沖縄スパリゾートエグゼス(スーペリアフロア)に泊まった感想。お部屋や朝食、周辺観光スポットのこと。

エグゼス沖縄旅行
スポンサーリンク

2019年12月にOkinawa Spa Resort EXES(沖縄スパリゾートエグゼス)へ2泊しました。恩納村にあり、名護や海洋博公園を観光に、とても便利なホテルでした。

お部屋も広くて豪華、朝食もとてもおいしかったです。

この記事には、Okinawa Spa Resort EXES(沖縄スパリゾート エグゼス)に子連れで泊まった感想をまとめています。

スポンサーリンク

【今回の旅行代金】一人当たり38,700円でした

今回の旅は、5泊6日の長めの日程で行きました。

旅程は、最初の2泊は沖縄スパリゾートエグゼスに宿泊し、残りの3泊は読谷のホテル日航アリビラに宿泊しました。

【関連記事】2019子連れで観光した5泊6日の全旅程

【関連記事】2019ホテル日航アリビラに宿泊した感想

 

シーズンオフの12月を選んだので、旅行代金は安かったです。家族4人(大人2人・子供2人)で旅行し、一人当たり38,700円でした。38,700円に含まれているのは、

  • 飛行機代
  • ホテル代
  • ホテルの朝食代
  • レンタカー代

です。

ホテルの朝食はついていましたが、昼食代や夕食代は別途かかっています。

基本の旅行代金で、38,700円。5泊6日、高級ホテルに泊まってこの値段なので、だいぶ安く行けたな~と思っています。

旅行会社は【航空券+ホテル】JALダイナミックパッケージを利用しました。

JALダイナミックパッケージは、自分でホテルや航空券を組み合わせることができます。(パックツアーも販売されていますが、私はオリジナルプランを作りました)

正直、自分でプランを作るのは、少し面倒ではあります。でも、好きなホテルを組み合わせられるし、予算に合わせて色々条件を変えてシミュレーションできるのでおすすめです。

JAL関連の旅行会社というだけあって、他の旅行会社のJAL便利用プランより安いような印象です。

自分でプランを作りたい方向け

 

パッケージツアーを利用したい方向け

スポンサーリンク

沖縄スパリゾートエグゼスへのアクセス

沖縄スパリゾートエグゼスの基本情報です。那覇空港からは高速を利用して70分くらいでした。

〒904-0401
沖縄県国頭郡恩納村字名嘉真 ヤージ原2592−40

▽楽天トラベル

楽天トラベル: OKINAWA KARIYUSHI RESORT EXES ONNA(エグゼス恩納) 宿泊予約
OKINAWA KARIYUSHI RESORT EXES ONNA(エグゼス恩納)、訪れる全てのお客様に、ホスピタリティを極めた贅沢な寛ぎの時間を提供いたします。、那覇空港より沖縄自動車道利用で車で約80分、駐車場:有り 無料 予約不要

 

名護方面、海洋博公園の観光に便利な立地

沖縄スパリゾートエグゼスは恩納村にあります。名護方面や、海洋博公園(美ら海水族館のあるところ)を観光するのに便利なホテルでした。

ホテルに着くと、ボーイさんが車を駐車場まで移動してくれるよ。

▽車移動の沖縄旅行。子供の車酔い対策で「車酔い止めメガネ」を使っています。シートロエンも、類似品なら安く手に入るのでおすすめ。

ウェルカムドリンクはシークワーサージュース

沖縄スパリゾートエグゼスのウェルカムドリンクはシークワーサージュースでした。広いロビーのソファにちょこんと座っていただきました。

うん、甘酸っぱくておいしい!

ウェルカムドリンク

ちなみに、チェックインはデスクで一人ずつするスタイル。

夫がチェックインをしている間、私は子供たちとロビーでしばし休憩。デスクでチェックインするタイプのホテルって「高級ホテルなんだなぁ」と圧倒されてしまう自分がいます。

ロビーのソファ。沖縄らしい絵がいいね!

スポンサーリンク

クリスマスの飾り付けがとっても素敵

私たちが沖縄スパリゾートエグゼスに泊まったのは、2019年12月。

クリスマスの時期ということで、ロビーには、ゴージャスなクリスマスの飾り付けがありました。この時期の沖縄は、どこもクリスマスムードでキレイでした。

クリスマスムードでいっぱい

沖縄というと夏のイメージがあって、夏はもちろん最高。でも、冬には冬の楽しみ方がありますね。

夜はイルミネーションがきれいでした。冬の空にイルミネーションは映えますよね。

スーペリアフロアのお部屋に泊まりました

一番安い、スーペリアフロアのお部屋を利用

今回の沖縄旅行もJALダイナミックパッケージ を利用しました。JALダイナミックパッケージでは、飛行機とホテルを自分好みに組み合わせられます。

我が家は、沖縄スパリゾートエグゼスに2泊し、その後、ホテル日航アリビラ(読谷エリア)に3泊するというプランで利用しました。

沖縄スパリゾートエグゼスで利用したのは、4階のスーペリアフロアのお部屋です。

沖縄スパリゾートエグゼスの中では、一番下のランクのお部屋ですが、ゴージャスで大満足でした!

お部屋も広いし、随所に高級感があふれていて、最高でした♡

入り口からお部屋の中をみたところ

もともとツインのお部屋ですが、4人で泊まっても十分な広さでした。

 

 

ただただ、ゴージャスな部屋に感激!4ベッドでもゆったり

Okinawa Spa Resort EXES(沖縄スパリゾート エグゼス)のスーペリアフロアはとにかく広いお部屋で、豪華でびっくり。

大人2人、子供2人の4人で利用したので4ベッド用意してもらいました。手前二つが、基本のツインで奥の二つがエキストラベッドです。

広いお部屋に感激したよ

エキストラベッドといっても、手前に比べてサイズが小さいだけで寝心地は良かったです。壁のような仕切りがあって、子供たちが「こっちが僕たちの部屋だよ~」と喜んでいました。

エキストラベッド

エキストラベッド部分は、一段高くなってた畳張りの部分にベッドが配置されてます。ベッド自体は低めでした。

いつも子供たちが寝るベッドにはベッドガードをつけてもらうんですが、今回はなしで大丈夫でした。もし落ちちゃったとしても、高さは低めだし下は畳になっているので。そして、ベッドの片側には壁のようなものがあるので、片側はガードされています。

床(畳部分)には、使わない枕を並べてフカフカのベッド状態にしてたよ。ここでも一人寝れそう(笑)

 

バスルームはシャワーブース付き

こちらは、バスルーム。前面と背面がガラスになっていて、写真を撮ると私が映っちゃうんで洗面台だけ。

洗面台もゴージャス

洗面台の反対側に浴槽がありました。洗い場が無いタイプなので、シャワーブースで体を洗ってから、浴槽に移動するという、正直ちょっと面倒なスタイルです。

浴槽からお湯があふれると周りがビシャビシャになってしまうので、気を付けながら入浴しました。

 

アメニティはロクシタン♪

アメニティがたくさんあって、充実していました。シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、ボディクリームはロクシタンでした。他に、かみそりやブラシ等もあります。

ロクシタンだ~!

これ家族4人分の1日分に用意されていたアメニティです。

こんなに大量のロクシタン、見たことないよ…!

2泊したので、この2倍のロクシタンが手元に。いやはや、自宅に帰ってからも楽しませてもらってます。

私、香りが強いものは苦手なんで、そんなにロクシタン使ったことないんです…でもね、なぜか興奮してしまう自分がいる。ロクシタン好き女子にはたまらないホテルですね。

ちなみに、口コミでは、ブルガリなどもあって、選べたという情報も。

私たちが利用したお部屋は一番安いから、ロクシタン一択だったけど、もっと高いお部屋になるとアメニティの種類も選べるみたいです。

 

タオルやバスローブもたくさん

タオルやバスローブもたくさん用意されていました。とにかくたくさん用意されているので、使いきれないほどでした。

バスローブや物干しざお(折り畳み式)まで。

バスローブなんて普段着ないから、結局使わず…。バスローブ着て、お風呂上りにソファでお酒でも飲んでみれば良かったなぁ。いつか、そういう楽しみ方ができる大人になりたい!

ちなみに、スリッパは使い捨てでした。使い捨てだと、やっぱり気持ち良いですよね。

 

ミニバーもステキ!

こちらはミニバー。冷蔵庫の中身は有料ですが、ミネラルウォーターは無料です。コーヒーマシーンやお茶も用意してありました。

ミニバー

我が家は、みんなお水くらいしか飲まないので、このミニバーを活かしきれず…。ステキなワイングラスもあるので、お酒を買ってきて楽しむのもいいですね。

 

 

夕方にはタオルやミネラルウォーターの補充がありました

タオルもミネラルウォーターもたくさん用意されているんだけど、夕方には交換・補充してくれるサービスがあります。

私たちはお掃除後に外出していて一度もタオルは使っていなかったので、夕方はミネラルウォーターの補充と、ちんすこうを用意してくれました。

広々デスクスペース

沖縄スパリゾートエグゼスは「滞在して、ホテルライフを楽しむ場所」だと思いました。

ちなみに、トイレににもミニタオルがたくさん用意してありました。手を洗うたびに、新しいタオルで手を拭くスタイルみたいです。本当に、優雅なホテルステイ♡

 

 

景色① ベランダにはソファがある

沖縄スパリゾートエグゼスからは海が見えますが、ビーチまでは距離があります。(お隣の系列ホテルと共同の送迎バスがあるようです。)

景色は、周りの建物の先に海が見えました。オンザビーチのホテルの景色にはかなわないけど、ベランダにもソファがあるので、ベランダから海を眺めて楽しめるのはグッド!

ベランダにもソファがある!

肘受け部分に、黒い四角いのがあって。「何これ?」と疑問だったんですが、ドリンクを置けるようになっているんですね~。

 

景色② 部屋のソファからも海が見えるよ!

お部屋から見た景色はこちら。エメラルドグリーンの海が見える!

部屋からの景色

ベランダにもソファはあるんですが、お部屋の窓際にもソファが用意されていていました。夫は、このソファで「海を見ながら、昼寝するんだ~」と気合を入れて昼寝していました(笑)いいね、ぜいたくな時間の過ごし方だ!

海が見えるソファもあるよ

夜には、このソファエリアとベッドがあるエリアを仕切るカーテンがあるので、それを閉めてみました。子供が寝てからもソファでゆっくりできるのはいい!いつもはお部屋を暗くして、過ごしているので…。

お部屋からの夜景

 

朝食のバイキングも美味しい。日替わりでメニューもたくさん

沖縄スパリゾートエグゼスの朝食は思っていたより充実していました。2泊しましたが、日替わりメニューもあったので、飽きませんでした。というか、食べきれないくらいでした。

きれいに盛り付けるのって難しい…

最初に、ゆでたまご、オムレツ、エッグベネディクトの3種から卵料理を選びます。飲み物もコーヒーと紅茶は席までサーブしてもらえます。あとはバイキングです。

エッグベネディクト

エッグベネディクトが美味しいと口コミにあったのでチョイス。確かに美味しいんけど、ほかのメニューにも、おいしいものがたくさん。

2泊目の朝食は、他の料理をもっと食べてみたかったので、卵料理はお断りしました。

バイキングコーナー

宿泊したのが12月下旬だったからか、お正月料理も少し用意されていました。

和食、中華、洋風どれもあったし、パンの種類も方法なので万人受けするメニュー構成でした。焼きたてのフレンチトーストがとてもおいしかったです。

パンコーナー。スコーンもあったよ。

「海が見える窓側の席がいいなぁ」と思ったのですが、窓際は2人席のみ。4人家族の我が家は使えずででした。でも、他の席もゆったりしています。

海が見える席もいいね

今回の沖縄旅行では沖縄スパリゾートエグゼスに宿泊後、ホテル日航アリビラに宿泊しました。アリビラの朝食は評判良いけど(特に洋食レストランが評判良いです)、沖縄スパリゾートエグゼスの情報は少ないので心配でした。

でも、実際に沖縄スパリゾートエグゼスを利用してみて、朝食のレベルは高いと感じました。

ドリンクコーナー

ホテル日航アリビラは連泊してもメニューが同じだったけど、沖縄スパリゾートエグゼスは日替わメニューがあるのが、ポイント高いです。

サラダ・沖縄そばコーナー

系列ホテルの沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパへは渡り廊下で2分ほど

沖縄スパリゾートエグゼスと、系列ホテルの沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパは4階の渡り廊下でつながっています。

沖縄スパリゾートエグゼスの方がクラスが上なので、沖縄スパリゾートエグゼスの宿泊者は沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパを利用可能ですが、逆はダメみたいです。

沖縄スパリゾートエグゼスのカードキーを使うと、渡り廊下のドアが開錠される仕組みでした。

 

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパの施設も利用できる

こちらは、沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパのロビーフロアで撮影した写真。

クリスマス時期だったので、本物のお菓子で出来た家が飾られていました。甘ーい良い香りがしましたよ♪

本物のお菓子の家だ!

沖縄スパリゾートエグゼスにも売店はあるんですが、規模は小さめ。(20平米くらいかな)

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパには大きなお土産屋さんがあり、圧倒的に種類も豊富です。お買物は、かりゆしの方ですることをオススメします

大きなお土産屋さんがありました

冬だから全体的に空いていました。お土産屋さんには、ドリンク類も色々用意されていました。沖縄限定のドリンクを買ってお部屋で楽しみました。

 

スタンプラリー(子供向け)にも参加したよ

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパではお楽しみにイベントとして、子供向けのスタンプラリーが開催されていました。

スタンプラリー、楽しい!

沖縄スパリゾートエグゼスの宿泊客でも参加できるということで、子供たちは大喜び。館内をぐるぐる回ってスタンプを集めました。参加賞としてお菓子をいただきました。

スポンサーリンク

 

夜は無料のライブがありました

クリスマス時期だったので、夜は無料のライブがありました。プール周りのイルミネーションがとってもキレイでした。プールエリアからは、サンタさんが館内を歩いているのを見かけました。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパは大型ホテルなので、イベント系はエグゼスより充実していました。

エグゼスはお部屋はとっても豪華なんですが、売店やイベント系は沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパにの方が上かな。

エグゼス宿泊者は、かりゆしの方も利用できるので、かりゆしの方へ遊びにくると、さらに楽しめます。

 

沖縄スパリゾートエグゼス宿泊時の夕食は近くの居酒屋へ

夕食はホテル近くの居酒屋さんへ。子連れなので禁煙の居酒屋さんを探しました。

利用したのは美ら花さん。確か、10年近く前にきたことがあるお店なんだけど、改装したらしく広くきれいになっていました。

夕方早めの時間だったからか、周りは皆さん子連ればかりでした。有名人のサインもたくさんあって、人気のお店みたいですね。メニューもたくさんあるし、お味もグッド!

クーポンを利用して、ドリンク無料になりました。

沖縄スパリゾートエグゼスに宿泊して観光したところ(プラン)

私たちが沖縄スパリゾートエグゼスに宿泊して観光した場所を記録しておきたいと思います。

沖縄スパリゾートエグゼスは恩納村にあるホテルです。恩納村の観光や、名護、美ら海水族館方面の観光に便利なホテルでした。

私たちは2泊し、以下のようなスケジュールで観光しました。

【1日目】東京を出発!恩納村を観光

▽旅行初日、沖縄スパリゾートエグゼスにチェックインする前のこと。正午前に那覇空港に到着し、高速で恩納村方面へ。なかむらそばへ立ち寄ってランチしました。行列必至の有名なお店です。

▽なかむらそばでランチ後、万座毛へ。なかむらそばから、万座毛へは車で5分くらいでした。無料で見れる絶景スポットです。

初日は、万座毛を観光後、沖縄スパリゾートエグゼスへチェックインしました。まだ明るい時間だったけど、ホテル内を探検したり(渡り廊下で通じているお隣のホテルへも!)、エグゼスの豪華なお部屋を満喫して過ごしました。

 

 

【2日目】名護方面&海洋博公園を観光

▽沖縄スパリゾートエグゼスに宿泊した翌日は、フルーツランドへ行ってきました。小学生がすごく楽しめるテーマパークでした。

今回の旅行では行ってないのですが、フルーツランドのお隣にはナゴパイナップルパークもあります。赤ちゃん~幼児連れで行くなら、フルーツランドよりナゴパイナップルパークの方が楽しいと思います。

▽フルーツランドの後向かったのは、チャハヤブランという海カフェ。人気のお店なので、13時半過ぎに向かいました。(ランチの時間帯のみ予約もできるそうです)

▽チャハヤブランでランチ後、向かったのは備瀬フクギ並木です。チャハヤブランと備瀬フクギ並木はとっても近いので、徒歩1分で到着。夏も涼しく過ごせる観光スポットです。

▽フクギ並木をお散歩した後、向かったのはオキちゃん劇場(無料で見れるイルカのショー)。海洋博公園の中にあり、美ら海水族館のすぐ近くです。(※こちらの記事は2018年の旅行の際に行ったときのものです。)

私たちは無料で見れる、オキちゃん劇場、マナティ館、うみがめ館のみ観光しました。美ら海水族館は有料です。

また、海洋博公園内には、海洋文化館や郷土村、子供用の公園(大型のネット遊具がある)などもあります。全部見るなら、1日あっても足りないほど…。

その後、私たちは子供用の公園で遊び帰路へ。沖縄スパリゾートエグゼスに2泊した後、3日目はうるま市方面を観光後、読谷へ移動してホテル日航アリビラへ宿泊しました。

さいごに

Okinawa Spa Resort EXES(沖縄スパリゾート エグゼス)は、そんなに規模は大きくないけど、ゴージャスなホテルでした。

「お部屋でゆっくり過ごすのを楽しむホテル」だと思いました。

沖縄スパリゾートエグゼスの館内の施設(レストラン、売店など)は限られていましたが、お隣の系列ホテルの方も利用できるので、そちらを利用すると良いと思います。

以上、沖縄スパリゾートエグゼスに2泊した感想でした。

今回利用した旅行会社 【航空券+ホテル】JALダイナミックパッケージ

 

楽天トラベル: OKINAWA KARIYUSHI RESORT EXES ONNA(エグゼス恩納) 宿泊予約
OKINAWA KARIYUSHI RESORT EXES ONNA(エグゼス恩納)、訪れる全てのお客様に、ホスピタリティを極めた贅沢な寛ぎの時間を提供いたします。、那覇空港より沖縄自動車道利用で車で約80分、駐車場:有り 無料 予約不要

 

【こんな記事も書いています】

▽子供の車酔いに「乗り物酔い止めメガネ」を使った感想。酔い止めを飲む回数が減ってきました。

▽沖縄旅行の持ち物リストはこちら。荷物を減らすコツもまとめています。

▽沖縄スパリゾートエグゼスに宿泊した後は、読谷のホテル日航アリビラへ泊まりました。ホテル日航アリビラは目の前にビーチ(ニライビーチ)が広がる、海沿いのホテルです。

▽今回の旅の全旅程(5泊6日)はこちら。