リザンシーパークホテル谷茶ベイのプールと海を子供と満喫!子連れ旅行の感想

沖縄旅行

初めての子連れ沖縄旅行で選んだのはリザンシーパークホテル谷茶ベイ。

利用してみて、子連れにぴったりの大型リゾートホテルだと実感しました。とても気に入ったので、子連れ沖縄旅行の2回もリザンシーパークホテル谷茶ベイを利用したほど。

この記事でリザンシーパークホテル谷茶ベイを利用した感想をまとめています。

初めての子連れ沖縄旅行にぴったりのホテルでした。

スポンサーリンク
  1. 子連れ沖縄旅行のホテル選びで重視したこと
    1. 初めての子連れ沖縄旅行。ホテル選びで重視したこと
  2. リザンシーパークホテル谷茶ベイが子連れにおすすめな理由
    1. 海はホテルの目の前にあるので移動がラク
    2. 予算に応じた部屋選びが出来る
      1. オーシャンビューの部屋でも、意外と安い
      2. グリーンビューの部屋はとにかく安い
    3. バイキングメニューが豊富。子供の食事に困らない
      1. 私のおすすめは、多国籍料理。グレード高いです!
    4. ホテルの中で楽しめることが多い
  3. リザンシーパークホテル谷茶ベイの海・ビーチ
    1. ホテルの目の前に天然ビーチが広がっている
    2. マリンハウスでレンタルできるもの
    3. リザンシービーチで遊ぶなら、マリンシューズを用意すべし!
    4. アクティビティが手ごろな値段
    5. リザンアドベンチャーのこと
    6. 【注意】アクティビティ潮の満ち引きで利用できない時間帯が多い
    7. ビーチには砂場セット(無料)がありました!
  4.  リザンシーパークホテル谷茶ベイのプールのこと
    1. 屋外プールは浅い子供用プールもありました!
    2. 屋内プールには、小さな子供が楽しめるアクティビティがある
      1. 屋内プールは、子供用・大人用に分かれている
      2. 子供向けのアクティビティがたくさんありました
      3. 屋内プールは天気の悪い日でも、遊べるので良かった!
  5. 【安く沖縄旅行へ行く方法】今回利用したプランのこと

子連れ沖縄旅行のホテル選びで重視したこと

初めての子連れ沖縄旅行。ホテル選びはとっても迷いました。私がどんな観点でホテルを選んだか?についてまずは書いておきたいと思います。

(※私たちがリザンシーパークホテル谷茶ベイを利用したのは、2017年5月と2018年7月です。)情報は当時のものになりますので、最新の情報について公式ホームページをご確認ください。

初めての子連れ沖縄旅行。ホテル選びで重視したこと

ホテル選びで重視したのは、以下のことです。

  • 海の目の前のホテルに泊まりたい
  • ホテルで管理するビーチがあるところ(クラゲネットがあるから)
  • オーシャンビューの部屋に泊まりたい
  • 宿泊料金が手ごろ
  • 小さい子供用のアクティビティもある
  • ホテル内でイベントをしている
  • ホテル内に売店がある
  • 那覇空港から近めのところ(車で1時間~1時間半程度)

私たちが利用したのは、7月のベストシーズンで、1年のうちで一番料金が高くなる時期です。

ビーチ沿いのホテルはたくさんあるけど「手ごろな値段」で泊まれるホテルはなかなかありませんでした…。そんな中、リザンシーパークホテル谷茶ベイは大型ホテルだけど、そんなに豪華ではないからか、手ごろな値段でした。

古さは少し感じるけど、清掃はされているし、お楽しみはたくさん!庶民の我が家にとってはぴったりのホテルでした。

楽天トラベル:宿泊予約
リザン シーパークホテル谷茶ベイの設備・アメニティ情報: 総部屋数826室。館内設備: レストラン、ティーラウンジ、バー、居酒屋コーナー、宴会場、会議室、結婚式場、大浴場、サウナ、禁煙ルーム、他。部屋設備・備品: テレビ、衛星放送、電話、インターネット接続(無線LAN形式)、湯沸かしポット、お茶セット、冷蔵庫、ドライヤ...
リザンシービーチ

部屋のベランダから撮影した景色。エメラルドグリーンの水がきれい!

あと、ホテル選びでネックになったのが那覇空港からの距離。

美ら海水族館の方にもステキなリゾートホテルが多いけど、うちの子供たちは車酔いをするので、遠いのはネックになりました。西海岸なら他のビーチリゾートに比べて、那覇空港から近いのも良かったです。

▼【車酔い対策グッズ】かけるだけで車酔いに効果がある「車酔い止めメガネ」を使っています。

スポンサーリンク

リザンシーパークホテル谷茶ベイが子連れにおすすめな理由

リザンシーパークホテル谷茶ベイは、沖縄県恩納村にある沖縄で一番大きいオン・ザ・ビーチのリゾートホテルです。

場所は、沖縄海岸国定公園に位置していて、ホテルの目の前には、なんと800メートル続く天然ビーチが広がっています!

海はホテルの目の前にあるので移動がラク

海はホテルのすぐ目の前にあるので、子連れで移動するのもラクラクでした。部屋で水着に着替えて海へゴーです。ホテルの部屋からだったら、3分くらいで着くかな。

館内を水着で移動するのは一応禁止されているので、上にラッシュガードを着て移動すれば大丈夫です。

海へ行くときは、ホテルの海側にある出入り口を利用すればOK。もう目の前が海なんですよ。たくさん沖縄の海で泳ぎたい!と思っていたので、我が家にとってリザンシーパークホテルは希望ぴったりのホテルでした。

海が目の前なので、遊んだあとのシャワーは部屋でゆっくりと浴びることが出来ました。
ビーチグッズ

部屋のベランダは広いので、水着も干しやすかったです。

オーシャンビューの部屋を予約したので、みんなが遊んでいる様子がすぐ見える!すると、また遊びたくなっちゃって…何度も海と部屋と行き来しましたが、すぐに海にアクセスできるので、とっても便利でした。

予算に応じた部屋選びが出来る

リザンシーパークホテル谷茶ベイはリゾートホテルとしては手ごろな値段。大型リゾートなんですが、少し古めですからね。(でも、キレイに清掃されているので古さは気になりませんでした。)部屋のタイプもいくつかあって、予算に合わせて選べます。

オーシャンビューの部屋でも、意外と安い

私たちはリゾート気分を満喫したかったので、オーシャンビューの部屋を予約しました。オーシャンビューの部屋はグリーンビュー(道路が見える)に比べると、高めです。

でも、添い寝プランを利用したので、オーシャンビューの部屋でも手ごろな値段で利用できました。オーシャンビューでも部屋の場所によって、見える景色は違うみたいで少し心配でしたが、私たちが利用した部屋からは海が真正面に見えました。

リザンシーの海

添い寝プラン(ハリウッドツイン)の部屋からの景色

添い寝プランでハリウッドツインの部屋を利用しました。価格的には、一番安い部屋だと思うのですが、正面に海が見渡せました。

▼添い寝プランを利用した感想についてはこちら。子供が小さいうちの特権ですね。

こちらは、リザンシーパークホテル谷茶ベイに2回目に泊まった時の写真。私たちが利用した日は、空いていたようで、コーナールームにグレードアップしてくれました。(もちろん追加料金なしです。)

コーナールームは4ベッドの広いお部屋。お部屋も大きいけど、窓も大きいので開放感がありました。お部屋からは、隣にあるシェラトンのサンマリーナビーチの灯台が見えました。

リザンシーパークホテル谷茶ベイの部屋からの景色

シェラトンの灯台が見えました。青い海に白い灯台がステキでした。

グリーンビューの部屋はとにかく安い

リザンシーパークホテル谷茶ベイには、グリーンビューのお部屋があります。グリーンビューという名前ですが、見えるのは道路だそうです。(私たちはグリーンビューの部屋は利用したことがありません。)

お部屋からの景色は気にしない場合や安く泊まりたい場合は、グリーンビューのお部屋がおすすめ。私は利用したことはありませんが、プランを見るとすごく安いんです!

ベストシーズンは、大型リゾートホテルの料金がぐっとあがります。リザンシーパークホテル谷茶ベイもその一つで、オーシャンビューの部屋はすごく高いです…でもグリーンビューだと、手が届く感じの価格でした。

夏に「大型リゾートホテルを利用したいけど、安く済ませたい」という場合は、グリーンビューを選ぶといいと思います。部屋からは海が見れないけれど「ホテル自体は、海の目の前」なんですし。お部屋からビーチまで歩いてすぐというメリットはありますからね。

リザンシービーチ

リザンシービーチ

バイキングメニューが豊富。子供の食事に困らない

リザンシーパークホテル谷茶ベイのレストランは

  • 和洋中
  • バーベキュー
  • 多国籍料理

があります。

連泊しましたが、毎回違うレストランを利用したので飽きることはなかったです。レストランはバイキングが基本なので子連れでも利用しやすいのも良かったです。

私のおすすめは、多国籍料理。グレード高いです!

私が一番気に入ったのは、多国籍料理。和食なども利用しましたが、ここが一番、料理の質が高い気がしています。オードブルとかも丁寧に作られていてお洒落&おいしかったです。

ホテルのレストラン

多国籍料理のレストランには、キッズコーナーもありました。メニューは

  • ニコニコマークのフライドポテト
  • ウィンナー
  • チャーハン
  • からあげ

などなど。ただ、キッズコーナーのメニューは少な目だし、そんなに美味しいわけでもないので、大人のメニューを選んだ方がいいかな、というのが正直な感想。子供が喜びそうなものとしては

  • 沖縄そば
  • デザートバイキング
  • ピラフ
  • スパゲティ
  • ピザ
  • チョコレートファウンテン

などがあります。(大人メニューの方にあります。)

ホテルの中で楽しめることが多い

リザンシーパークホテル谷茶ベイは大型リゾートホテル。ホテル内に、プールや売店、キッズ向け遊具、ゲームコーナーなどもあります。夜には無料のエイサーショーもあります!(エイサーは必見!!)

▼リザンシーパークホテル谷茶ベイでの、おすすめの楽しみ方をまとめました。

子連れだとホテル内にお楽しみがあるのはありがたい!移動がらくですからね。それに、疲れたときにお部屋で休憩できるのもいいです。

あと、お天気が悪くてもホテル内で楽しめたので良かったです。本当は全部晴れならいいんだけど、こればっかりは分かりませんからね。プール、売店でお土産選び、エイサーショーを見て1日過ごしました。

スポンサーリンク

リザンシーパークホテル谷茶ベイの海・ビーチ

ホテルの目の前に天然ビーチが広がっている

リザンシーパークホテル谷茶ベイの目の前には天然のビーチがあります。なんと、沖縄海岸国定に位置する800m続く天然の白浜ビーチ!!800mもあるので、すっごく大きなビーチで開放感がありました!

リザンシービーチ

マリンハウスでレンタルできるもの

リザンシーパークホテル谷茶ベイのビーチにはマリンハウスがあります。マリンハウスではマリングッズの貸し出しをしていました。レンタルできるのは、

  • パラソル
  • ビーチチェア
  • ビーチマット
  • 浮き輪
  • ライフジャケット
  • ビーチタオル

など。レンタル用品の詳細は公式ホームページをどうぞ。

【公式】リザンシーパークホテル谷茶ベイ(レンタル用品)

リザンシービーチで遊ぶなら、マリンシューズを用意すべし!

リザンシービーチは天然のビーチなのでサンゴのかけらがたくさん落ちていました。これは、リザンシーパークビーチの海の中をアクションカメラで撮った一枚。

リザンシービーチ(海の中)

小石のように見えるものはサンゴのかけらです。沖縄のビーチというと、白いさらさらの砂浜を想像していたんですけど、違うんですよね。ちなみに、白いさらさらの砂浜は人口ビーチです。

ホテルの口コミについてチェックしたとき「絶対マリンシューズを用意した方がいい」という口コミがあって。「荷物になるし、いらないんじゃない??」とも思ったけど「子供が怪我したら嫌だな」と思い用意していきました。

マリンシューズ、用意して本当に良かった!!と思いました。

マリンシューズ

マリンシューズ

子供が遊ぶ波うち際あたりは、特にサンゴのかけらが多いエリアです。マリンシューズを履いていたおかげで、気にせず楽しく遊べました♪履いていないと、足がけっこう痛いと思います…。

▼マリンシューズの選び方や手入れの仕方。1足2000円くらいで買えます。

アクティビティが手ごろな値段

ホテル選びのときに、他のホテルのアクティビティもチェックしたんですが、結構高いんですよね。でも、せっかく沖縄に行ったんだし、せっかくなら挑戦したいもの。

ホテルにアクティビティがあるだけではなく「実際に自分が利用できそうな値段かどうか?」はホテル選びの大切なポイントですね。

リザンシーパークホテル谷茶ベイのマリンアクティビティは、手ごろな値段なんです!!

リザンシービーチアクティビティ

子供と一緒だと、子供が参加するアクティビティには、大人も手伝いとして参加する必要があるわけで…。大人分も含めると、けっこうな値段になってしまうもの。だからこそ、アクティビティが安めのホテルを選ぶのは大切だと思いました。

【公式】リザンシーパークホテル谷茶ベイ(マリン&アクティビティ)

リザンアドベンチャーのこと

リザンシーパークホテル谷茶ベイのビーチで、真っ先に気になったのはリザンアドベンチャー(海上遊具)。すっごく楽しそうじゃないですか??

リザンシービーチアクティビティ

実際に近づいてみて分かったのは「リザンアドベンチャーは小学校高学年以上じゃないと遊べないかも」ということ。

リザンアドベンチャーは、大人がよじ登って遊ぶサイズ感です。

規定では、4歳以上なら参加できることになっていますが、4歳の子が一人で遊ぶのは、かなり無理があります。大人が手伝ってあげないと遊べないと思います。

※大人が手伝ってあげる場合は、大人の参加料金がかかることになります。

ちなみに、子供が一人で遊べるアクティビティとしては

  • 手漕ぎボート
  • ハムスター(屋内プール)

がありました。当時、幼稚園児の我が家の子供たちでも、楽しめました!

【注意】アクティビティ潮の満ち引きで利用できない時間帯が多い

マリンアクティビティは潮の満ち引きによって、催行できる時間が限られています。利用できない時間帯も意外と多いです。

いつ利用できるかは、スタッフさんに聞けば分かります。潮の満ち引きの時間は、事前に分かっているので、早めに確認した方がいいです!

リザンシービーチ

ビーチには砂場セット(無料)がありました!

リザンシーパークホテル谷茶ベイのビーチには、無料で貸し出ししている砂場セットがあります。小さいお子さんなら、絶対に喜ぶと思いますよ♪

ホテルのビーチで砂遊び

天気や時間帯によっては、海に入るには寒い場合もありますよね。そんなときは砂場セットで遊ぶのもいいものです。

楽天トラベル:宿泊予約
リザン シーパークホテル谷茶ベイの設備・アメニティ情報: 総部屋数826室。館内設備: レストラン、ティーラウンジ、バー、居酒屋コーナー、宴会場、会議室、結婚式場、大浴場、サウナ、禁煙ルーム、他。部屋設備・備品: テレビ、衛星放送、電話、インターネット接続(無線LAN形式)、湯沸かしポット、お茶セット、冷蔵庫、ドライヤ...

 リザンシーパークホテル谷茶ベイのプールのこと

リザンシーパークホテル谷茶ベイには、屋外プールと屋内プールがあります。両方利用してみました。

屋外プールは浅い子供用プールもありました!

まずは屋外プールについて。

屋外プールは、海を見ながら遊べるのでリゾート感たっぷり。

  • 子供用の浅いプール
  • 大人用の深いプール(※子供も遊べます)

がありました。

子供用の浅いプールには滑り台もありました。

夜には光る浮き輪のレンタルも始まり、ライトアップされたプールで遊んだのは、とても楽しかったです。もうね、リゾート感満載なんですよ!

光る浮き輪のレンタルは、30分で600円でした。種類も白鳥の他にも色々ありました。

こちらは子供用のプール。写真にうつっている子供の身長は110㎝程度です。

子供用のプールはだいぶ浅いので2歳くらいのお子さんでも安心して遊べるんじゃないかと思います。滑り台には水が流されているので、とにかく滑りがよかったです!

屋内プールには、小さな子供が楽しめるアクティビティがある

リザンシーパークホテル谷茶ベイには、屋内プール(温水プール)もあります。

屋内プールへの行き方は2通りあって、

  • ホテル館内から行く
  • ビーチから屋外プールを通過していく

の2つのルートがあります。ビーチ利用後に屋内プールを利用する際は、屋外プールに水道があるので砂をしっかり洗い流してから入るようにしましょう。

屋内プールは、子供用・大人用に分かれている

屋内プールは、大人向けの深めのものと、子供向けの浅めのものがありました。

子供用のプールは足元に台があります。5歳くらいなら足がつく高さだと思います。奥に小さく滑り台がうつっているプールが子供用のプールです。

リザンシー(屋内プール)

子供向けのアクティビティがたくさんありました

屋内プールには子供受けのアクティビティがありました。

料金は1つ300円ほど。安いので気軽に参加できて良かったです。

アクティビティの詳細は、公式ホームページをどうぞ!。
【公式】リザンシーパークホテル谷茶ベイ(マリン&アクティビティ)

我が家の子供たちは、手漕ぎボートとハムスターで楽しみました。手漕ぎボートは、大人用の深めのプールでやります。子供一人でも簡単にすすむことが出来て、楽しそうでしたよ♪

屋内プールは天気の悪い日でも、遊べるので良かった!

私たちが旅行した日程では、1日雨の日がありました。事前に天気予報で分かっていたので、その日は「ホテルの中で遊ぶ日にしよう!」と計画を立てました。
屋内プールで遊んだり、お土産を探したり、エイサーのショーをみたり。ホテル内でお楽しみがあるっていいなぁと思いました。もちろん、屋内型の観光スポットもありますが、雨の日は子連れだと移動がおっくうですしね…。

大型リゾートホテルは、子連れにぴったりだなぁと思いました。

【安く沖縄旅行へ行く方法】今回利用したプランのこと

沖縄旅行へ安くいくなら、JALダイナミックパッケージがおすすめです。

JALダイナミックパッケージはフライト時間や宿泊先のホテルを好みに合わせて組み合わせることができます。

JALの運営するツアーだから、他の旅行社のJAL便を利用するツアーに比べると安いです。

LCCを利用するプランだと比較的安いプランは見つかりやすいんですがJALダイナミックパッケージの場合は飛行機がJALなのに安いのが気に入っています。

【公式】JALダイナミックパッケージ(往復航空券+宿泊+レンタカー)

以上、リザンシーパークホテル谷茶ベイの宿泊体験記でした。

楽天トラベル:宿泊予約
リザン シーパークホテル谷茶ベイの設備・アメニティ情報: 総部屋数826室。館内設備: レストラン、ティーラウンジ、バー、居酒屋コーナー、宴会場、会議室、結婚式場、大浴場、サウナ、禁煙ルーム、他。部屋設備・備品: テレビ、衛星放送、電話、インターネット接続(無線LAN形式)、湯沸かしポット、お茶セット、冷蔵庫、ドライヤ...

【こんな記事も書いています】

▼沖縄旅行の持ち物リストについてはこちら。

▼リザンビーチで大活躍だった、マリンシューズのお話。

▼子連れで楽しんだ5泊6日の沖縄旅行。効率的に周れた全旅程をまとめました。

▼パイナップルパークと、フルーツランド、両方行ってみて感じたこと。

▼沖縄の定番スポット「オキちゃん劇場」に行ってきました。無料でイルカショーが見れます。

▼那覇空港でささっと食事をするのにおすすめ!「空港食堂」の感想