痛みは少ないけど虫歯が進行していた!歯の神経を抜いた話

美容・健康
スポンサーリンク

ちょっと見えづらい場所の歯のスキマが黒ずんでいるのを発見!虫歯かもしれないし、気になるので歯医者さんへ行きました。

痛みはないし、きっと軽い虫歯なんだろうな~。

と思っていたら、かなり進んだ虫歯だと判明!神経も抜くことになりました。本当にショックで…。子供の歯磨きは丁寧にやっていて、子供には定期的に健診も受けさせていたのに、自分のことは後回しにしていたのを反省しました。初めて歯の神経を抜いた時の症状や、歯医者さんに教えてもらったことの記録です。

スポンサーリンク

【症状】痛みは少ないけど歯が黒ずんできた

上の歯に黒い部分を発見しました!痛みはないけど、ずいぶん黒ずんでいる…。数年前に少ししみる感じがあったけど、最近はずっと落ちついていました。「磨きづらい部分だから、虫歯になっているのかもしれないなぁ」と思い歯医者さんで確認してもらうことにしました。自分では初期の虫歯なのかな?って思っていました。

最近急に歯の内側から黒くなってきました。前から5番目の歯のすきまで見えづらい場所なので、気づくのが遅かった可能性もあります。

スポンサーリンク

【歯科受診】虫歯であると判明

歯医者さんで、先生に確認してもらうと「虫歯ですね~!」の一言。レントゲンも取って、虫歯の状況を詳しく調べてもらいました。

レントゲンを撮ると、虫歯の部分が黒くうつるそうです。

スポンサーリンク

隣の歯も虫歯になっていた…

お隣の歯も見事に虫歯になっていました。ちなみに、こちらは痛みは全然なく、自分では全く気付いていませんでした。こちらは神経まではきておらず、軽い虫歯とのこと。他の歯も併せて確認してもらったら、他に3か所ほど虫歯があることが分かりました。

自分なりには、歯磨き頑張っていたんです。電動歯ブラシも使っていたんですが、歯のスキマの歯磨きが不十分だったようです。

今回神経を抜いた歯は、痛みはほぼ無かった

虫歯を削り始めると、かなり進行した虫歯であることが分かりました。虫歯というと、ズキンズキンとした痛みを想像しますよね。でも、そんな痛みを感じたことはなくて、数年前に「歯の横の方が、歯磨きのときにしみるなぁ」と思っていた程度。

その後おちついていたので、しみる歯であったことは忘れていたのですが、虫歯がどんどん進行していたみたいです。

先生が、削りながら、途中経過を見せてくれます。だいぶ削ったところで、

赤い点が見えるのが、神経です。でも、まだ虫歯が残っているの分かりますか?

と一言。確かに鏡で確認すると、まだ残っていました。痛みが無いのに、こんなに虫歯が進行しているなんて驚きでした。先生から「神経が出てきてしまったので、抜くしかないので、抜きます」と言われあっというまに神経は抜かれました。

人生で歯の神経を抜いたのは初めて。あれよあれよという間に神経は抜かれてしまいましたが「神経は1度では抜ききれないから、2~3回通うことになる」と説明がありました。

以前に虫歯の治療をしたのは、もう10年以上も前だと思います。その後、たまに健診には通っていて、虫歯はありませんでした。ここ3年くらいは健診を受けていなかったことを、とても後悔しました。健診にかかる費用は、5,000円くらいだったかな…!?それをケチっていたせいで、虫歯の発見が遅れてしまい、治療に何倍ものお金がかかることになってしまいました。歯に異常がないと健診のことなんて忘れてしまいますが、すごく大事ですね。これからは、定期的に通うおうと心に誓ったのでした。

銀歯にスキマがあき虫歯が再発していた

レントゲンをとり、昔治した歯と金属(銀歯)の間にスキマが空いていることを教えてもらいました。どうやら、長年たつと、金属と歯の間にスキマがあいて、そこがまた虫歯になってしまうケースがあるそうです。確かにレントゲンを見るとスキマが確認できました。

虫歯を治療した部分は、また虫歯を繰り返してしまう運命にあるそうです。一度直したら、安心!というわけではありません(汗)

今回、せっかくなので、そちらの歯もあわせて診てもらうことにしました。せっかく直したのに、また虫歯になってしまうなんて、本当に残念です。そして症状がないもんだから、自分では気づきづらいのも困ります。先生の話では、痛みが出るころには相当進行していることが多いそうです。銀歯の内側なんて自分の目では見えないし、頑張って磨いていても再度虫歯になってしまうなんて、大変すぎます…虫歯は1本も作ってはいけないものなんですね…(泣)

治療にかかったお金(初診)

今回はレントゲンを撮り、2本の歯を削ってもらいました。1本は神経を抜くことになり、もう1本は軽めの虫歯とのことで、保険適用内の白いプラスチックを入れてもらう予定です。今回かかった費用は4,670円でした。(3割負担の金額)

昔は金属を入れることが多かったけど、今は違うそうです。

 今後の治療費(予定)

今回、神経を抜いた歯は、保険適用外の素材(確か、セラミック)をつめてもらった方が、将来的に良いそうです。これが1本10万円くらいするそうです。高いですよね。セラミックは銀歯と違って弾力性があるので、衝撃を吸収してくれるのがメリット。銀歯だと弾力性がないため歯の根元を痛めて歯が割れるリスクが高くなりますが、セラミックの場合は、そのリスクが低くなるとのこと。

でもセラミックも劣化していくもの。一生使えるかどうかは、使う人の食生活や手入れの仕方などによって違ってくるそうです。

もし抜歯になるとブリッジやインプラントで対応することになり、将来的に30~40万円程度の費用がかかってしまうそうです。歯1本あたりの治療費で40万円もかかるなんておどろきました。セラミックは高いイメージがあったけど、最初にセラミックにしておくことで将来歯を長持ちさせられるなら、セラミックを選ぼうと思いました。

さいごに

痛みを感じない歯が、かなり進行した虫歯だと知り、本当にショックでした。でも、きちんと受診して良かったです!

定期的に歯科検診を受けることの大切さを、ものすごーく実感しました!

実は、今回治療をお願いしたのは、初めて受診する歯医者さんでした。夫が親知らずを抜いてもらい「丁寧に説明してくれるし、とっても良かった!」と話していたところに通うことにしました。確かに、治療中も経過を詳しく説明してくれて、鏡で都度見せてくれるので、安心できました。

黒くはなっていたけど痛みが無い歯が、神経を抜くほどの虫歯だと聞いたときも、最初は信じられなくて…。でも、治療中に何度も経過を細かく説明してくれ、鏡を使って歯の様子を見せてくれたので事実を受けとめることが出来ました。だって、痛みもほとんどないので、そんなに虫歯が進行しているなんて信じられなかったんです。

【追記】治療を受ける歯医者さんを変えました

歯医者さんで神経を抜いたことについて、その時点では納得していました。その後、色々調べてみると「神経を抜かなくてすむ治療法がある」ことを知り、ショックを受けました…!その後、歯医者さんを変えて、根管治療を受けています。続きについては、こちらの記事をどうぞ。