手入れがラク!ポットみたいなスチーム式加湿器を購入。掃除の手間がすごく減りました。

暮らしを整える
スポンサーリンク

冬は空気が乾燥しますよね。乾燥すると、風邪を引きやすくなったり、肌もかゆくなってくるので、必ず加湿器を使うようにしています。

ただ、加湿器って何気に手入れが面倒…。カルキがたまったり、フィルターが汚れてきたり。頑張って掃除するものの、清潔に保つのが難しくて、数年ごとに買い替えています。

そして、今年新たな加湿器を購入することに。色々悩んだあげく、ポットみたいな加湿器を買ったのですが、大正解でした。

購入した加湿器は、[山善] スチーム式 加湿器 加熱式 上部給水方式 (最大加湿 500ml) (タンク容量 2.4L) (木造~8.5畳 / プレハブ洋室~14畳) ホワイト KS-J242(W) [メーカー保証1年]です。

  • スチーム式(蒸気が出るタイプ)
  • シンプル構造でお掃除がラク
  • 音が静か
  • シンプルなデザインでおしゃれ

今まで色々な加湿器を使ってきましたが、ポットみたいな加湿器は構造がシンプルなのでお手入れが本当にラクですね。

衛生的に使えるし、しっかり加湿してくれるので良い感じ♪

かなり使い勝手が良いので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク

手入れがラクなポット型のスチーム式加湿器を購入しました

手入れがラクで、衛生的に使える加湿器が欲しい…と思い、ポットみたいなスチーム加湿器を購入しました。

シンプルな角形、フィルター無しのシンプル構造。ポットみたいにお湯を沸かして、その蒸気で加湿するという加湿器です。

山善 スチーム加湿器

外部も内部もシンプルな構造なので、お手入れがラク。

できるだけ掃除に手間はかけたくないけど、衛生的に使いたい!という私の希望を満たしてくれる加湿器でした。

スポンサーリンク

山善のポットみたいな加湿器の仕様

シンプルな機能

山善のポットみたいな加湿器はシンプル機能。基本的に「入れる」「切る」「強弱」ボタンしかボタンがありません。

左側のボタンが「入れる」「切る」のボタン。右側のボタンは強弱を設定します。

超シンプルなので、分かりやすいし使いやすい。

ちなみに、水が無くなると(=給水が必要になると)加湿は自動的に止まります。(左側のボタンが赤く点灯します)

フタがぱかっと外れて掃除しやすい

山善の加湿器は、上部にあるフタがパカっと外れるデザイン。フタは反時計回りに回すと外れます。

少し力がいるので、私は加湿器を膝で挟んで押さえています。

パカっと全部外れるので、汚れもたまりづらいし掃除もしやすいです。

スチーム式で衛生的に使える

山善のポットみたいな加湿器はスチーム式。

こういう水を沸騰させて蒸気を出すタイプは、気化式やハイブリット式に比べて衛生的に使えると言われてますよね。

加湿器はしっかり手入れしないと、部屋中に雑菌をばらまくことになるそう。私は掃除はラクに済ませたい派なので、他の加湿器より掃除がラクなスチーム式が好き。

しかも、今回購入したポットみたいな加湿器はフィルターも無し。(詳しくは後述しています。)

以前使っていたフィルター有のスチーム式加湿器は、次第にフィルターが汚れてきれいに保ちづらいのが悩みでした。

今回、フィルター無しの加湿器にしたことで、この悩みからも解放されました。

フィルターなしで掃除が簡単

山善のポットみたいな加湿器の特徴は、フィルターがないこと。

今まで使っていた加湿器はフィルターがあって掃除が面倒だったので「フィルターが無いとこんなに手入れがラクなんだ…」と驚きました。

うっすらカルキが目立ってきたら、スポンジで軽くこすってじゃぶじゃぶ洗えば、すぐにきれいになります。

シンプルな構造

フタが全部外れるタイプなので、間口が広くて掃除しやすいです。フィルター付きの加湿器と比べると、圧倒的に掃除がラクですね。

フィルターがないので、フィルターがカビたりカルキがこびりつく心配も無いのもいいなぁと思っています。
ただ、やはり、少しずつカルキでザラつきが出てきます。そそういう場合は、クエン酸を入れてカルキ掃除が必要。

これはクエン酸を水と一緒に入れて運転させるだけなので簡単ですよ。

スチーム式で加湿たっぷり

スチーム式なので温かい蒸気が出てきて、しっかり加湿されてる感があります。

スチームの強弱設定は右側のボタンを押すだけ。説明書によると、弱というより「標準」と「強」の設定のようです。

ただいま、「強」で運転中

もくもくとしっかり加湿してくれるので、満足しています。

デメリットを挙げるとすれば、部屋の湿度を感知してくれるセンサーはついていないこと。私は自分で湿度計を見ながら、調節しています。(冬に最適な湿度は50%前後と言われています。)

使っていれば「だいたい、このくらいの時間で、このくらいの湿度になるんだ」と分かってくるると思うので、すぐに慣れると思います。

音が静かなのも良い

ポット型加湿器を使う上で気になっていたのは、音が大きくないかな…ということ。

ポット型ゆえに大量のお湯を常に沸かしているような感じだろうし「ずっとコポコポ音がうるさかったら嫌だな」と思っていたんです。

でも、以外にも以前使っていたフィルターありのスチーム式加湿器より静かでした。

フィルター式の加湿器は、少しずつ沸かして加湿しているので、静かになったり加熱してうるさくなったりを繰り返すんですよね。

だから、ガーっと沸かすタイミングには結構な音が…。音に敏感は私は、夜中に加湿器を使っていると、起きてしまうこともしばしば。(というか、毎晩必ず目が覚めていました)

でも、ポット型は最初に蒸気が出るまでは時間がかかるものの(温める水の量が多いので)、いったん、蒸気が出始めてからは静かなんですよー!これは、嬉しい誤算でした。

沸かしているときも、以前使っていたフィルター有り加湿器より静かだし、音の面での心配は無用でした。

コードが外れるタイプなので安心

山善のポットみたいな加湿器は、コードが外れるタイプです。

我が家の場合は、床に直置きしているんですが、コードが外れるタイプだと安全に使えていいですね。

誤ってコードに足や掃除機を引っかけてしまっても、コードが本体から外れるので加湿器が倒れたりする心配が少ないです。

うちには小学生の子供がいます。もう大きいので加湿器にいたずらする年齢ではありませんが、誤ってコードに足をひっかけてしまうことがありました。

でも、コードがすぐに外れるので助かりました(汗)

本当は部屋の端っこに加湿器を置けばいいんでしょうが、加湿器の蒸気をエアコンの風にのせたいなーと思い、加湿器置き場を決めているので部屋の端っこというわけにもいかず。

地味ですが、コードが外れてくれるのは便利だなぁ…と感じています。

あと、加湿器の掃除をする際にもコードが外れるので「コード部分に水がかからないようにしなくちゃ…」と気にしなくていいのも、良いです。

シンプルデザインでおしゃれ

ポット式の加湿器で有名なのは、象印の加湿器。

使い勝手は良さそうですが、「いかにも、ポット!」という感じのデザイン(汗)

それも悪くはないですが、加湿器は部屋に長期間出しっぱなしにするものだし、できればシンプル&おしゃれなものを使いたいなーと思いamazonで探しまくった結果、山善の加湿器を発見。

ホワイトの角形で、すっきりしたデザイン。「これだー!」と嬉しくなりました。

とりあえずシールを貼ったまま撮影しましたが、シールははがせます。

我が家はホワイトを選びましたが、ブラックもあります。ブラックの加湿器は、モダンな感じのお部屋に合いそうで、かっこいいですよね。

ポットみたいな加湿器は手入れがすごくラク

掃除の手間は5~10分、すっきりキレイになる

今まで使っていたスチーム式加湿器はフィルターがついているタイプだったので、フィルターを洗ったり、本体にこびりついたカルキを洗ったりと手間がかかりました。

フィルターは次第に古びて汚れてくるし、洗っても「そのうち、買い換えないとなー」と気になっていました。

でも、今回のポット型加湿器はフィルターがありません。本体内部についたカルキをきれいにすればOKだけなので、掃除がすごくラクになりました。

掃除方法は、クエン酸と水を入れて、加湿器を30分ほど稼働させた後、2時間放置。その後、すすぐだけ。

掃除全体では2時間半くらいかかりますが、自分がする作業時間は5分くらい。手間がかからないのに、すっきりキレイになるし、ホント気持ち良いです。

シンプル構造ゆえに、汚れがつきづらい&汚れがついても取れやすいんだな、と思いました。

山善のポットみたいな加湿器のデメリット

そんなにデメリットは感じていませんが、少し使いづらいなと思ったのは、給水時にフタをパカっと全部外す構造になっていること。

この「全部フタが外れる」という構造は、お掃除するときには便利ですが、給水時には少しネックでした。

理由は、フタを外すと蒸気が自分の手にかかりそうになるから。

説明書には冷めてから給水するよう書いてありますが、すぐに給水したい時ってあるじゃないですか…。

給水ランプがついて、すぐに給水しようとすると内部はまだ熱々なので、熱い蒸気が出てきます。

その場合は、やけどしないように、フタ全体をフェイスタオルで覆うようにして開けています。

そして、フタから滴り落ちる水滴を加湿器の中にある程度入れたら、画像のような感じで床に置いてます。

この方法にしてからは「熱いっ!」となることは無くなりました。

ボタン一つでパカッとフタが開けば便利なんですが…。でも、そうすると全部フタが外れるというメリットは無くなってしまうし一長一短ですね。

【まとめ】ポット型加湿器は、掃除の手間をかけたくない人におすすめ

加湿器にも色々なタイプがありますが、今回購入したポットみたいな加湿器は手入れがラクだし、しっかり加湿してくれるので、個人的にはかなり気に入っています。

子供がアレルギー持ちなので、できるだけ清潔な環境を保ちたいなーと思っていて、加湿器のことはいつも気になっていました。加湿器は冬に何か月も使うので。

今までは、加湿器のカルキや溜まった汚れが気になり、数年ごとに買い換えていました。

でも、今回のポットみたいな加湿器は、カルキがついてもクエン酸洗浄で簡単にきれいになってお手入れもラク。シンプル構造ゆえに壊れにくそうだし、長持ちしてくれそうな予感♪

そうそう、見た目もシンプルでお部屋になじむのも気に入っています。うちは白を選びましたが、黒もかっこいいですよね。

以上、山善のポットみたいな加湿器を使った感想でした。

【こんな記事も書いています】