【しゃっくりの止め方】子供や赤ちゃんでも簡単にできる方法

しゃっくりを止める方法暮らしのメモ

子供がよく「しゃっくり」をします。先日も次男がオンライン英会話のレッスン途中に、しゃっくりが止まらなくなってしまいました。

でも、その時にオンライン英会話講師のフィリピン人の先生に習った方法を試してみたら、あっという間に治ってしまい、びっくりしました。

赤ちゃんや子供でも簡単に出来る方法なので紹介したいと思います。

スポンサーリンク

子供や赤ちゃんでも簡単にできる!しゃっくりの止め方

①冷たい水をたくさん飲む

一つ目は、水を飲む方法です。水を飲む方法は日本でも一般的ですよね。我が家では、いつもこの方法を試していました。

でも、子供に水を飲ませても、なかなか止まらないことも多かったです。

先日のレッスン時も次男のしゃっくりが止まらないので、水を飲ませてみたものの、しゃっくりは止まらず…。

その様子を見ていたオンライン英会話の先生(フィリピン人)が、「水を飲んで止める場合は、冷たい水をたくさん飲むと止まるよ。マミー、冷たい水を持ってきてあげて!」と話していて。

(もちろん、英語でですが…)

冬で水道水がすごく冷たかったので、急いで冷たい水をコップ1杯分飲ませてみると、

しゃっくりが、すぐに止まりました!

フィリピンに限らず、日本でも「しゃっくりが出たときは、水を飲むと止まる」と言われていますよね。でも、早くしゃっくりを止めたいなら「冷たい水をたくさん(コップ一杯程度)飲む」と効果的です。

水を飲んでしゃっくりを止める場合は「冷たい水」を「コップ一杯程度」飲むと効果的。

②小さくちぎったティッシュを水で丸めておでこに貼る

フィリピン人の先生に教えてもらった、しゃっくりを止める方法の2つ目が「小さくちぎったティッシュを水で丸めて、おでこに貼る」というもの。

上記の「冷たい水を飲む方法」がうまくできない、小さな子供や赤ちゃんの場合にフィリピンではよく行われている定番の方法だそうです。

ティッシュが近くにない場合は、紙でも良いそうです。小さく丸めて水で濡らすのがポイント。それをおでこの中心あたりにペタッと貼ります。

この方法を聞いて、私も子供も「えー!!」と笑っていたのですが、先生は「本当よ!よく効くのよ~!」と話していて。

後日、子供のしゃっくりが止まらないときに試してみました。

すると…本当に、しゃっくりが止まったんです!

それまで何回もしゃっくりしていたのに、おでこに「ピタっ!」と押し付けてみると、その後、一回もしゃっくりをしなくなりました。

先生から話を聞いたときは信じられなかったけど、本当に効果があったので家族みんなで驚きました…!

ちなみに、小さく丸めたティッシュをおでこに貼ったら、すぐに落ちてしまうんじゃないかと思いましたが、体を起こした状態でも数分大丈夫でした。

もしかしたら、おでこの中心あたりに、しゃっくりに効くツボがあるのかもしれませんね。

簡単に出来る方法なので、赤ちゃんのしゃっくりが止まらない場合などに試してみてください。

赤ちゃんのしゃっくりを止めてあげたい場合は「小さくちぎったティッシュを、水で丸めておでこに貼る方法」がおすすめ。

スポンサーリンク

さいごに

今回、フィリピン人の先生から教えてもらった、しゃっくりの止め方。とても簡単なのに、すぐに効果があって驚きました。

特に、ティッシュを丸める方法は赤ちゃんにも使えるので、おすすめ。

我が家の子供たち、小さいころも、よくしゃっくりをして苦しんでいたので、早くこの方法を知りたかったです。

オンライン英会話を習っていると、フィリピンと日本の違いにびっくりすることがありますが、しゃっくりの止め方も国によって違うんですね。なかなか面白いです♪

以上、しゃっくりの簡単な止め方についてでした。

【こんな記事も書いています】

▽乗り物酔いが酷いので「かけるだけで、乗り物酔いが軽減するメガネ」を使っています。酔い止めを飲む回数が減りました。

▽子供が習っているオンライン英会話の感想。ハッチリンクジュニアの先生に、しゃっくりの止め方を教えてもらいました♪

▽小学生の英語学習。1日10分の音読を続けてみて感じたこと。

▽小学生(低学年)におすすめの児童書。子供が好きな本のリストと感想。