くみくみスロープで遊んだ感想*ピタゴラ装置好きな男の子におすすめの知育玩具です

小学生の育児
スポンサーリンク

子供たちが長く遊んでいるおもちゃに、くみくみスロープがあります。くみくみスロープは、くもん出版の知育玩具です。

くみくみスロープは、19種類あるパーツを使ってコースを組み立て、ボールを転がして遊ぶおもちゃです。

我が家の子供たちは、3歳ごろから遊び始めて、今は8歳。5年も経つけど飽きずに遊んでいます。

くみくみスロープは、パーツの組み合わせ方で色々な作品が作れるので、何度遊んでも楽しいみたいです。

我が家では、最初に基本のセットを買いました。でも、大きな作品を作るようになりパーツが足りなくなったので追加購入して遊んでいます。

この記事では、くみくみスロープの遊び方や遊んだレビューをまとめています。

スポンサーリンク

くみくみスロープは、コースを作りボールを転がして遊ぶ知育玩具

パーツを組み合わせて、ボールを転がすコースを作る

くみくみスロープは、くもん出版から発売されている知育玩具。くもんに入っていなくても、Amazonなどで購入できます。

くみくみスロープは、パーツを組み合わせてボールが転がる道を作り、ボールを転がして遊ぶおもちゃです。

くみくみスロープには19種類のパーツが入っています。

くみくみスロープ

くみくみスロープ

 

ピタゴラ装置が好きな子におすすめ

我が家の子供たちは、ピタゴラスイッチが大好き。特に、ピタゴラ装置が大好きで、食いつくようにみています。

ピタゴラスイッチで作っている装置は、日用品・文房具などを組み合わせたものですが、実際に真似ようと思うと、結構難しいんですよね。まず、材料をそろえるのが大変…。

でも、くみくみスロープを使えば、パーツがたくさん用意されているので、すぐにピタゴラ装置と似たような遊びを楽しむことができます。

くみくみスロープなら19種類のパーツが用意されているので、簡単に様々なコースを作れて面白いです。

スポンサーリンク

くみくみスロープの遊び方

①まずは作例集を見ながら作り方の練習をする

くみくみスロープには、作例集が付いています。パーツ数の少ないものから多いものまで載っています。

作例集を見ながらパーツを組んでいくことで、コース作りのコツが分かってきます。

最初は、パーツを組んだら、全部完成させる前にボールを転がしてみて「きちんとボールが転がる道になっているか?」を確認しながら、組んでいくと良いです。

※パーツの組み方を間違えると、ボールはうまく転がりません。

 

②自分で自由にコースを組んでみる

慣れてきたら、子供だけでも様々な作品を作れるようになってきます。最近の子供たち(8歳・双子)が組んだ作品はこちら。

くみくみスロープ

左が長男、右が次男の作品

ボールの入り口を二つ作っているのがポイント。どちらの入り口からボールを転がすかで、ボールの進む道は違ってくるので、面白いです。バランスよく組めているなぁと感心しました♪

くみくみスロープ

入り口を二つ作ってみたよ

最近はあえて道路のようなパーツを使わずに、ボールが上から下のパーツへ落ちるようなコースも作るなど、作品の幅が広がってきました。

アイディア次第で、色々なコース作りを楽しめます♪

スポンサーリンク

くみくみスロープの種類

くみくみスロープには4種類のセットがあります。

我が家にあるのは、基本のセットともいえる「NEWくみくみスロープ(リニューアル)」です。

基本セットのパーツだけでも57パーツありますが、子供二人で遊んでいると、すぐにパーツが足りなくなってしまいました。

最初は、基本セットのパーツだけで足りるかなと思っていたんですが、大きな作品を作るようになると足りなくなってきます。

セットを買い足すとき、同じ基本パーツを買い足したのですが、今となっては、他のセットを選んだ方が遊びの幅が広がったかな~と思っています。

ジャンプ&大車輪セットや、ボリュームアップセットには、基本パーツには無い面白いパーツがあります。

▽我が家が購入した基本セット。57パーツ入っています。

▽入っているパーツ数は少ないけど、、基本セットにないパーツがあります。

▽拡張パーツが入っています。透明コースは、ボールの動きが見えて面白そう!

▽基本セットの約2倍のパーツが入っています。これ一つでかなり大きな作品も作れますね。

 

【追記】ジャンプ&大車輪セットを追加購入しました。

くみくみスロープのデメリット

くみくみスロープのデメリットは、パーツの取り外しに少し力がいること。

対象年齢は3歳からですが、3歳で遊び始めたときには、子供一人で組み立てることはできても、パーツを取り外すことは出来ませんでした。

自分たちで自由に組み立てられるようになったのは、4歳くらいからです。(※うちは双子なので標準体型より小さめ。同じ年齢のお子さんより、少し力も弱いと思います。)

親が手伝ってあげれば楽しく遊べます

4歳くらいになると、自分一人でも好きなように組んだり、外したりできるようになってきました。慣れもあると思います。

コース作りをとおして、手の力もついてくるし、ちょうど良いかもしれませんね♪

さいごに

プログラミング学習の一歩としてもおすすめ

くみくみスロープで遊び始めて、早5年。自分で考えてコースを組んでいくので「考える力」が伸びて、いいなぁと思っています。

小学校では今年度からプログラミング学習が始まりますよね。

くみくみスロープは、遊びを通してプログラミングの基礎的な考え方を学べるのでは?と思っています。

くみくみスロープは

  1. 「どんなコースを作るか」を考える
  2. 実際にコースを組み立てる
  3. ボールを転がして、うまくボールが転がるか検証する

遊びです。

プログラミング学習が始まると聞いた時、どんなことを学んでいくのか調べてみて「あ、くみくみスロープの狙いと似てる」と思いました。

子供はそういう狙いを意識せずに遊んでいるわけですが、遊びを通して、論理的な思考が身につくといいなぁと思っています♪

以上、くみくみスロープで遊んだ感想でした。

 

【こんな記事も書いています】

▽小学生男子のプレゼント選び。長く遊べる、おすすめの知育玩具の感想。

▽【くもんの知育玩具レビュー】初めての将棋はスタディ将棋がおすすめです。

▽【おすすめの知育玩具】ピタゴラスプレートも楽しく遊べて、算数の考え方も学べるおもちゃです。

▽【プログラミング学習】スクラッチで学習を始めてみました。