【小学生の育児】2年ぶりの運動会がありました。運動が苦手な子供の様子。

小学生の育児

昨年はコロナの影響で中止になった運動会。

今年は、感染対策をしながら2年ぶりの運動会がありました。

スポンサーリンク

コロナ禍で行われた2年ぶりの運動会

感染対策のため、自分の子供の競技だけ観戦可能

今年度の運動会は、感染防止のために子供一人に対して、保護者2名のみ観戦できるスタイルとなりました。

校庭に入る時点で、人数をチェックされて、体調確認がありました。

PTAの役員さんを中心に係りの保護者の方が対応してくださっていて、本当にありがたい…。

例年は誰でも観戦できたので、けっこう混んでいたのですが今年は空いていて見やすかったです。

子供たちは2学年ずつ競技

例年は全学年が校庭に出ていましたが今年は2学年ずつ。

残りの学年は、一人一台配布されているパソコンで観戦したようです。

我が家の子供たちは4年生。

3年生と4年生がセットになっていて、各学年2種目の競技。一つは徒競走で、もう一つはダンス。

順番に競技して、あっという間に子供たちの出番は終了!

いつもは混んでいて撮影場所を見つけるのが大変でしたが、今年はラクラク撮影できました。

例年は「見ていないけど、場所取りだけしている方」もいたりで… 。今年は、校庭にいる保護者は「全員真剣に見ている!」という感じ。

お互いの見やすさのためにも、来年からも、このスタイルを取り入れて欲しいなぁ…と思いました。

運動に苦手意識を持つ、子供の様子

長男も次男も、運動があまり得意ではありません。

そのため、昨年、コロナで運動会が中止になったときは、ほっとしたような表情も見せていました。

でも、今年は2年ぶりの運動会。

練習を重ねているうちに運動会への熱が高まったようです。

土日は近所の公園で走る練習をしたり、家ではダンスの練習をしたり。

特にダンスはとても気に入ったようで、毎日のように練習をしていました。(さらに、運動会が終わってからも練習しています)

徒競走は「今年は5人ずつ走るから、4位を目指す!」と頑張っていましたが、二人とも5位でした。

長男は、4位の子と僅差。次男は一緒に走った子にリレー選手がいたようで、だいぶ差が開いてしまいましたが頑張って走りぬきました。

何位でも、頑張って練習して、走ったなら、それで良し!

でも、やっぱり悔しいから「来年こそは!」と意気込んでいます。

スポンサーリンク

さいごに

感染対策のため、今までとやり方を変えて行われた今年の運動会。

子供たちはマスクを着けて走ったり踊ったりと、ちょっと大変そうでしたが、力を出し切って大満足していました。

昨年は、ほぼ全ての行事が中止となりましたが、今年はやり方を変えて、注意しながら、色々と行っていく予定みたい。

学校側の対策がきちんとしているし、都度、丁寧に連絡をくださるので安心しています。

大変な状況ではありますが、子供たちが健康に楽しく学校生活を送れていることは、ありがたいことなんだなぁ…と、最近よく感じています。

以上、2年ぶりに行われた小学校の運動会についてでした。