小学3年生の読書感想文に選んだ本のこと。書き方のコツなどのメモ

小学生の育児
スポンサーリンク

小学3年生の夏休みの宿題に読書感想文があります。子供たちの学校の場合、指定の本は無くて「マンガ以外のもの」という条件だけでした。

ちなみに、夏休み中に、自分だけで読書感想文をまとめるのではなく、読んだ感想を設問付きのプリントにまとめる宿題が出ています。そのプリントに書き留めた内容をもとに、夏休み明けの授業で読書感想文を書くそうです。

プリントの設問を見ると読書感想文をまとめる上でのポイントが分かるので、今回は、そのプリントの設問内容も記録しておきますね。

同じように小学生の読書感想文で「何を読ませよう?どうやって書けばいいの?」と悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

小学3年生の読書感想文におすすめの本は?選んだ本のこと

読書感想文の本、何を選べばいいの?

ネットで調べると、小学3年生の読書感想文におすすめの本が色々と出てきました。でも、子供たち(小学3年生の双子)が「自分たちで、図書館で選びたい」というので、子供たちと図書館で選ぶことにしました。

でも、「読書感想文に向いた本」という視点で選ぶのが、意外と難しかったです。

子供たちは最近よく読んでいる、ほねほねザウルスやポプルシリーズを選びたがるのですが、読書感想文向きじゃないんですよね…。普段読む本としてはいいけど、宿題向きではない印象です。

読書感想文を書くからには、

  • 昔から読まれている名作
  • ちょっと考えさせられる系の本

を選んだ方がいいのかな、と思います。

小学3年生の子供たちだけで「読書感想文に適した本」を選ぶのは難しいようだったので、私も本選びを手伝うことにしました。

 

▽【参考】小学3年生が夢中になっているシリーズ本のこと。いつもの読書は、色々楽しめばいいんだけどね…。

▽【参考】小学校低学年のときから大好きな本のこと。

 

図書館の「読書感想文におすすめの本」コーナーから選んだ

色々と悩んだ結果、結局、図書館の【読書感想文におすすめの本コーナー】に展示してあった本から選ぶことにしました。(ありがたや~!)

結局、借りたのは、

  • 注文の多い料理店
  • トム・ソーヤの冒険
  • オズの魔法使い

です。とりあえず、3冊借りてみて、この中から読書感想文が書きやすそうな本を選ぶことにしました。

ちなみに、図書館でおすすめされていた本は、昔からの名作が多かったです。上記の他にも「あしながおじさん」や「小公女セーラ」「日本の昔話」「赤毛のアン」などがありました。

迷ったら、名作を借りておけば大丈夫だと思います。

 

スポンサーリンク

学校の読書感想文用プリントの内容

子供たちの学校では、夏休み中に自分で選んだ本を読み、感じたことをプリントにまとめます。そして、夏休み明け後の授業で、そのプリントをもとに、読書感想文を書くという予定になっています。

読書感想文を書くのは初めてなので、授業の中で取り組むみたいです。

今回、夏休みの課題として出されているのは、その前段階となる「本を読んだ感想などを、箇条書きでまとめるプリント」です。このプリントの設問に対して、自分の考えをまとめていくことで、読書感想文の下地ができる感じです。

「子供の読書感想文、どんな視点でかけばいいの?」と迷った方の参考になるかな~と思うので、プリントの内容をまとめておきますね。

読書感想文を書く前に、箇条書きにしたこと
  • 本の題名
  • その本を選んだ理由
  • 驚いたこと、感心したこと、ふしぎに思ったことなど(本を読んで感じたこと、考えたこと)
  • 本に興味を持ってもらうための呼びかけ

当たり前の内容と言えば、そうなんですが…まぁ、読書感想文に書くのってこういう感じですよね。

初めて読書感想文を書くときにやってしまう間違いとしては「自分の考えを含めずに、お話の内容ばかりを要約するような感じで書いてしまうこと」があると思います。

でも、上記の設問をもとに、特に印象に残った部分について、自分の考えをまとめていけば、それなりの形になりますよね。

いきなり子供に読書感想文を書かせようと思っても難しいので、上記の設問をもとに、感じたことなどを箇条書きにして自分の頭の整理をさせると良いと思います。

私も読書感想文、得意とは言えないんですが…。苦手だからこそ、なんでもいいから、まずは箇条書きにして頭を整理すると、その後の文章の組み立てがしやすくなるな~と感じています。

スポンサーリンク

読書感想文に選んだ本:注文の多い料理店

名作かつ、文章の長さも小学3年生におすすめ

次男が選んだのは注文の多い料理店。名作で、教科書にもよく採用されていますよね。私も昔、教科書で読んだ記憶があります。

子供たちの学校の教科書には、まだ出てきていないそうなので、ちょうど良かったです。

 

最後のどんでん返しが、意外性があって面白い

注文の多い料理店は、最後のどんでん返しが面白い一冊。料理店に入った二人が、食事をするための準備を進めていくと、実は…。という意外性のある本です。

自分が食事にありつくための準備だと思ってやっていたことが、実は誰かの食事のためだったという結末なるんですよね。考え方を少し変えてみると、別の一面が見えてくるというお話です。

小学校3年生なので、このお話を通して「社会の色んな側面に思いを膨らます…」まではいきませんが、最後の意外な展開が面白くて、小学3年生の次男はあっという間に読み終えていました。

さいごに

本選びで、書きやすさも変わってくると実感…

次男は、注文の多い料理店を選び、順調に読書感想文プリントの宿題を終わらせました。でも、長男(双子なので、同じく小学3年生)はオズの魔法使いを選び、ちょっと苦戦しています。

オズの魔法使いは、一つのストーリーの中に小分けにいくつかのお話が入っているので、注文の多い料理店より、感想がまとめづらそうです…。ページ数も、結構ありますしね。どこの場面から、どう感想をまとめていくか迷っているようです。

次男と長男の様子を見て、小学3年生の子供の読書感想文の本には、一つの大きなテーマがある本の方が、書きやすいかもしれないな~と思いました。

 

イソップの短編名作も、感想が書きやすかったです

ちなみに、2年生の頃も同様の宿題がありました。今回のように授業で読書感想文は書かずに、本を読んだ感想のみ、箇条書きにプリントにまとめるというものでした。

2年生の頃は、イソップ物語がまとめられた本を用意して、その中から一つ選んで感想をまとめました。「金のおの、銀のおの」「いなかのねずみと、まちのねずみ」「きつねとつる」「ひつじかいとおおかみ」など、短くて起承転結の分かりやすいお話が多いので、あっという間に、感想をまとめることができました。

最近は、以前よりぐっと長めの本を好んで読むようになったので「注文の多い料理店」と「オズの魔法使い」を選んだのですが、本選びに迷ったら、イソップ物語も書きやすいのでおすすめです。

以上、小学3年生の読書感想文に選んだ本のことでした。

 

▽簡単な実験をしてみました。液体になったり、ドロドロになったり面白いです。

▽スタディサプリの小学生講座を始めました。

▽3歳からずっと好きな、くみくみスロープのレビュー。