沖縄ビオスの丘へ行った感想。湖水鑑賞舟が楽しい!一日遊べるおすすめの観光スポット

ビオスの丘沖縄旅行

2019年12月に沖縄県うるま市にあるビオスの丘へ行ってきました。ビオスの丘は、想像していたより見所が多く、一日遊べるスポットでした。

行く前は「入園料がちょっと高いな」と思っていたんですが、ビオスの丘の園内には沖縄の自然を満喫できる仕掛けがいっぱい。子供と一緒に、とても楽しい時間を過ごせました。

この記事ではビオスの丘へ行った感想をまとめています。

スポンサーリンク

ビオスの丘へ行ってきました!

アクセス

ビオスの丘は沖縄県うるま市にあります。恩納村や読谷のリゾートエリアと近いです。私たちは、読谷にあるホテル日航アリビラに宿泊した際に訪れました。

住所:沖縄県うるま市石川嘉手苅 961番の30

 

 

料金

ビオスの丘の入園料は、一般の場合、大人(中学生以上)1000円、小人(4歳~小学生)500円です。

ただ、これには乗船料は含まれていません。湖水鑑賞舟の乗船料が含まれたチケットは、

  • 大人 1700円
  • 小人 900円

です。湖水鑑賞舟は、ビオスの丘の名物ともいえるもの。ガイドさんのお話も面白くて、とてもおすすめ。せっかくビオスの丘へ行くなら、湖水鑑賞舟に乗ってみてくださいね。

▽詳細については、公式ホームページをどうぞ。

【公式】ビオスの丘(料金表)

 

所要時間

私たちは半日(3時間ほど)観光しました。ただ、ビオスの丘のすべてを周ったわけではありません。意外と見所も多いし、アスレチックなどもあります。

ゆっくり遊びたい方は、一日予定を組んでもよいと思います。

ビオスの丘(入口)

スポンサーリンク

湖水鑑賞舟

ビオスの丘の名物、湖水鑑賞船に乗ってみました。湖水鑑賞舟はディズニーランドのジャングルクルーズを想像してもらうと、イメージが掴みやすいと思います。

ビオスの丘

湖水鑑賞舟

いざ、舟に乗って、ガイドさんと一緒に湖の旅へ。

湖水鑑賞舟では

  • 湖畔に生息する亜熱帯特有の植物
  • らんの花
  • 動物

についてガイドさんが楽しくガイドしてくれます。

所要時間は約25分。約1キロの曲がりくねった湖を進んでいきます。ガイドさんのお話では、担当するガイドさんによって周り方や説明の仕方も異なるようです。

私が乗ったときは、男性のガイドさんでした。「今日のガイドは残念ながらハズレですよ~」というジョークを交えつつも、とても興味深いお話をたくさん聞かせてくれました。

いや、今日のガイドさん、当たりですから!

ビオスの丘

舟、楽しいね!

舟にのると、なんでこんなに気分が盛り上がるんでしょうね♪舟に乗ってゆったりと沖縄の自然を満喫できました。

途中、沖縄の伝統舞踊も船から見れました。踊っておられる方は、その道では有名な方らしいです。

ビオスの丘

沖縄の伝統舞踊

最初は、「え、あんなところに舞台が!?人形なの?」と思ってしまったのですが、船が通り過ぎようとすると手を振って見送ってくれました。

ガイドさんのお話は、動植物に限らず、沖縄に関するジモティな話題が聞けて面白かったです。ガイドブックで得られる情報も多いけど、ちょっとマイナーなお話なんかは現地の方から直接お話を聞くのが一番。

そうそう!ビオスの丘は、ランのお花がたくさんあることで有名な観光施設でもあるそう。確かに園内にはたくさんのお花が咲き乱れていて、とてもきれいでした。

ビオスの丘

園内には、たくさんのお花

せっかっくビオスの丘へ行くなら、ぜひとも湖水鑑賞舟に乗船されることをおすすめします♪

 

スポンサーリンク

特大ブランコ

ビオスの丘は、5か所にブランコがあります(思御庭・謡御庭・踊御庭周辺)

特大ブランコの高さは約5メートル。特大だから、高さもあるし、揺れ幅も大きいです。揺れ幅が大きいと、開放的な気分になれて気持ち良い!

子供はもちろん、大人も楽しいです。

おそらく、ビオスの丘で一番人気の特大ブランコはこれ。私も乗ってみました。ブランコに乗ると、大人も童心に帰れて良いですね。

ビオスの丘 特大ブランコ

特大ブランコ

とにかく大きいブランコなので、こぐのも大変です…!

ある程度こいでしまえば、あとはユラユラ楽しめるんですが、後ろに人が並び始めると、どのくらい遊んで良いものか迷いますね(汗)

もっと、揺れていたいよ~、と後ろ髪を引かれつつも、後ろの方と交代しました。(時間制限等はありませんが、気になってしまいます…)

ちなみに子供たちは怖がってやりませんでした。このブランコから見える景色は、絶景なんですが、絶景ゆえに、開放的すぎて、ちょっと怖いのです…。

続いて、こちらのブランコ。ここは、子供たちも安心して乗れました。

ビオスの丘 ブランコ

大きく揺れて、楽しい!

空いてたので、ゆっくり楽しめました。

アスレチック

ビオスの丘の園内の中央には、「遊御庭(あしびなー)」という広場があります。この広場には、天然木を使った巨大なジャングルジムがあります。

なんと、丸太がそのまま組まれているアスレチックです。

ビオスの丘

天然木のアスレチック

普段の公園とは違ったアスレチックに、子供たちも大喜び。自然を感じながら、楽しめました。このアスレチックのある広場、広々としていて解放感があり、とても気持ち良かったです。

ビオスの丘

とっても広い広場がある

 

懐かしの遊具

ビオスの丘の園内には、懐かしの遊具が色々とありました。

園内中央広場の近くには、手漕ぎポンプ!懐かしい佇まいに、ほっこりしました。

ビオスの丘

手漕ぎポンプ

実際にこいでみて、水がざざーっと出ると、周りの方もみんな大はしゃぎ。子供に限らず、大人も夢中でした。

続いて、楽器を演奏できる場所も。楽器がけっこう人気で、次々に人が集まっていました。良い音なるね~♪

ビオスの丘

いい音が鳴るね

 

動物と触れ合う

ビオスの丘では動物と触れ合うこともできます。動物さんと一緒にお散歩も楽しめました(無料)。

ぐいぐい引っ張られて、焦り気味の長男。

ビオスの丘

動物さんとお散歩

 

 

沖縄の自然を満喫しながらのお散歩

ビオスの丘はけっこう広くて、園内をぐるっと周遊するだけでも、だいぶ楽しめます。池をお散歩してみたり、お花をみたり、動物を見たり。歩きやすいスニーカーで行くのがおすすめ。

ビオスの丘

池の中のお散歩

私たちが行ったときは、スタンプラリーが開催されていて、スタンプを集めながら周りました。(※今はコロナの感染拡大防止のため、スタンプラリーは休止されています)

ビオスの丘

自然がいっぱい

緑もいっぱいですが、お花もいっぱいで、園内はとてもきれいでした。

ぐるっと観光した最後には、売店へ。売店でスタンプラリーの参加賞もいただけて、子供たちはにっこり。私は、疲れ果ててぐったり。(前日、遅く寝たのを悔やみました)

 

さいごに

ビオスの丘は、思ったよりもたくさんの見所があって、とても楽しめました。

私たちは、午前中~昼過ぎにかけて観光し、ランチはシーサイドドライブインで食べるプランを立てていたので、滞在時間は3時間ほど。

▽シーサイドドライブインの感想

3時間くらいの滞在時間で、だいぶ楽しめましたが、全部は回りきれてません。(次回行ったら、水牛車にも乗りたい!)

ゆっくり遊びたい方は、ビオスの丘でランチをとって遊ぶのも良いと思います。(おもろ茶屋という食事処があります)

以上、ビオスの丘へ行った感想でした。

 

【こんな記事も書いています】

▽車移動が多い沖縄旅行。乗り物酔い止めメガネを使っています。

▽沖縄旅行に欠かさず持って行く、マリンシューズのこと。選び方やお手入れ方法のこと。

▽うるま市のおすすめ観光スポット。世界遺産の勝連城跡へ行ってきました。

▽今回の旅の全旅程。効率よく観光できるよう、頑張ってプランを練りました。参考になれば!