おねしょシーツ(防水シーツ)の洗濯方法と早く乾かす方法/おすすめサイズや愛用しているシーツの感想

おねしょシーツ子育て

子供のおねしょ対策として、おねしょシーツ(防水シーツ)を使っています。

おねしょシーツは洗うのも一苦労だし(洗濯機で洗えないタイプも多い)、乾きづらいので洗濯も面倒なんですよね。

今までは、子供に天気の悪い日におねしょされると、イライラしていました…(汗)

でも早く乾かすワザや、寝心地の良いおねしょシーツを購入してからは、お手入れがラクになりました。家事の手間を減らすって大切ですね。

この記事では、

  • おねしょシーツの選び方
  • 洗濯方法
  • 早く乾かす技
  • おすすめの、おねしょシーツ

についてまとめています。

▽これを使っています

スポンサーリンク

おねしょシーツの選び方

使い捨ておねしょシーツで乗り切る!

まず、おねしょシーツには

  • 使い捨てのタイプ
  • 洗って繰り返し使えるタイプ

があります。

この記事では洗い方や、早く乾かす技を紹介していますが、余裕がないときもありますよね(汗)

そんな場合におすすめなのは「使い捨てタイプ」です。

雨が続く時期や、花粉で外に干せない時期。そんな時期におねしょが多いと、本当に本当にストレスが溜まってしまいます…。

そんなときには、使い捨てのおねしょシーツ(防水シーツ)を使うのもおすすめです。

▽3枚で500円程度です。これで、ストレスや家事の手間が減るなら、安いかな…と思います。

洗えるおねしょシーツは「洗濯機で洗えるもの」を選ぶ

おねしょシーツ(防水シーツ)にも色々な種類がありますが、大きく分けて

  • 洗濯機で洗えるもの
  • 洗濯機で洗えないもの

があります。

おねしょシーツ

我が家で使っている、おねしょシーツ

私のおすすめは洗濯機で洗えるタイプ。

自分でおねしょシーツを洗うのは、やっぱり手間です。自分で洗っても5~10分で済むんですが、やっぱり洗濯機で洗えた方が、気軽に洗えるので良いですよね。

ただ、実際のところ、洗濯機で洗えるタイプでも脱水がゆるくしか出来なかったりするというデメリットはあります。でも、それは洗濯機でも洗えないタイプでも同じ。

子供のお世話で忙しいときに、一手間減らせるっているのは、大切!

洗濯機で洗えるタイプと、洗えないタイプは、値段に大差があるわけではありません。それなら、洗濯機で洗えるタイプを選んだほうがいいですよね。

ちなみに、洗濯機で洗えないおねしょシーツを、洗濯機で洗ってしまうと

  • 脱水がうまくできない
  • 洗濯機が壊れるリスクがある
  • 漏水のリスクがある

ので注意が必要です。

おねしょシーツのサイズ選びについて

次は、おすすめのサイズについて。

洗えって繰り返し使うタイプの場合、さいずは70㎝×120㎝のものがおすすめ。

洗濯機で洗えるタイプでも大判タイプ(シングル布団と同じサイズ)のおねしょシーツの場合、きちんと脱水されず、洗濯機から取り出した時に、脱水しきれていない水が、こぼれたりすることも多いです。

それに対して、サイズが小さい方が脱水がきちんとされています。

私は以前は布団と同じサイズのものを使っていたのですが、あまりに脱水されていないので使うのをやめました。今は70㎝×120㎝のものを選んでいます。

ちなみに、70㎝×120㎝だと布団に対してカバーできる面積が狭いので、2枚使いをしています。

▽こちらの商品を使っています

子供がおねしょをする範囲が狭ければ、1枚だけ洗濯すれば大丈夫。干すスペースも必要最小限で済むので、良い感じです。

スポンサーリンク

おねしょシーツ(防水シーツ)の洗い方

洗濯機で洗えない、おねしょシーツの場合

我が家で以前使っていたおねしょシーツは、洗濯機で洗えないもの。購入時には洗濯方法など、細かいことは気にせずに柄と値段で選んでしまいました。

洗濯機で洗えないおねしょシーツを洗う場合は、お風呂の浴槽のふちにおねしょシーツをかけて、シャワーで洗い流しています。

おねしょシーツ

洗濯機で洗えないタイプ

洗い流した後は、浴槽のふちに少しの間かけて水気をざっときります。その後、ベランダで干しています。

水気が十分にきれてない場合は、おねしょシーツをバケツやスーパーの袋に入れてベランダまで移動しています。

洗濯機で洗えない、おねしょシーツの洗い方(まとめ)
  1. お風呂の浴槽におねしょシーツをかける
  2. シャワーで洗い流す
  3. そのまま放置して水を切る
  4. 干す

洗濯機で洗える、おねしょシーツの場合

洗濯機で洗えるタイプのおねしょシーツは、洗濯機で普通に洗えば大丈夫。

ただ、防水層が含まれているだけに、やはり普通の衣類に比べると脱水はゆるめ。まぁ、防水する生地が含まれているので、仕方ないのかな~と思います。

おすすめは、こちらの商品です

おねしょシーツは、ピンからキリまでありますが、上記の物は

  • 表面が綿100%で肌触りが良い
  • 吸水性が良く、漏れづらい
  • 通気性が良いので、不快感が少ない
  • 生地がしっかりしている
  • 洗濯機で洗える

のが特長です。

昔購入したおねしょシーツ(記事上部の画像のもの:動物柄)は、洗濯機で洗えない「昔ながらの、おねしょシーツ」といった感じでした。

寝心地もイマイチだし、夏は熱がこもってしまって背中が暑くなってしまうのが悩みでした。子供がおねしょをするのは、本当にたまーになんですけど、おねしょシーツ無しで寝かせるのは心配なので、しばらくはお世話になる予定。

毎日使うものなので、寝心地が良さそうなものが良いなぁと思い、こちらを購入。思っていた以上に、生地に厚みがあってふわふわ。私も試しに寝させてもらいましたが、ホント寝心地よいです!

おねしょシーツ

ふかふかで肌触り良し♪

それでいて、熱がこもる感じもなくて良い感じ。

今までは、おねしょシーツを敷いている部分は寝心地が悪かったのに、このシーツに変えてからは「おねしょシーツ敷いている部分の方が、寝心地が良い!」と子供たちも喜んでます。

おねしょシーツ

拡大したところ。ふわふわ!

毎日使うものなので、もっと早く買えば良かったな…と思いました。やっぱり、寝心地が良いといいですよね。

洗濯機で洗える、おねしょシーツの洗い方
  1. 普通の洗濯物と同様に、洗濯機で洗う
  2. 干す
スポンサーリンク

おねしょシーツを早く乾かす方法

ハンガーを間に挟んで風通しを良くする

おねしょシーツを早く乾かすには、風通しを良くして干すのがポイントです。

私は以前は洗たくロープに二つ折りにして干していました。もちろん、これでも乾くんですが、生地が重なり合ってしまう内側の部分が乾きづらいんです。

それで、ハンガーを間に挟んで風の通り道を作って干すようにしたら、圧倒的に早く乾くようになりました。

▽シーツが触れ合わない状態で干せるので、早く乾きます。

生地が重なる部分にハンガーをセットします

おねしょシーツに限らず、シーツやタオルケット、バスタオルなどもこの干し方で干すようにしたが、ぐっと早く乾くようになりました。

家にあるハンガーを使えばいいので、モノも増えなくていい感じ。

早く乾くと気持ち良いね

家にあるものだけで、簡単にできるので、ぜひ試してみてくださいね。

以上、おねしょシーツの洗濯方法や、おすすめのシーツについてでした。

【こんな記事も書いています】

▽小学校低学年の子供におすすめの児童書。子供が繰り返し読んでいる本の感想。

▽漢字学習を嫌がる子供、なりたちブックで苦手意識がぐっと減りました。

▽【赤ちゃんの育児】赤ちゃんを早く寝かしつける方法をまとめました。

▽【子育て・お役立ちグッズ】車酔いをする子には乗り物酔い止めメガネがおすすめです。