双子妊娠のつわりは早い?ほぼ、つわりなしで軽く済んだ体験記

双子双子妊娠・育児
スポンサーリンク

我が家の子供たちは一卵性の双子です。

今回は、双子妊娠中の「つわり」について書きたいと思います。

「双子なら、つわりも普通より大変なんでしょ?二人分だもんね。」とよく言われたし、ネットで調べても「双子のつわりは大変」という情報が多かったので、とても心配になりました。

でも、私の場合は軽いつわりで済みました。

今回は、

  • 私のつわりの体験談
  • つわり対策として試したこと

をまとめています。

▽妊婦さんにおすすめの、全員プレゼントキャンペーン。特におすすめのものをまとめました。

スポンサーリンク

双子妊娠のつわりは重いの?2倍大変と言われるけど…

双子妊娠のつわりは2倍?

双子のつわりでよく聞く噂の一つに「双子の場合は、赤ちゃんが二人だから、つわりも2倍になる」という話があります。

確かに赤ちゃんが二人だと、一人の場合よりは酷そうなイメージで、私もとてもナイーブになっていました。

私が妊娠する少し前に、親戚が妊娠していたんですが(双子ではありません)、つわりが大変で辛いという話をたくさん聞いていました。

私は心配性な性格もあって「双子を妊娠したんだし、自分も大変になるに違いない…!」と必要以上に心配していました。トイレにこもって吐きまくる様子を勝手に想像しては、ナイーブになったり。

妊娠して嬉しい気持ちよりも、「双子を妊娠して心配…。さらに吐きまくるなんて…。」と不安な気持ちで過ごす日々が多かったです。

でも、結局、私のつわりは軽いものでした。

今となっては「過剰に心配しすぎていたたなぁ…」と思います。

後々、双子の妊婦さんの話を聞く機会があったのですが、結局は、つわりの症状は人それぞれ。双子だからと言って、2倍大変というわけではないようです。

赤ちゃんの性別によって、つわりの大変さは異なる?

また、赤ちゃんの性別とつわりの重さも関係するという話を聞きました。

  • 赤ちゃんが男の子だと、つわりが酷くなる
  • 赤ちゃんが女の子だと、つわりが軽くすむ

というもの。

親戚で女の子と男の子のお子さんがいる方が「性別によって、つわりの重さは違ったよ~!」と教えてくれて、周りも同調していたので、私も信じ込んでしまっていました。

どうやら、女の子だと自分と同じ性別だからつわりも軽く済むそうなのです。男の子だと、自分と逆の性別だから、体が「なんだ?」と反応を示して、つわりが重くなるとか…。

双子

でも、結局、私の場合は、男の子二人の双子を妊娠したけど、軽いつわりですみました

うわさを信じて、心配しすぎたのは反省点です…

双子妊娠に関しては情報が少ないのと、妊娠に関するうわさは色々あるので、余計に心配になってしまうんですよね。

私も、双子ママさんのブログを読んだり、双子妊娠・出産本を読んだりして必死に情報を集めました。いろんな体験談を読んでは、余計に心配になってしまうことも…。

今、思うのはつわりも妊娠の経過も人それぞれということ。

もちろん、色々な情報に触れるのは良いことだと思います。いろんな判断をする上で、やっぱり体験談は役立つので。

でも、過剰に心配するのは良くないな~と思いました。(私は心配しすぎて、疲れました。)

ある程度の情報収集は大切だけど、心配しすぎずに、リラックスして過ごすのが良いと思います♪

▽双子妊娠・出産について知るため、読んだ本はこちら。残念ながら、双子妊娠についての本はとても少ないです。この本は双子妊娠・出産について大体のことはカバーしているので、一読すると「双子ってこんな感じなんだな」と分かり、安心できると思います。

双子妊婦さんにおすすめの本については、別途記事にまとめています。良かったらどうぞ。

スポンサーリンク

双子妊娠の体験記

双子妊娠だけど軽いつわりでした

私の場合、つわりについて、すごく心配したのに、結局一度も気持ち悪くなったり、吐いたりすることはありませんでした。

逆に軽すぎて「今、つわりの時期のはずだよね?」って心配になるくらい。これから酷くなったりするのかも…?と思ったりしていたけど、結局、1度も吐くことはありませんでした。

リフトアップマタニティブラ産後の垂れ胸を防ぐ授乳ブラ!

吐き気と違う症状がありました

つわりなのか微妙ですが、早い段階から次のような症状がありました。ちょうど、一般的な、つわりの時期と同じくらいに起きた症状です。

今思うと、これが私にとっての、つわりだったのかもしれないと思っています。

私が妊娠初期から変化を感じたのは、

  • とにかく疲れやすい(15分くらい歩くと、ヘロヘロになる)
  • なぜかおしりのあたりが痛い(結局、理由は分かりませんでした)

という症状。

双子

とにかく疲れやすい

少し歩いただけで、すごく疲れてしまうので、ほとんど家で過ごしました。

10分歩くとヘロヘロで、15分歩くと辛くてしょうがない。疲れすぎたのか、鼻血を出してしまうこともありました。(鼻血が出たのは1回だけで、それ以来、疲れすぎないように意識的に気を付けるようになりました。)

妊娠は病気とは違うから普通に過ごしてよいとも聞くけど、双子妊娠に安定期は無いと言われていて、やっぱり普通の妊娠とは違います。

その後、色んな双子妊婦さんの姿を知ることになるのですが(管理入院でたくさんの双子妊婦さんの様子を知ることになりました)、双子妊娠の場合は過保護なくらいに自分の体を大事にして過ごした方が良いです。

私の場合、妊娠6か月頃には昼寝をしないと一日をやり過ごせませんでした。体を起こしているだけで辛くて、椅子に座っているのさえも疲れて無理。寝た姿勢以外は辛かったし、疲れてしまってダメでした。

もちろん、家事をするのも大変で…。体調の良い時間帯を狙って、なんとかやり遂げていました。

私はこの大変な時期に、自炊に拘ってしまったので更に自分を苦しめてしまったんだと思います。きちんと食事をすることは大変ですが、宅食などを利用してみれば良かったな…と思っています。

当時、出産直後の親戚が利用していて、お弁当などを届けてもらっていました。

すごく便利そうで「試してみたいな…」と思いつつ「ちょっと高いかな?」とか気にしてしまって。でも、大変な時期は限られているんだし、利用してみれば良かったな~と思っています。

まずは、安静にして体に負担をかけないことが大切なので。

おしりが痛い。円座クッションを愛用することに

2つ目の「おしりが痛い症状」についても、妊娠初期から始まりました。

座るとおしりのあたりが痛いくて普通に座っていられませんでした。しょうがないので、産後に利用するような円座クッションを買って、常に使っていました。

健診時に、先生に聞いてみても「特に問題ないですよ。妊娠の経過は順調です。」という答え。結局、今振り返ってみると、とても順調に妊娠期間を過ごし、管理入院を経て、37週の帝王切開で出産しました。

管理入院は病院の方針で必ず入院と決まっていました。(お腹への負担を減らすために、寝たきり生活で過ごしました。)体調は良かったけど、妊娠8か月目から2か月ほど入院しました。

自分では「早産になったらどうしよう…」と勝手に心配しましたが、結局、大丈夫でした。

でも、快適に過ごせるように、体に負担をかけないように円座クッション買って注意していたから、無事乗り切ることができたのかもしれませんしね。体をいたわるのは、やっぱり大切だよね!と思います。

トマトソースとデニッシュパンが無性に食べたい

食べ物の好みについては、そんなに変わらず、比較的なんでも食べられました。よく「ごはんが炊けるにおいが嫌!」という噂を聞くけど、まったく大丈夫でした。

食欲は普通にあり、もりもり食べていました。

「これが嫌だな。食べたくないな。」というよりは、

  • トマトソースのパスタが食べたい
  • デニッシュパンが食べたい

という感じになりました。

なぜか無性にトマトソースのものが食べたくなり、よくトマトソースのパスタを食べていました。

***

妊娠初期の私は、食への意識が低かったこともあり、食事は「一日3食、食べていれば良し」というレベルでした。(お恥ずかしい)

だから、トマトソースのパスタも、毎回レトルトのソースで作って満足していました(汗)

でも、その後「お腹の赤ちゃんのために良いものを食べたいな」と思うようになり、【生活クラブ】 (生協)に加入しました。

加入して、食についての色んな情報に触れて「今までの私は、なんてお腹の子供に悪い食品をとっていたんだろう…」と後悔することに。

スーパーで安い食品を買うのが癖になっていて、パッケージ裏の食品表示とかは、あんまり注意していませんでした。

知らなければ気にならないんだけど、知るとやっぱり怖い。

今までの食生活を悔やんだけど、妊娠をきっかけに見直すことができて良かったです。添加物・農薬はとらないで済むなら、その方がいいですよね…。

お腹には二人の赤ちゃん。赤ちゃんが元気に健康な子に育つかは、私の過ごし方・食べ方次第。妊娠をきっかけに、食を見直すことになったのは、とても良かったです。

(あと、生活クラブだと配達してもらえるので、自分で重いものを持たなくて済みます。妊娠時代にも、子供が小さいときにも、とても助かりました。)

▽生活クラブに加入を決めたときのこと

スポンサーリンク

つわり対策として試したこと

一般的なつわりの症状(気持ち悪い、吐く、食欲がない)はほとんど無かったけど、そのかわり

  • とにかく疲れやすい。お昼寝しないとやってられない。
  • おしりが痛い(円座クッションが手放せない)
  • トマトソース、デニッシュパンを食べたい

という症状があった私。

食の好みの変化については特に困りませんでしたが「疲れやすい」のと「おしりが痛い」のは、本当に辛くて毎日大変でした。

妊娠中の経過に問題があるわけではなく、妊娠による症状の一つでした。

そんな症状を和らげるためには「元気に過ごせるように体調に気を整えること」が大切なんだろうな~と思い、以下のことに気を付けました。

飲み物をノンカフェインに変えた

飲み物をノンカフェインのものにしました。妊婦さんにカフェインは良くないと言いますしね。

妊婦さん向けのノンカフェインの飲み物としては、たんぽぽコーヒーが有名ですね。妊娠当時の私は、たんぽぽコーヒーを飲んでいたのですが「やっぱりコーヒーとは別な飲み物だよね」という印象。

私にとっては「濃い目の麦茶??」という印象で、正直、味はあんまり好きでは無かったです。(でも、妊婦さん向けだと聞いて頑張って飲んでました。)

調べてみると、最近はたんぽぽコーヒーに限らず妊婦さん向けのノンカフェイン飲料が色々あるみたい。いろいろ試してみるのも、リフレッシュになるし、良いかもしれませんね。

生活クラブに加入して食生活を変えた

妊娠中、お腹の中には二人の赤ちゃん。私が食べたものが、子供たちの体をつくることになるので、食への意識が高ましました。

それまでは、安ければ良いと思って、買い物をしていたのにね…。

夫のすすめで、【生活クラブ】 (生協)に加入することにしました。

夫の実家では何十年も前から生活クラブ(生協)にお世話になっており「添加物や農薬も少ない食べ物が買えるし、おいしいよ~」という話は聞いていたので、気軽な気持ちで加入してみました。

最初は「高かったり、受け取りが面倒だったら辞めればいいや~」と思っていましたが、実際に利用してみたら美味しいし、便利だし、思っていたより値段も安くて、もう9年くらいお世話になっています。

無理して歩いていたら、鼻血が出た!それ以来、意識的にグータラすることに。

普段の私は、どちらかというとセカセカ動いてしまうタイプ。「〇〇しなければ」みたいな意識が働きやすくて、妊娠初期も無理をしてしまうことが多かったです。

妊娠初期に引っ越しをしたんですが、頑張りすぎて疲れちゃったり。

妊娠初期って前の自分とそんなに変わらない気がしているから、無理をしがちだったな~と反省しています。双子妊娠は安定期がないというし、ずーっと安静に過ごした方がよいです。

10分くらい歩いただけで(自分では相当疲れは感じているけど、まだ10分くらいだし…と思って頑張って歩いていた)、鼻血を出してからは「もう無理をするのはやめよう」と思いました。

前だったらなんてことなくても、今はお腹に二人も赤ちゃんがいるんですし…!今、ゆっくりしなくて、どうする!くらいの気持ちで、くつろぐと良いと思います。

(※双子が生まれてからは本当に忙しくなりますよ~)

ぐーたらしているようでも、それはお腹の赤ちゃんのため。とにかく無理をしないようにしました。

妊娠初期に大切な栄養素「葉酸」はサプリメントで摂取する

つわりで食事がとれないと「きちんと赤ちゃんに栄養が届いているかな?」と心配になりますよね。

つわりは妊娠初期から始まりますが、妊娠初期に特に赤ちゃんの成長のために大切な栄養素があります。食事がとれない場合は、サプリメントで摂取した方が良いと思います。

妊娠初期に大切な栄養素には「葉酸」があります。

葉酸はホウレンソウなどに含まれている栄養素。私は妊娠が分かってから出産まで毎日必ず摂取していました。

ちなみに、双子だからといって2倍栄養が必要なわけではありません。

実は私、心配でお医者さんに質問してみたんです…。すると、先生は「赤ちゃんが二人いるけど、まだまだ、小さいんだし2倍の栄養は必要ありませんよ」と先生が教えてくれました。

本を読んで情報収集。双子妊娠・育児を知ることで不安を和らげる

情報を得ることで、必要以上に心配せずに済む

双子育児に関しての情報収集もよくしていました。双子ブログを読んだり、本を読んだり。

私にとっては初めての妊娠だったので、まず妊娠についてが未知の世界。そのうえ、双子だから余計心配が募っていたんです。

これからどんな体の変化が起こるのか、知らないと「大丈夫なのかな?何か問題起きているんでは…」と心配になってしまうことも。

でも、情報収集したことで「今はこういう時期なんだな」と知れたので、余計な心配が減りました。

「ブログは一つの体験談でしかない」ことに注意!

私はたくさんの双子ブログを読み漁りました。もちろん、ブログで情報を仕入れるのも良いことだと思います。でも、偏りがあるのも確かです。

双子妊娠でとっても苦労した、心配だったという話が目立つからです。でも、そういう思いがあるからこそ、ブログを書きたくなるというのも実際のところだと思います。

ブログはあくまでも、書き手の一つの体験談でしかありません。

ブログもいいけど、まずは本で情報するのが良いと思います。本は専門家が監修していることも多いし、もっと一般的な内容を知ることができます。

最初は本で双子妊娠に対する一般的な内容を知ってから、ブログとかで個人のリアルな体験談を知るのが良いのかなと思います。

私が双子の妊娠・出産について読んだ本はこちら。双子に関する一般的な内容がよくまとまっています。

▽双子妊娠ではなく妊娠全般についての本なら、はじめての妊娠・出産安心マタニティブック―お腹の赤ちゃんの成長が毎日わかる!がとってもおすすめです。

妊娠した日から出産日まで、毎日の赤ちゃんの成長と母胎の変化、栄養アドバイスなどがまとめられている本です。

日々の変化が分かるので、読んでいて楽しい♪メモも書き込めるようになっています。

▽双子の本のレビューはこちら。

ゼクシィの妊婦さん向け情報誌(無料)がおすすめ

ゼクシィに登録すると、妊婦さん向けの情報誌『ゼクシィBaby 妊婦のための本』を無料で届けてもらえます。

【公式】妊娠・出産・育児の情報サイト | ゼクシィBaby

情報誌は

  • 隔月発行
  • 自宅まで無料で配送

してくれます。

双子妊娠に限定した内容ではありませんが、妊娠全般に関することが知れます。

医師監修の内容も載っており読みごたえがありますが、ファッション雑誌のようなおしゃれな雰囲気の情報誌なので読みやすいと思います。

さいごに

妊娠中は不安なことが多くて、過剰に調べすぎて、自分で不安をあおってしまうことも、何度もありました。

結局、つわりや妊娠の経過は、人それぞれなんですよね。

双子妊娠のつわりは大変だと聞きますが、私の場合はとても軽かったです。「そんなに心配にならなくても大丈夫だよ~」ということを伝えたいです。

そして、心配なことはお医者さんに相談してみるのが一番だと思います。ネットで調べていると、たくさんの情報があって余計心配になってしまうことも多いです。

元気な赤ちゃんが、生まれますように!

【こんな記事も書いています】

▽妊婦さんにおすすめの全員プレゼント。おむつの試供品などもらえて、試せますよ♪

▽双子妊娠が判明してからでも、加入できる保険の話。

▽妊娠8か月からは管理入院しました。2か月の入院生活で準備した物(まとめ)

▽双子育児で役立ったもの・必要なかったものをレビュー。

▽双子妊娠でできた妊娠線、子供がつぶやいた一言に感動した話。