沖縄にマリンシューズは必要?旅して分かったオススメの理由と選び方・お手入れ方法

沖縄の天然ビーチ沖縄旅行
スポンサーリンク

沖縄のビーチで遊ぶとき、気になったのは「マリンシューズは必要なのかな?」ということ。ビーチは白いさらさらの砂浜のイメージがあるけど、実際に行ってみて、違うことが分かりました…(汗)

沖縄の天然ビーチで遊ぶなら、絶対にマリンシューズは必要です。

理由は、沖縄の天然ビーチにはサンゴのかけらがたくさん落ちているから。

天然ビーチはサンゴのかけらがたくさん!素足だと足が痛くて思いっきり遊べません。
特に、よく遊ぶ波打ち際にサンゴのかけらが多いんです。

せっかくの沖縄旅行。ビーチで思いっきり遊びたかったので、家族全員分のマリンシューズを用意しました。

この記事では、沖縄の天然ビーチで遊ぶ際に必須の、

  • マリンシューズの選び方
  • マリンシューズの手入れの方法

についてまとめます。

▽私は、スノーケルブランドの「リーフツアラー」のマリンシューズを購入しました。

スポンサーリンク

沖縄のビーチでマリンシューズが必要な理由

沖縄の天然ビーチの海の中の様子。サンゴのかけらがいっぱい…

この写真は、沖縄の天然ビーチで撮影したもの。

2018年に西海岸にあるリザンシーパークホテル谷茶ベイのビーチで遊んだときに、アクションカメラ(水中で撮影できるカメラ)で撮影しました。

天然ビーチ

サンゴのかけらがいっぱい!

海の中にたくさん落ちている小石のようなものが、サンゴのかけらです。子供と一緒に遊んでいた、浅いところ(水深80㎝くらい)の様子です。

天然ビーチは自然が多く残るビーチとして人気ですが、海の中にはサンゴのかけらが多くて、素足で遊んでいると、足が痛いです…。

しかも、波うち際にサンゴのかけらが流されてくるので、「子供と一緒に遊ぶエリア」=「サンゴのかけらで足が痛いエリア」という残念なことに…。

▽アクションカメラがあると、水中の写真も撮れて楽しいです。

天然ビーチで遊ぶなら、マリンシューズは必要です

人口ビーチの場合は、サンゴのかけらが落ちていません。

だから、マリンシューズは無くても大丈夫だと思います。(ただ、アスファルトで整備されたところなどは、熱くなっているので注意してください)

でも、天然ビーチで遊ぶ場合は、素足だとケガする可能性があるので、マリンシューズを履いた方がいいです。せっかくの旅行中に足を怪我したら、残念ですからね。

マリンシューズを履くメリット
  • 足をケガから守ってくれる
  • 履いたまま海に入れる(ビーチサンダルと違って脱げづらい)
  • 靴底が滑りづらい仕様になっている
スポンサーリンク

マリンシューズとビーチサンダル、両方必要なの?

マリンシューズがあればビーチサンダルは無くて大丈夫

マリンシューズを用意すれば、ビーチサンダルは用意しなくて大丈夫です。マリンシューズはビーチサンダルの代わりとして履けます。

下の写真は、ビーチで子供と砂遊びをしたときのもの。ビーチを歩いていると、意外と歩きづらくて砂に足をとられちゃうことも多いです。そして、ビーチサンダルだと脱げやすいというデメリットもあります。

ホテルのビーチで砂遊び

ビーチサンダルより脱げづらいのもメリット

でも、マリンシューズは靴のようにしっかりと足にフィットするので、ビーチサンダルより履き心地が良いです。

ビーチサンダルより足が疲れづらいし、動きやすいんですよね。子供たち、砂浜を自由に駆け回って楽しそうでした。

マリンシューズはホテルの部屋→ビーチの移動時にも使える

私はホテルのビーチで遊ぶ際は、部屋でマリンシューズに履き替えて、ビーチまで移動します。ビーチサンダルの代わりに使っています。

ビーチで遊んだ後は、水道水で洗って、水をきったら、また履いて部屋まで戻りればOK。。(すぐには乾かないので、湿った状態のものを、裸足ではいて戻るということ。)洗った際に、きちんと水をきれば、自分の歩いた後が水浸しになってしまうことはありません。

スポンサーリンク

失敗しないマリンシューズの選び方

次はマリンシューズを選ぶときのポイントについてです。

マリンシューズを選ぶ際、サイズ選びを間違ってしまうと動きづらくなるので注意しましょう。

マリンシューズのサイズ選びのコツ

マリンシューズは素足で履くもの。普段のサイズより、やや小さめの「ぴったりと足にフィットするサイズ」を選ぶのがおすすめ

きちんと足にフィットして、脱げにくいかを確認しましょう。

大人の場合は、基本的にサイズが変わることはないので、一足用意すれば長く使用できます。

(※メーカーによってサイズ感は違うので、口コミを参考に選ぶといいでしょう。)

気を付けたいのは、子供のマリンシューズ選び。

子供の足はすぐに大きくなるからと言って、大き目のサイズを選ぶのはダメです。

大き目のものを選んでしまうと、水の外では問題なくても、水の中で脱げやすくなってしまいます。水の抵抗が生じることを考えて、ぴったりと足にフィットするサイズを選んでください。

軽めのものが動きやすい

動きやすいように、軽めのマリンシューズがおすすめです。買う際にはデザインだけでなく、重量も確認するようにしましょう。

子供にはテープタイプが履きやすい

子供におすすめなのは、テープタイプのマリンシューズ。

テープタイプのマリンシューズは、

  • 子供一人でも履いたり、脱いだりしやすい
  • テープで少しならサイズ調整ができる

というメリットがあります。

子供用のマリンシューズには「スリッポンタイプ」のものもありますが、テープタイプの方が脱げる心配も少ないし足にフィットして動きやすいです。

それに、着脱する際も、テープをはがせばガバっと開くのでスリッポンタイプより足を入れやすいです。

ケガ防止のため、つま先が開いていないデザインを選ぶ

マリンシューズには、つま先があいたデザインのものもあります。でも、安全面を考えると、つま先が空いてないものの方がおすすめです。

ソール部分がしっかりしているもの

マリンシューズのソール部分がしっかりしているかは、大切なチェックポイント。

きちんと厚みがあって、滑りにくい素材でできたものが安心です。

※マリンシューズのソールは、基本的に滑りにくい素材で出来ています。でも、中にはソール部分が薄いものがあります。

ソール部分が薄いと足が痛くなりやすいです。底がしっかりしたものを選びましょう。

マリンシューズの手入れ方法

①水道水で海水をしっかり洗い流す

マリンシューズを使った後は、海水や砂がついています。

海水が残っていたり、ゴミが付いていると劣化しやすくなるので、まずは水道水できれいに洗いながすことが大切。

たいていのビーチでは、シャワーや水道設備があるので、そこできれいに洗います。中に入った砂も出来るだけ洗い流しましょう。

②風通しの良い場所(ホテルのベランダなど)で天日干し

きれいに海水を洗い流した後は、ホテルのベランダなどで天日干しします。

お部屋の中だとなかなか乾きません。出来るだけベランダで乾かしましょう。

(※ホテルによっては、景観維持などの理由から、ベランダで水着などを干すのを禁止しているホテルもあります。)

マリンシューズ

段差を利用して風通しよく干そう

ちなみに、マリンシューズは乾きやすい素材で出来ています。

外で干しておけば、翌日にはほぼ乾きます。

ベランダの出入り口には、ちょっとした段差があると思いますので、そこに立てかけておくと、風が通りやすくなるので、早く乾きますよ。

「リーフツアラー」のマリンシューズを使用した感想

「リーフツアラー」のマリンシューズを選んだ理由

私が選んだのは、リーフツアラーのマリンシューズです。

さすが、スノーケリングブランドのものとあって

  • 安全性
  • 耐久性
  • 使いやすさ

の面で満足できました。

マリンシューズ

子供用はテープ式を選びました(左の青いシューズ)

しっかりしていますが、値段は2000円程度と手ごろな値段です。

他のマリンシューズと値段的には大差ないので、迷ったらリーフツアラーのものをおすすめします。

子供用のマリンシューズ

子供用のものは、同じくリーフツアラーの「テープ式」のマリンシューズを選びました。

幼稚園の子供に履かせてみましたが、一人でもスムーズに履けました。素材が柔らかいので足が痛くなることはないけど、生地は厚みがあってしっかりしています。

子供も「履きやすい!」と話しています。

ほどよく足にフィットして履きやすそうです。

素材は柔らかくて履きやすいけど、ソールはしっかりしていて安心感があります。

大人用のマリンシューズ

大人用のマリンシューズも、リーフツアラーのものを購入しました。

本当は子供用と同じデザインの、テープタイプのものが欲しかったのですが、大人用の物はおそらくスリッポンタイプしか販売されてないようです。(大人用のテープタイプも販売して欲しい!)

スリッポンタイプなので、テープタイプより足へのフィット感は少ないと思いま。でも、海で遊んでも一度も脱げることなく快適に遊べています。

マリンシューズを沖縄のビーチで使った感想

我が家では、2017年~2019年の間に4回沖縄へ旅行しました。海が大好きなので、滞在中はそれぞれ4~5回ほどマリンシューズを使いました。

自由に動き回れて良かった!

サンゴのかけらがたくさんあるビーチや、直射日光で暑くなった歩道を歩いたりしましたが、足が痛いとか、暑いとか気にせずに遊べたのは良かったです。

海の中でも、脱げることはありませんでした。

家族4人、全員がマリンシューズを履いていましたが誰も脱げたりすることなく、快適に過ごせました。

マリンシューズの中に、少しは砂が入ってしまう

海の中で使った際、マリンシューズの中に多少は砂が入ってしまいました。

きちんと足に合うサイズを選んでも、やっぱりスキマはありますからね。これは仕方がないと思います。

ただ、入ってくるのは小さめの砂のみ。サンゴのかけらは入らないので、足が痛くなることはありませんでした。

リザンシービーチ

1足買えば、長く使えるのが良い

マリンシューズは1足用意すれば、長く使えそうな印象。きちんとケアしておいたからか、何度も使いましたが、きれいな状態をキープできています。

破損もないし、色落ちや臭いなどもありません。

子供の場合は足のサイズがどんどん変わっていくので、そのうち買い替えが必要になります。でも、大人の場合は1足用意すれば長く使えると思います。

▽購入したマリンシューズ

以上、マリンシューズの感想でした。

沖縄旅行で天然ビーチで遊ぶ場合は、マリンシューズがあると足元を気にせず楽しく遊べますよ♪

【こんな記事も書いています】

▽車移動が多い沖縄旅行。乗り物酔い止めメガネ、使っています。

▽沖縄旅行の持ち物リスト。持って行って良かったもの、いらなかったもの。

▽やちむんの里に行った感想。食器好きには、たまらない場所でした!手ごろな値段のやちむんもありました。

▽西海岸の大型リゾートホテルに泊まった感想。ビーチ沿いだけど、手ごろな値段で泊まれるのがGOOD。

▽沖縄のうるま市へ行くなら、ぜひともオススメの観光スポット。ダイナミック琉球のロケ地です。

▽2019年冬の沖縄旅行記(まとめ)。効率良く周れるように、プランを練りました。