【沖縄】サンマリーナビーチは宿泊者以外も利用できる絶景スポット。熱帯魚を見てきました

サンマリーナ灯台沖縄旅行
スポンサーリンク

シェラトン沖縄サンマリーナリゾートの前に広がる、サンマリーナビーチへ子連れで行ってきました。サンマリーナビーチはホテルの前に広がるビーチですが、宿泊者以外でも利用できます。

沖縄でいくつかのビーチに行ったことがありますが「また絶対に行きたい!」と思ったのが、サンマリーナビーチです。サンマリーナビーチの海はエメラルドグリーンで透明度も高いし、たくさんの熱帯魚もいます♪

この記事にはサンマリーナビーチを利用した感想をまとめています。

スポンサーリンク

サンマリーナビーチは宿泊者以外でも利用できる

サンマリーナビーチは有名ホテル「シェラトン沖縄サンマリーナリゾート」の目の前に広がるビーチです。

ホテルの前に広がるビーチですが、シェラトン沖縄サンマリーナリゾートに宿泊していなくても、利用することが出来ます。

ホテルによってはビーチ利用は宿泊者のみに限定しているところもありますが、サンマリーナビーチの場合は大丈夫。きれいに整備されたビーチなので、とってもおすすめです。

シェラトンは高級ホテルだから、なかなか泊まれませんよね(汗)でも、ビーチだけの利用もできるので、ぜひ行ってみてくださいね。

スポンサーリンク

サンマリーナビーチが子連れに最高だと思う理由

沖縄にはきれいなビーチがたくさんありますよね。

でも、私が「もう一度行くなら、サンマリーナビーチでしょ!」と思う理由をまとめたいと思います。

我が家の場合は、子連れで利用し大満足でしたが、もちろん大人だけでの旅行にも、とってもおすすめ。

 

波がとっても穏やか

サンマリーナビーチはとっても波が穏やかです。

小さい子供を遊ばせるときに波が荒いと心配ですが、サンマリーナビーチは波が穏やかなので、安心して遊ばせることが出来ます。防波堤があるので、波が穏やかなんだそうです。

 

透明度が高い。最高ランクの水質AAに選ばれている

サンマリーナビーチの海水は、とっても透明度が高くてキレイなことで有名です。

沖縄には、たくさんキレイなビーチがありますが、サンマリーナビーチは環境省による「快水浴100選」や、全国で12カ所しかない最高ランクの水質「AA」に選ばれています。

サンマリーナビーチ

透明度の高さが抜群!

見てください、この透明度…!日本とは思えない、キレイな海でした。

 

砂浜がさらさらで足が痛くない

サンマリーナビーチの砂浜は白くて、さらさらです。サンゴのかけらが混ざっていることもあるけど「サンゴのかけらだらけで、痛い…」ということはないです。

沖縄にはサンゴのかけらが残る天然のビーチがありますが(※お隣のリザンシーパークホテル谷茶ベイのビーチはサンゴのかけらがたくさんある天然ビーチです。)、子供を遊ばせるなら白い砂浜の方が安心できるので嬉しいです。

他のビーチではマリンシューズを履いていますが、サンマリーナビーチは砂がさらさらなので、マリンシューズを履かなくても大丈夫そうだな、という印象でした。(※マリンシューズを持っているなら、安全のために、履いていた方がいいです。)

▽マリンシューズの選び方やオススメの理由はこちら。

 

海上遊歩道(桟橋)で海の上をお散歩できる

サンマリーナビーチには、海上遊歩道(桟橋)があります。ここが絶景ポイントで、おすすめ。

ここは、誰でも自由にお散歩することができます(もちろん、無料でお散歩できます。)

晴れた日には歩道もかなり暑くなっていましたので、ビーチサンダルやマリンシューズを履いた方がいいです。

サンマリーナビーチ海上遊歩道

ここを進んでいくと、絶景に出会えるよ!

ここがサンマリーナビーチの絶景スポットへの入り口。

初めて行ったとき「こんなとこ、日本にあるんだー!!」って感激しました。

青い空、透き通った海、海上遊歩道の白い道がリゾート感たっぷり。白い灯台もあって、ここをさらに進むと桟橋に続いています。

桟橋では、吹き抜ける風を感じることが出来て、とても気持ちが良かったです。桟橋は低めで海との距離が近いので、まさしく「海の上をお散歩している」感覚が味わえました。

サンマリーナビーチ海上遊歩道

海の上のお散歩がとっても気持ちいい!

海上遊歩道から見下ろすと、透き通ったキレイな海が広がっていて、熱帯魚も見つけることができました。サンマリーナビーチは、水がキレイだから熱帯魚を見つけやすいのかもしれませんね。

サンマリーナビーチの桟橋は、古宇利大橋のミニ版って感じだなぁと思いました。

古宇利大橋の場合は、車で走り抜ける気持ちよさがあるけど、サンマリーナビーチの海上遊歩道の場合は、自分で歩いて渡るので、ゆっくり景色を楽しめるのが、いいなぁと思います。

 

海上遊歩道(桟橋)を子連れで歩くときの注意点

絶景が楽しめる海上遊歩道(桟橋)ですが、子連れの場合に注意してほしいことがあります。

柵が低いので、子供としっかり手をつないでください。海に落ちないように気を付けましょう。

ヨチヨチ歩きの1歳~のお子さんや、2~3歳の走り回りたい時期のお子さんと一緒の場合は特に注意してくださいね。

 

桟橋の柵はかなり低く、チェーンがついているだけです。小さなお子さんと一緒の場合は、落ちないように、しっかりと手をつないだ方がいいです。

 

熱帯魚がたくさんいる!

サンマリーナビーチでは、たくさんの熱帯魚を見ることができました。実は、この熱帯魚を見たくて利用したといっても過言ではないほど…。

もちろん、シュノーケルツアーに参加すれば熱帯魚は簡単に見ることができます。

でも、小さな子供を連れて参加するのは、とってもハードルが高いんですよね。当時の子供たちは、水に顔をつけることすら嫌がっているほどだったので、シュノーケルは厳しい…。

でも、お魚を見せてあげたい!

そう思って「ホテルのビーチで熱帯魚がたくさんいるところ」を探して、見つけたのがサンマリーナビーチなんです。

どこのホテルにも、シュノーケリングスポットには、それなりにお魚がいると思います。でも、浅瀬でシュノーケルグッズを付けなくてもお魚が見られるビーチってほとんど無いみたいなんです。

サンマリーナビーチでは、シュノーケリングスポットまで行かなくても、ふつうにたくさんの熱帯魚を見つけることが出来ます!子連れにとってもオススメですよ!

 

熱帯魚は岩場の近くにたくさんいるよ!

では、サンマリーナビーチのどのあたりに熱帯魚がいるのかというと…岩場の近くに、熱帯魚がたくさんいます!数十匹単位でたくさんいるので、すぐに見つけることができます!

サンマリーナビーチの熱帯魚

サンマリーナビーチの岩場で見つけた熱帯魚

私たちが遊びに行った時も、青や黄色の小さな熱帯魚、グレーの少し大きめのお魚がたくさんいました。岩場以外の場所でも熱帯魚はたくさん見かけましたが、岩場の近くの方が見つけやすかったです。

 

子連れで熱帯魚を見たい場合に、おすすめの時間帯

次第に、潮がひいてくると、水位は子供の足首くらいになりました。

大人には浅すぎるように感じたけど、子供にとっては歩きやすいし、簡単にお魚を見つけることが出来るので良かったです。

サンマリーナビーチ

干潮時のサンマリーナビーチ

小さな子さんに熱帯魚を見せてあげたい場合は、サンマリーナビーチの干潮になりはじめる時間帯を狙うといいと思います。簡単に、たくさんの熱帯魚を見つけることができます!

水位が低いと、もぐらなくても簡単に熱帯魚を見つけることができます。子連れにおすすめの時間帯です。

熱帯魚は岩場の近くにたくさんいます!干潮時だと水位が低くなるので、子連れでも簡単に熱帯魚を見つけることが出来ますよ♪
スポンサーリンク

お隣のリザンシーパークホテル谷茶ベイのビーチと行き来できる?

シェラトン沖縄サンマリーナリゾートのお隣には、リザンシーパークホテル谷茶ベイがあります。

リザンシーパークホテル谷茶ベイに泊まったことがあり、リザンの客室からサンマリーナビーチの灯台が見えました。

↓この写真は、リザンシーパークホテル谷茶ベイの客室から、撮影したもの。

サンマリーナ灯台

リザンシーパークホテル谷茶ベイ側から見た、サンマリーナビーチの灯台の様子

サンマリーナビーチと、リザンビーチは、階段のある塀を隔てて、お隣同士です。リザンシーパークホテル谷茶ベイに宿泊している時「サンマリーナビーチへは階段を超えれば、すぐに行き来できるのでは?」と思い行ってみました。

同じように考える方が多いようで、私たちのように階段のある塀を目指して歩いている方を何度か見かけました。

遠目では、行き来できそうに見えましたが、実際は、塀の上に岩がつまれて封鎖されていました。

フロントの方に質問してみると、安全上の観点から行き来は禁止しているそうです。一見、階段から行き来ができそうに見えますが、行き来することは出来ません。リザンシーパークホテル谷茶ベイから、サンマリーナビーチへは公道を通ってアクセスする必要があります。

リザンシーパークホテル谷茶ベイからサンマリーナビーチへは徒歩10分ほどですが、夏の暑い中徒歩で移動したら、とても大変でした…。

車で2~3分の距離ですが、暑い時期に行き来したい場合は車で移動することをおすすめします。

 

▽【宿泊レポ】リザンシーパークホテル谷茶ベイは大型のリゾートホテル。ファミリーにおすすめ。

▽リザンシーパークホテル谷茶ベイの海やプールも楽しいよ!

 

以上、サンマリーナビーチで遊んだ感想でした。

透明度抜群で熱帯魚もたくさんいるサンマリーナビーチ。子連れファミリーに、とってもおすすめです。

 

▽沖縄旅行の持ち物をリスト化しました。身軽に旅するコツをまとめています。

▽【絶景スポット】「果報バンタ」もおすすめです!

▽【リゾートホテル宿泊レポ】読谷のホテル日航アリビラに泊まってきました。

▽【リゾートホテル宿泊レポ】恩納村の沖縄スパリゾートエグゼスに泊まってきました。

▽【恩納村】大人気の沖縄そば屋さんへ行ってきました!お食事レポート