【コロナ休校中の育児日記】担任の先生から挨拶の電話がありました。子供の表情がぱっと明るくなったよ!

ガーベラ子育て
スポンサーリンク

先日、子供たちの担任の先生から挨拶の電話がありました。休校が続いていて、担任の先生が発表されても、子供たちが先生に会ったことは、まだありません。

短時間の電話だったけど、子供たちは嬉しそうでした。

スポンサーリンク

担任の先生から体調の確認&挨拶の電話がありました

新年度になったけど、子供たちは一度も学校へ行っていません。

教科書や宿題プリントの配布も私一人で行きました。

お散歩では学校の近くのほうに行って、フェンスの外から誰もいない校庭の様子を眺める日々が続いています。

休校前に育てていたチューリップが咲く時期になったので、お散歩のついでにフェンスの外から眺めて成長を楽しんでいました。

そんな中、新担任の先生から健康状態の確認&挨拶ということで電話を頂きました。先生たちも今はテレワークになっているので、自宅からお電話してくださった模様。

スポンサーリンク

子供たち、先生の声を聞いてパッと表情が明るくなりました!

休校中も家の中で兄弟二人で楽しそうに遊んでいる子供たち。学校が無いのは寂しいけど、家の中に遊び相手がいるので、そんなに退屈はしていません。

でも、自分の担任の先生から連絡がきて、表情がぱっと明るくなりました。

先生とした会話は「宿題で分からないところないかな?」とか「時々は、お外で体を動かしているかな?」といったようなもの。

短時間だったけど、先生の声を聞いて、自分のことを気にかけてもらえて、ニコニコになっていました。最近、学校がぐっと遠い存在になっていたけど、久々に先生とお話する機会ができて本当に良かったなぁと思います。

 

スポンサーリンク

学校からのマメな連絡がうれしい

小学校からは一斉メールを通して、まめに連絡を頂いています。昔だったら、連絡網で連絡していたことが、今は一斉メールで簡単に連絡がとれるので、本当に便利ですよね。

細かいことを色々と連絡を頂けるので、休校中でも「学校、どうなっちゃうんだろう?」という不安を、そんなに感じずに過ごせています。

勉強が遅れることへの不安とかはあるけど、学校側がテキパキと動いてくれているのが分かるので「きっと大丈夫。今を乗り切れば、何とかなるよ!」と思えるのは、心強いです。

自粛生活、日々の暮らしを楽しみながら、前向きに乗り切っていきたい!

自粛生活、8割人との接触を減らすのが目標と言われているけど、我が家の場合は95%くらい接触を減らせています。

夫はテレワークでずっと家にいるし、私は専業主婦で家にいます。子供との散歩も空いている場所・時間を狙っているので本当に人と接触する時間はなくなりました。

自粛生活、大変なこともあるけど、せっかくだからお家の中での楽しみを見つけて、楽しく暮らしていきたいな~と思っています。

今日も良い天気。ベランダでは育てているガーベラの鉢植えにお花が咲き始めました!小さな楽しみを見過ごさずに、前向きに暮らしを楽しんでいきたいです。

▽コロナ休校中に算数の総復習をしました。

▽英語の10分音読も日課にしています。時間がある今だからこそ、始められました!