皮膚科の先生からは、できるだけアレルギーの原因となるものを排除するために、

  • お掃除の仕方・頻度
  • インテリアの見直し(カーペットは使わない等々)

について、お話がありました。

すぐに、カーペットをやめてコルクマットを敷くことにしました。これを機に、不用品も処分して「ほこりの溜まりづらいお部屋作り」をしたいと思います。

▽コルクマットは、3畳用を注文。

コルクマットは、カーペットよりダニ対策に効果があります。ただ、コルクとコルクのスキマから少しずつ下にゴミやチリがたまってしまいます。

アレルギーの予防のためには、定期的に裏面も掃除機掛けする必要があります。掃除のしやすさを考慮して、必要最低限の枚数を敷くことにしました。

▽コルクジョイントマットを使った感想

次はお肌の様子について。

長男の肌の様子は、先週より落ち着いてきました。治ってはいないけど、先週とても荒れていた首の後ろもきれいになったし、膝裏もほぼきれいになっています。

首と腕はプツプツが少し目立ちますが、薬も少量で済んでいます。この調子で良くなって欲しいです。

【11月18日】あせもが治らないのでウィルス検査を受ける

だいぶ肌の調子は良くなってきました。腕と膝裏は、本当にきれいになりました。

膝裏はきれいになりつつも、少し赤いプツプツがわずかに出てしまう日も。もしかしたら、昼間履いているズボンの生地が硬いのかもしれません。

ストレッチデニムをよく履かせてて、履き心地は良さそうだけど、肌荒れしているときには刺激になっているのかも。

腕については、2日くらい前から、だいぶ症状が落ち着きまました。以前のようなきれいなお肌になって、嬉しいです。あとは、この状態をキープできるといいな。

首(前)については、少しだけ赤みが出てしまうのでリンデロンクリームを、ちょっぴりだけ使用。

ただ、首(後ろ)については、週末釣りに出かけたのが悪かったのかガサガサに。ここ3週間くらい、土日になると首の後ろが荒れてしまいます。紫外線のせいなのかな!?

水面からの反射もあって、紫外線たっぷり浴びてそうですしね。先生からは、2~3時間外に出るときは日焼け止めを使うようにお話がありました。

【関連記事】子供とハゼ釣りを始めました

ただ、首の後ろのガサガサについては、幸い薬は使わずにヒルドイドだけで済んでいます。毎回、1週間くらいできれいになります。

全体的にだいぶ治りましたが、首は肌荒れが再発しやすいので、今回、ウィルス検査を受けました。

ウィルス検査は、綿棒で患部をなでるだけで検査完了。もしウィルスがいた場合は、お薬を変える必要があるそうです。

【11月25日】ステロイドから卒業!

首の後ろのガサガサも治り、首(前)、腕も、膝裏もほとんど症状がなくなりました。ついに、先生から「ステロイドを塗るのはやめましょう」とお話がありました。

8月に小児科を受診してから約3か月。ようやくステロイドを卒業です。本当に、嬉しい!

ただ、保湿剤(ヒルドイド)は続けるようにお話がありました。以前は背中など全身に湿疹が出てしまった時期もあったけど、今は本当にきれいになりました。

背中などに赤みがなくなった部分については、ヒルドイドではなく普段使っているクリームなどに変更しても良いとのこと。

ちなみに先週受けたウィルス検査ですが、ウィルスがついていたそうです。でも、今週の時点ではきれいになっているので、お薬の変更はありませんでした。ウィルスがついている部分は、より丁寧に洗ってあげるのが大切だそうです。

(11月27日メモ)

昨日、習い事の水泳にいったら首に少し赤みが出始めてしまいました。水泳が理由なのかは分からないけど、水泳前はきれいだったし、いつも水泳に行ったあとに悪化することが多いです。塩素や、水に長く入っていることが刺激になっているのかもしれません…。

うーん、今まではステロイド塗って対応していたけど、先生からはステロイドやめるように指示が出ているし、とりあえず塗らずに保湿剤だけで頑張っています。(先生に、再発したときのこと確認しておくべきでした・汗)

これ以上ひどくならずに、回復してくれるといいなぁと思います。

【11月30日】あせもが悪化して早めに受診

いつもは週1回ペースで受診してますが、薬をやめてみたら悪化してしまったので、早めに受診しました。

保湿を頑張っていたものの、夜中にかきむしるようになって酷くなってしまったので、今日から薬を使い始めたことを先生に伝えると、先生からお詫びがありました。薬をやめて悪化したら、本当は薬を使って良かったそうです。

私も、きちんと確認しなかったのが悪いし、電話で問い合わせてみても良かったんだし、長男には悪いことをしてしまったなぁと反省。

結局、お薬を使う日々に戻りました。お薬を塗り始めて2日もたつと、きれいなお肌に戻ってきました。今度こそ、この状態をキープできるといいなと思います。

習い事の水泳の後に悪化することが多いので、12月のレッスンはお休みすることにしました。色々頑張っているけど完治しなくて、私がへこみ気味です…。

水泳をお休みしているうちに、お肌が完治することを願っています。

【12月9日】症状が落ち着いてきた。薬の使い時に悩む!

悪化してしまった皮膚も、リンデロンクリーム(リンデロンとヒルドイドソフトを半々で混ぜたクリーム)のおかげで、だいぶ良くなってきました。

先生からも「お薬を使うのをやめていきましょう」とのお話が。でも「必要なときは使ってください」とのこと。

症状が快方に向かってくると、どのくらいの段階でお薬を使えばいいのかが、とても難しいです。

うっすら赤みがあるけど、プツプツした感じはなくて、本人も痒がっていない状態のときに、薬を使うかどうか、とても悩みます。

先生に相談してみると「そうなんですよー!」と激しく同意してくださいました。

ステロイドのやめどきは、お医者さんにとっても判別が難しいようです。

この治りかけの段階で、どのタイミングで薬を弱くしていくか、減らしていくかが非常に難しいそう!先生からは「かゆみがあるようだったら塗ってください」とのアドバイスを受けました。

***

ここ最近は、背中やお腹もざらざらしてきてしまっていたんだけど、そちらは小さいときから愛用しているすこやかナチュラルローションを塗っていたら、ほぼ良くなりました。

皮膚科からヒルドイドも処方されているけど、ヒルドイドに頼りすぎない方がいいかなぁ…という思いもありまして。先生からも、赤みがひいているなら市販のクリームでもいいですよというお話を頂いているので、そうしています。

ちなみに、赤ちゃん・子供用のスキンケアクリームでは、アトピタの評判が良いので、一時はそちらも試してみました。

でも、我が家の子供たちの場合は、すこやかナチュラルローションの方がお肌に合っているみたい。

もし、同じように保湿剤選びで悩んでいる方いたら、すこやかナチュラルローション試してみて欲しいです。なかなか使い心地良いです。

▽乳児湿疹で悩んだ時期から、使い続けています

お肌の症状も軽いうちなら、市販のローション・クリームで良くなるんですよね。長引いている、首や腕、膝裏ももっと早くケアしてあげれば…と本当に後悔しています。

良くなってはいるけど、完治はしない…。この状況がいつまで続くのか、先が見えないから辛いんですよね。

でも、全体的には快方に向かっているんだし、気負わずに今できることを頑張ろうと思います!

【12月16日】お肌がきれいになってきた

また一週間後に受診して経過のチェックです。首の前はまだ少し赤みがありますが、膝裏やうでは症状がおちついています。

今まではカサカサしてなくて良い状態のときも、朝と入浴後の1日2回は保湿剤を塗っていました。で試しにカサカサしてないときは塗らないようにしてみたら、やっぱりカサカサが出てきちゃいました。

お肌きれいになってきたと思っても、まだ保湿剤に頼らなくちゃならない状態ってことですね。今回の肌あれ前は、全く塗らなくても大丈夫だったので、早く以前のようなお肌に戻るといいなと思います。

【12月23日】きれいな状態が続いていたのに、なぜか再発

ここ最近はお肌の調子が本当に良くて、全身きれいな状態。

リンデロンクリームも、本当にちょっぴり、念のためって感じで、米粒くらいの赤身に「ちょん、ちょん」と塗っている感じでした。

先生にもそのことを伝えると「本当に気になるところだけ、ピンポイントで塗るなら、お薬の副作用はでないですからね」と言われて安心。

確かに、最初に小児科で診てもらっていて皮膚科に転院したころは、副作用が出てお肌の色が抜けちゃってたけど、今はお肌の色も戻っています。

でも、なぜか皮膚科を受診した日の夜に再発!!寝る前に長男の腕を見てみると、ぷつぷつが…。汗かいたのか、何か刺激になっちゃったのか、残念です。

まぁ、肌トラブルは時間がかかるものだし、地道にケアを頑張ろうと思います。

【1月6日】あせもは良くなったり、悪くなったり

今回は年末年始を挟んだので、2週間あけての受診です。その間、肌荒れは良くなったり悪くなったりしてますが、全体的には落ち着いています。

先生からは「なかなか完治しないから、近々、食物アレルギーの検査をしてみましょうか」という提案もありました。

うーん、また採血かぁ。前回、ようやく長男を説得して採血しただけに悩みます。

最近は「すごい!お肌きれいになってきたよ~」と喜んでケアを続けていると、また3,4日後には赤みがでてきたりといった状況。

肌の状況が改善しているのにヒルドイドを塗っているのが良くないのかな?と、前々から思っているんですが、どうなんだろう??

ネットで検索してみても、同様に赤みが出てしまったという声もあるし、ヒルドイド使っているとだいぶ落ち着いている、という声もあるし。

皮膚科の先生に聞いてみても、保湿主義だからヒルドイドは問題なしの考え方のよう。

もちろん、ヒルドイド以外にも乾燥、暖房の使い過ぎ、布団をかけすぎていたり等々、色々な原因があるんでしょうが、何が原因になっているのかよく分からずです。

【1月13日】症状が落ち着いてきた。きれいな肌を保ちたい。

先週再発してしまった腕の湿疹はリンデロンクリームを塗ったので、落ち着きました。いつもは、赤みがひいたら薬をやめるように言われていたので、すぐに薬をやめていたんですが数日で再発するんですよね…。

だから私の勝手な自己判断なんですが「赤みがひいて、白いぷつぷつになってからも薬を塗った方がいいんじゃない?」と思い、今回は白いぷつぷつがきれいになるまで薬を使ってみました。白いぷつぷつが消えてお肌がきれいになるまでは、2日ほどでした。

それが良かったのか、お肌の調子も良い感じです♪このまま再発せずに、この状態をキープしていきたいところ。

ちなみに、現時点の状態をメモしておくと

  • 首(後ろ):今はきれいな状態だけど、1週間くらい前に赤みはでた。
  • 首(前):たまに、ほんのり赤くなることはある。
  • 腕:湿疹を繰り返してしまう。とくに、右腕。
  • ひざうら:しばらく前から症状が落ち着いている。多分、治ったのかも!

という感じです。

前回先生から提案があったアレルギー検査ですが、今回の肌の調子が良かったからか、特段お話はありませんでした。

この調子できれいな肌をキープしていけるといいな。

【1月20日】薬の使用回数は、週に1回のみ。症状が落ち着いてきた。

また一週間後に受診しました。この一週間で薬を使ったのは、1回ほど。

首はちょこちょこ部位を変えながら、ポツポツとした赤みがでてきます。でも、1回塗れば症状は落ち着いている感じです。

腕は、右腕がまた赤みが出てきてしまったので、ちょっと広めに塗りました。薬を塗った翌日はほぼきれいだけど、本当にちょっと残る赤みに念のため薬を塗りました。(綿棒でちょんちょん!という感じ)

膝裏は、ここ最近はずっと落ち着いているんですが、ちょっぴり赤みが出ました。こういうときに早めに塗っておいた方が量も回数も減らせるので、念のためピンポイントでちょんちょんとお薬を。

全体的にはすごく症状が落ち着いていて良い感じです。

【1月28日】ステロイド、今回こそ卒業できるかも!

また1週間後に皮膚科へ。先週もだいぶ症状が落ち着いていましたが、今週は更に落ち着いてきた感じがしています。

ステロイド(リンデロンとヒルドイドを混ぜたもの)を使っていますが、今週使用したのも1回のみ。腕と首に塗りました。

1回使ったけど、先週よりも更に少量です。この調子で、治るといいなぁ。

受診したときに、本当にすこーしプツプツが出始めていました。

あせもの経過

本当に少しだけど、少しプツプツあり

先生に、このくらいの時に薬を使った方がいいか質問してみたら「このくらいなら、使わない方がいいでしょう。保湿のみで頑張りましょう」とのお返事。

症状がほぼ無くなっても、いつも再発して…の繰り返しだったので、今回こそは治るといいなぁ。ここ最近は、薬の量も本当に少しで大丈夫だったし、今回は大丈夫だと信じたい!!

もう少しでステロイドを卒業できそうです。

【2月3日】良くなったと思ったら、また再発

前回受診した日に、ちょぴりで始めたぷつぷつ。保湿のみで乗り切れるかな~と思いきや、徐々に増えてしまってお薬必要になってしまいました。

うーん、見極めが難しいですね。

あのときに使っていたら、もっと薬も少量で済んだんだろうな~と思うと残念なんですけど、保湿だけで大丈夫なときもあるし、本当に薬のやめ時が難しいです。

この一週間は、首の湿疹も久々に多めに再発してしまいました。先週より薬を使う量は増えてしまいました。

【2月10日】なかなか完治しないので、再度ウィルス検査を受ける

お薬を使ったことで、症状は落ちついています。ただ、白っぽいぷつぷつが、なかなか治りません。

今までの経験からいうと、この白いぷつぷつの段階のときに薬をやめると、やっぱり数日後に赤みが増してしまうんですよね…。

綿棒でちょん!とピンポイントで薬を塗っています。この方法のおかげか、以前のようなステロイドによる副作用(肌の色が白くなる)は起きていません。

薬を使っている量は、本当に少しで体全身でも1日1~3㎠くらいです。

今回、またウィルス検査を受けました。湿疹を綿棒のようなもので拭って検査するので、痛みはありません。結果が分かるのは来週です。

【2月17日】ウィルス検査の結果は問題なし

先週受けたウィルス検査は問題なしでした。

この一週間も、少し赤みやぷつぷつが出て、薬で対応してという感じでした。

今週は、最近ずっと落ち着いていた膝裏の赤みが急に増えてしまいました。暖かい日があったので、汗をかいたりと刺激になったのかもしれません。

腕も首も最近の中では、一番赤みが増してしまいました。

薬をしっかり塗ったのは、2日くらい。落ち着いてからは、綿棒でピンポイントで塗っています。

長男のあせもによる湿疹が長引いているのは、腕、首、膝裏です。他の症状としては、夏くらいからずっとおでこや頭皮がかさかさで、耳がさけてしまうこともあります。

顔はかさつくレベルで湿疹ではないので、薬は使用せず、ずっと子供のときから使っているジョンソン すこやかナチュラルローションでケアしています。(耳さけには、ワセリンで保護する方法にしています。)

カサカサは塗ると落ち着くんですが、時間がたつと、またカサカサしてきて。

「ヒルドイドの方がいいのかな?」と思い、一時期はヒルドイドを塗っていましたが、長男の場合は、すこやかナチュラルローションの方が肌の調子が良いみたいです。

かさつきはあるけど、良くなったり悪くなったりで。でも、それ以上悪化することもないので「ホームケアで足りる肌荒れ」という感じなのかな、と思っています。

比較的軽い症状のおでこのかさつきも、治るまで時間がかかっているのが現状。だから、すごく悪化して湿疹になってしまった腕や首がなかなか完治しないのも、しょうがないのかな…と思っています。

「しょうがない」というか「肌がよい状態に戻るには、それなりに時間がかかる」という感じで考えています。

【2月24日】ヒルドイド、やめた方がいい?切り替えに悩む

今週は暖かい日が増えてきました。お肌は赤みが再発することもあるけど、わりと落ち着いています。

でも、完治はしないんですよね…。あせもがひどかった、首、腕、膝裏はヒルドイドを塗った上で、リンデロンクリームを塗るように指示されています。

私の中では「ヒルドイド、いつまで使えばいいの?」という思いがあって。

先生からは「一週間くらいずっときれいな肌がキープできたら、普通の保湿クリームに変えていいですよ」と言われてるんですが、きれいになってから1週間待っていると、また赤みが出てきてしまって、なかなかやめられないんです(汗)

長男の場合、首の後ろが「保湿しすぎによる、肌荒れでは?」と最近感じています。

ほんと素人の勘なんですけど「この首の赤みは、湿疹というより、保湿しすぎな感じがする…」という赤みの出方なんですよ。

でも、何も塗らないと、やっぱり赤みが酷くなったりで。でも、ヒルドイド塗ってても、赤みが出てくるし。

「ヒルドイドほど強力でない保湿が必要なんじゃないか」と私は思っています。(※ほんと素人の勘なので、こんな話もあるんだくらいに思ってくださいね)

長男もかさつきが症状が酷いどきはヒルドイドが良いというけど、ちょっと落ち着いてくると「ヒルドイドじゃないクリームの方がいい」と言うんですよね。なんとなく、肌が辛いらしいです。

…ということで、自己判断ですが肌の状況を見て、ヒルドイドから普通のクリームに切り替えてみてます。

ちなみにクリームは、赤ちゃんの頃から使っているジョンソン すこやかナチュラルローションです。症状が、早く落ち着きますように。

【3月3日】あせもが完治に近づいてきた

自己判断で、ヒルドイドから普通のクリームに変更して肌の保湿を続けたのが功を奏したのか、もともと快方に向かっていたからなのか分かりませんが、お肌の状態がすごく良くなってきました。

この一週間は本当に落ち着いていて、お肌がきれいになってきました。ようやくか~!という感じで、嬉しいです。

まだ、白いぷつぷつ(そのままにすると、赤みが出てくる)が本当にちょっぴりは出ているので、そこには薬を綿棒でちょん!と塗っています。

今の状態は「症状が落ち着いている」というより「ついに治ってきたのでは?」と思うような感じに肌の調子が良くなってきました。

以前のアレルギー検査で長男がダニ・ハウスダストアレルギーということも分かり、布団を防ダニのものにしたり、掃除も前より頑張ったり、保湿の仕方も試行錯誤してみたり。

どれが効果があったのか分からないけど、良くなってきて良かったです。

この調子で、良い状態をキープできるといいなと思います。

次回は、また一週間後に受診予定です。

【こんな記事も書いています】

▽子供の車酔いに使っているグッズの感想

▽子供の足にできたウィルス性イボの治療記録

▽手荒れにはワセリンが効きました。塗り方のコツなど。