美ら海水族館の近く「オキちゃん劇場」でイルカショーを見た感想。混雑情報や所要時間など

オキちゃん劇場沖縄旅行
スポンサーリンク

沖縄で子連れにおすすめのスポットは、海洋博公園の中にあるオキちゃん劇場(イルカショー)。実は、オキちゃん劇場は無料でイルカが見れるスポット

近くの美ら海水族館は有料ですが、オキちゃん劇場だけなら無料で楽しめますよ。12月にオキちゃん劇場に行ってきたので、レポートします。

冬は比較的空いています。オキちゃん劇場は外にあるので、夏の暑い中の観光より、観光しやすいのもいいです。

スポンサーリンク

オキちゃん劇場とは?

オキちゃん劇場は海洋博公園の中にある、イルカのショーをやっている劇場です。

オキちゃん劇場

イルカのショーが見られるよ!子供にも大人にも大人気

海洋博公園は、昭和50年に沖縄で開催された沖縄国際海洋博覧会を記念して、設置された国営公園です。すごく大きい公園な公園で、一日観光しても時間が足りないくらいの規模。海洋博公園にあるのは、

  • 沖縄美ら海水族館
  • オキちゃん劇場(イルカショー)
  • 海洋文化館(プラネタリウムがあるのは、ここです)
  • 沖縄郷土村
  • エメラルドビーチ(子供を遊ばせやすい、人口ビーチだよ)

などです。

海洋博公園は、たくさん観光スポットがあるので一日遊べるよ。水族館でお魚を見たり、郷土村で沖縄の歴史に触れたりと、いろんな沖縄を満喫できるおすすめのスポットです。

スポンサーリンク

オキちゃん劇場へのアクセスの仕方

オキちゃん劇場は海洋博公園の海側エリアにあります。美ら海水族館からは徒歩数分の場所にあります。初めて行ったときは、オキちゃん劇場も水族館の一部かと勘違いしてしまうほどの近さでした。

オキちゃん劇場に一番近い駐車場

海洋博公園はとても広いので、駐車所もいくつかあります。美ら海水族館、オキちゃん劇場へ行きたい場合は、北ゲート駐車場(P7立体駐車場)を利用するのがおすすめ。駐車場の中で一番近いのはここです!P7立体駐車場を出て進むと、美ら海水族館が見えてきます。
美ら海水族館

この右側へ行くと美ら海水族館、左側へ行くとオキちゃん劇場があります。

オキちゃん劇場へ行く場合は、美ら海水族館が見えてきたら、左側の歩道を進んでください。2~3分も歩くとオキちゃん劇場に到着です。

電気遊覧車でラクラク移動しよう

海洋博公園内の他の施設からオキちゃん劇場へ向かう場合は、電気遊覧車を利用すると便利です。電気遊覧車は広い海洋博公園の中をぐるぐるまわっています。料金も1回乗車券が100円、1日券が200円とリーズナブル。ただ、そんなにたくさんの人数が乗れるわけではないのが残念…。

子連れの場合は電気遊覧車に乗せてあげると、とても喜ぶと思います♪観光につかれたときも、電気遊覧車だとラクに移動できていいです。

電気遊覧車は、広い海洋博公園の中を移動するのにぴったりです。
全部で13ヶ所に停留所があり、全路線約5分~30分の間隔で運行しています。
料金は一日周遊券が200円。1回乗車券が100円です。詳細は公式サイトをどうぞ!

【公式】海洋博公園(電気遊覧車のご案内)

スポンサーリンク

オキちゃん劇場のプログラム

オキちゃん劇場には4つのプログラムがあります。「美ら海水族館がすごく見たい!」という場合は別ですが「イルカのショーが見たい!」という場合は、オキちゃん劇場だけでも十分楽しめます♪

オキちゃん劇場で楽しめるプログラム
  • イルカのショー(20分間)
  • ダイバーショー(15分間)
  • イルカ観察会(15分間)
  • イルカふれあい体験(事前申込が必要
ショーの詳しい時間については、公式ホームページで確認してくださいね。
【公式】オキちゃん劇場
イルカふれあい体験は申込制です。詳細は公式ホームページをどうぞ。
【公式】オキちゃん劇場(イルカふれあい体験の応募)
オキちゃん劇場

きれいな海を背景に、イルカのショーが見れるよ!

イルカふれあい体験は定員制(そして、事前に申し込みが必要)ですが、イルカのショー、ダイバーショー、イルカ観察会は定員がありません。開催時間に合わせていけば、見ることができます。混んでいる場合は、座ってみるのが難しいこともあります。でも、立ち見でも見れます。

オキちゃん劇場を効率的に楽しむコツ

オキちゃん劇場には4つのプログラムがあるので、全部見ようと思うと意外と時間がかかります。ここでは、効率的に観光するためのポイントについてです。

観光に必要な時間

まずは、1つのプログラムを楽しむための所要時間について。

イルカショーの場合

イルカのショーは20分のプログラムです。でも、席を取るために、数十分早めに行く必要があります。でのくらいを見込めばいいのかは、時期によって違います。

私たちは12月のクリスマスシーズンに行きました。冬は閑散期と言われていますが、ショー開始20分前には大半の席が埋まっていました。

目安として、イルカショーを見る場合、待ち&ショーの時間で1時間は見込んだほうがいいです。

イルカ観察会の場合

イルカ観察会は立ち見で前面のガラスの前で立ってみます。席取りの時間は必要ありません。見たい場合は、ショーの時間(15分間)の5分前にでも行けば十分です。

イルカ観察会では、係の方からいろいろとお話をきくことができますよ!ただ、遠くから観察会の様子を眺めるだけなら、イルカショーの席からでも見れます。

ダイバーショーの場合

ダイバーショーは、イルカショーの右側にある小さめの水槽で開催されます。着席スタイルですが、座席数は30席程度。席が少ないですが、イルカショーと違ってそんなに人気が内容で、空いていました。

私たちが行ったときは(12月のクリスマスシーズン)、ダイバーショー開始5分前でも席がありました。席がなくても立ち見でみることはできます。

混み具合は時期によって変わります。一番人気のある夏に行く場合は、余裕をもった計画を立ててくださいね。

オキちゃん劇場

全面がガラスなのでよく見える!

【体験談】3つのプログラムを見るのにかかった時間

私たちは、イルカショーとダイバーショー、イルカ観察会を見ました。待ちの時間を含めて2時間ほど滞在しました。4つ全て見るなら3時間は見込んだ方がいいと思います。

美ら海水族館も見るなら、さらに時間が必要ですね。美ら海水族館とオキちゃん劇場を両方楽しみたい場合は、5時間ほどは必要かな~といった印象。混み具合や、どの程度ゆっくり見るかにもよりますが…。休憩や食事の時間も含めるともっと必要ですね。

海洋博公園には、美ら海水族館、オキちゃん劇場以外にも見所があります。訪れるときは1日海洋博公園で過ごすのもおすすめです。移動の時間が少ないから時間を有効に使えます。

冬の混雑状況

12月の沖縄はオフシーズンで空いている時期です。夏のベストシーズンに比べるとだいぶ空いています。日本人はあまり行かない冬の沖縄ですが、海外のお客さんはたくさん来ているようで、オキちゃん劇場はにぎわっていました。

私たちはイルカショーの20分前にオキちゃん劇場の席とりを始めました。その時点で席の半分くらいは埋まっていました。ショー開始時には満席になっていましたよ!

12月の沖縄は、夏に比べると涼しいですが、半そでで十分な気候でした。晴れた日だったので日差しはとても強かったです。だた、オキちゃん劇場には日よけがあるので待ち時間も快適でした。(※座る場所によっては、太陽の角度によって、日よけがあるにもかかわらず直射日光があたっているので、確認してみてくださいね。)

空いている席はどこ?

私たちが行ったときは、なぜか劇場後方(右側)だけが満席レベルの混みっぷりでした。私たちも、こちら側からアクセスしたので、一見「すごい混んでいる!」と思いましたが、よくよく探すと、左側前方と前方中央の席が空いてました。なぜか、一番人気のありそうな前方中央が空いている事態に驚きました!

私の推測ですが、劇場後方(右側)の出入り口は美ら海水族館に一番近いところです。美ら海水族館からオキちゃん劇場に移動するお客さんが入ってくるのは、この出入り口。だから、劇場後方(右側)が混んでいるのかもしれません。

 

席とりの失敗談

オキちゃん劇場の席は段々になっています。だから、後ろ側でもわりと見えやすいです。でも、うちは小さな子連れなので、前に大人が座っちゃうと、見えづらいんですよね。「プールの中をイルカが泳ぐ様子も見せてあげたい!」と思ったので、前方&前には小さなお子さんが座っている席を探しました。前の席が小さなお子さんだと、よく見えるんですよね。

でも、ここで思わぬ事態に…。席の移動をするはめになったんです!

前から2列目の席を無事見つけ、安心したのもつかの間。係の方が「混みあってますので、つめて座ってくださーい」とのアナウンス。みんなが席を詰めだすと子供の前に背の高い男性が!とほほ…。子供が見えづらくなってしまうので、抱っこで対応しました。そんなこともありますので、席選びは難しいですね(汗)

イルカショーを見たよ!

イルカショーは20分間のプログラムです。イルカショーのプールは、水中が見えるようになっていて、イルカたちが、水中をスイスイ泳ぐ様子や、高くジャンプする様子、そして水中に飛び込む様子が見られます。大迫力で、お客さんからは大歓声があがります!大きなイルカが宙を舞う姿は、すごい!

オキちゃん劇場

オキちゃん劇場は階段状の席になっているので、後方の席でも、それなりには見えます。でも、おすすめは前方の席。前方の席は、プールの中の様子がしっかり見えるし、ジャンプの時の水しぶきの様子も近くで見られるので、大迫力です!

※最前列は水しぶきがかかる可能性があります。前に座りたい方は、濡れても気にならない服装でいくといいと思います。

12月はサンタが登場して大盛り上がり!

12月ということで、イルカショーにサンタさんが登場しました!暑い沖縄、そして海をバックにサンタさんを見るのは初めて。少しミスマッチな感じもしましたが、サンタさんが登場したことで、とても盛り上がりましたよ~。

オキちゃん劇場は季節によって、演出も変わるので、何度行っても楽しめますね!

オキちゃん劇場

イルカはどうやって芸をおぼえるの?

イルカは本当に頭がいいなぁと思います。ジャンプやボールやフラフープを使った芸をしたり、群れてバランスをとりながらジャンプしたり…。いろんなことを覚えていますよね。

どうやって、イルカが芸を身に着けるかというと「指示通りにできたら、ご褒美(魚)をあげる」ことで出来るようになっていきます。できなかったときは、ご褒美がもらえません。これを繰り返しているうちに、イルカは「うまくやれば、ご褒美をもらえるぞ!」と分かり、出来るようになるそうです。

 

ダイバーショーを見たよ!

イルカショーで大満足でしたが、「ダイバーショー」が始まる旨のアナウンスが流れたので、ダイバーショーも見てみました。イルカショーは劇場正面の大きなプールで行われますが、ダイバーショーは向かって右側にある小さめのプールで行われます。

ダイバーショー

座席数は30人分くらい。座って見たい場合は、早めに移動した方がいいです。もちろん、立ち見でも見ることはできます。私たちが行ったとき、ダイバーショーは、イルカショーに比べると、だいぶ空いていました。メインはイルカショーで、ダイバーショーは小型の水槽で行われますからね…。

私たちが訪れた冬の場合、ダイバーショーが始まる5分前くらいでも、まだ空席はありました。オフシーズンならではのメリットですね。人気の観光スポットでも、冬は空いているから観光しやすいと思います。

ダイバーショーの内容は、

  • イルカとダイバーさんとのやりとり
  • イルカは目隠しで泳げるかなどの実験
  • お客さんの中から立候補を募って、イルカとのコミュニケーション体験

でした。イルカとのコミュニケーション体験では、選ばれたお客さんは、ガラス越しにイルカと上手にコミュニケションがとれていました。ダイバーショーは、イルカとの距離が近いのが、とっても良かったです!子供も、大人も十分楽しめる内容でした。

以上、海洋博公園内のオキちゃん劇場でイルカショーを見てきた記録でした。

▽オキちゃん劇場近くの観光スポットなら「フクギ並木」もおすすめ。車で5分くらいです。近くには有名な海カフェもあるよ。

▽【今回の宿泊先】冬は高級ホテルのアリビラも安く泊まれました。

▽【沖縄旅行の費用】4人家族の旅行費用と安く行くコツもまとめています。

▽【おすすめの水族館】千葉の鴨川シーワールドではシャチショー(日本でここだけ!)が見れます。