小学生(5年生)のお年玉金額や管理について/今年から管理方法を変えました

家計管理・節約

お年玉を頂いて、子供たちはホクホクの時期ですよね。

今回は我が家のお年玉事情について書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

小学生の子供(5年生)のお年玉

子供がもらった合計金額

今年の我が家の子供(小学5年生双子)のお年玉は一人当たり19,000円でした。

いやはや、結構な金額ですよね。

上記の金額には、私たち親から渡した3,000円が含まれているので、親戚から頂いた分は16,000円です。

小学生のお年玉の平均を調べてみた

「お年玉の平均ってどのくらいなのかな?」と思い調べてみると、こちらの記事が見つかりました。

・未就学児(3~5歳)・・・1万5023円(最多:5000~1万円未満)
・小学生(1~6年生全体)・・・1万9386円(最多:2万~2万5000円未満)
        1年生平均・・・1万7480円(最多:1万~1万5000円未満)
        6年生平均・・・2万1400円(最多:2万~2万5000円未満)
・中学生・・・2万6529円(最多:2万~2万5000円未満)
・高校生・・・2万2579円(最多:1万5001~2万円)※2018年9月調査

我が家の場合はちょうど、小学生(1~6年生全体)の平均と同じくらいでした。

今年からはお年玉を全部、子供に渡すことにしました

我が家の場合、昨年まではお年玉のほとんどを親が管理していました。子供たちには少しだけ(2,000~3,000円ほど)渡して、あとは郵便局に貯金です。

でも、我が家の子供たちはほとんどお金を使わないタイプ。「せっかくだから、何か欲しいもの買ってみたら?」と促しても、ほとんど使わないんですよね…。

「将来のために貯金する!」と話していて。きっと私が「貯金は大切だよ~」という話をしていたからなんですが、ちょっと言い過ぎちゃったかな…!?

お誕生日などに、親戚からリクエストを聞かれれば何かしら選ぶのですが、自分たちの財布からお金を出して買うことは、あまり無いです。

ガンダム プラモデル

数か月前は100円ショップの小さなレゴやポケモンカードなどが好きになり、お小遣いでちょこちょこ買い物を楽しんでいた時期もありますが、1,000円を超えるような買い物は滅多にしません。

親としては「もう少しお金を使って、お金の使い方を練習してほしい」という気持ちもあるんですが、まぁ、慎重に考えて子供本人が使わないなら、それも良いと思っています。(私も小さい頃、そういうタイプだったし)

と、いうことで、我が家の子供たちの場合、無駄遣いはしなさそうなので、お年玉は今年から全額渡してみることにしました。

どんな風に管理して、使うのか様子を見てみたいと思います。

ちなみに、今、子供たちはガンダムが大好き。クリスマスプレゼントにはガンプラをもらったので、毎日のようにガンプラで遊んでいて、もっとガンプラを欲しがっています。

買い物慎重派の子供たちなので、買うと決めるまでは時間がかかるでしょうが、いづれはガンプラを買うのかな、と思っています。

お金の使い方って、大人にとっても難しいですよね…。子供と一緒に、私もお金について色々勉強していきたいなと思ったのでした。

以上、小学生の子供のお年玉についてでした。