沖縄で、あえてベトナム製の琉球ガラスを買った話

琉球ガラス沖縄

先日の沖縄旅行で、子供たちは琉球ガラスをお土産に選びました。でも、ベトナム製だったというお話です。

子供たちは満足しているので良いのですが、私にとっては「琉球ガラスって、沖縄製以外もあるんだな」と意外だったので書いてみました。

スポンサーリンク

沖縄で琉球ガラス村のグラスを購入しました

ホテルの売店で琉球ガラス村のグラスを購入した

宿泊したサザンビーチホテル&リゾート沖縄の売店で、琉球ガラスを購入しました。

子供たちが選んだのは、こちらのグラスです。

琉球ガラス グラス

青は沖縄の海、オレンジは太陽のイメージで選んだそうです。

琉球ガラスは一つずつ手作りで、同じものがないんですよね。いくつか同じ商品が並んでいましたが、それぞれ色の出方が違っていて、どれも素敵でした。

子供たちは同じデザインが3つある中から、微妙な違いをじっと比べて、自分たちの一番気に入ったものを選びました。お値段は各2,000円ほど。

琉球ガラス村

購入するまで分からなかったのですが、こちらは琉球ガラス村の商品でした。売店のスタッフさんが琉球ガラス村の箱に入れて、丁寧に梱包してくださいました。

琉球ガラスは沖縄製とは限らない

この琉球ガラス、実は沖縄製ではないんです。ベトナム製です。

よーく見ると、シールにベトナム製の表示がありました。

琉球ガラス

売店で扱っている琉球ガラス、安いのと高いのがあったんですよ…。

2倍くらい値段が違っていて、最初はデザインの違いだと思っていたのですが、よくよく見てみると、高い方は「沖縄製」、安い方は「ベトナム製」でした。

ちなみに、沖縄製のは3000円~でした。

買う前に気付いたので、子供たちに「これ、ベトナム製だよ」と伝えたのですが、子供たちは「このデザインが気に入ったから、ベトナム製でもいいの!」と話していて、これに決めました。

琉球ガラス

私は「せっかくなら、沖縄製がいいなぁ」と思ったのですが、本人たちが満足しているので、良しです。

ちなみに、帰りに那覇空港の売店をチェックしたら、同じ琉球ガラス(ベトナム製)がたくさん販売されていました。ホテルと全く同じ値段で、そちらにもきちんと「ベトナム製」のシールが貼ってありました。

琉球ガラス

でも、シールがかなり小さいし、英語で書かれていると気づかないことも多いんじゃないかな?と思いました。デザインで選ぶなら問題ありませんが、沖縄製にこだわる方は、しっかりチェックすることをおすすめします。

まぁ、琉球ガラスに限らず、今どきは色々な観光地グッズが外国製ですよね…。

ただ、私としては「旅先で購入するものは、その土地で作られたものがいいな」という想いがあるので、いつも産地をチェックしてから買っています。

割れ物は持ち帰るのが大変(汗)

沖縄といえば、やちむんも有名ですよね。

前回の沖縄旅行では、やちむんをいくつか購入したのですが、割れ物ゆえに持ち帰るのに苦労しました。衣類でグルグル巻きにして、割れずに持ち帰れましたが、やっぱり気を使いますね…。

▽やちむんの里の旅行記

ちなみに、今回は、子供たちのグラスなので、自分たちで注意して持ち帰ってもらいました。もう、小学5年生だしね!

リュックの底にクッションになるものを入れて、さらに箱の上から軽く梱包して荷造り。

飛行機では足元に大切において、帰りの地下鉄ではリュックを大事そうに抱っこしていました。無事に家に着いた時には、肩の荷が降りて、ほっとしていました♪

旅先で好きなものを探す楽しみもありますが、意外と時間が無くて焦るし、割れ物だと持ち帰るのも苦労するのでネットで買うのもいいなぁと思ったり。というか、食器が好きでいつもネットで見てしまう(笑)

私は、大人の焼き物というショップさんが好きでよくチェックしてます。

やちむん、琉球ガラスなど沖縄の器はもちろん、波佐見焼なども扱っているのですが、手ごろな値段のものも多いんですよ。狭い賃貸で収納場所が限られているので、たいていは妄想ショッピングなんですけどね。

あ、そうそう!実は先日の沖縄料理で「やちむん器作り体験」もしました。3か月ほどで自宅に届く予定なので、またそちらも記事にしたいと思っています。

以上、沖縄で琉球ガラスを購入したお話でした。

▽今回の旅の全旅程。4泊5日で行ってきました。