【小学生の英語】自宅学習のやり方を変えたら伸びた!効果があった方法

小学生の英語学習

我が家の子供は現在小学3年生ですが、英語学習を始めたのは、小学1年生の秋から。

自宅での英語学習に選んだのは「オンライン英会話」でした。

オンライン英会話を始めた当初は「子供は習得が早いというし、英語が得意になったりして…!?」と淡い期待を持っていましたが、週1回のオンライン英会話だけでは、やっぱり無理でした。

1年半ほど経過しても、あんまり身に付いた感じがしないので勉強方法を見直しました。

具体的には、単語と音読の勉強を始めました。

  • 自宅学習でインプットして(基礎単語やフレーズを覚える)
  • オンライン英会話でアウトプットする(実際に会話してみる)

オンライン英会話でも、もちろん基礎的な単語やフレーズは習います。

でも我が家の場合は週1回だけしか受講していないし、インプットの場としては不十分なんですよね。

自宅学習で(できるだけ)毎日、ちょこちょこ単語やフレーズを覚えるようにして、知識の定着を図りました。

加えて、音読して「発音してみる」機会も増やすことに。毎日の学習量は少ないのですが、このやり方に変えてから子供二人の英語力がすごく伸びました!

英語力が伸びてきた勉強方法
  • オンライン英会話(1回25分/週1回)
  • 英単語・フレーズをタッチペン式教材で学習(毎日10分)
  • 英語テキストの音読(毎日10分)

毎日の学習時間は短いので、子供もそんなに苦労せず続けることができています。

それにタッチペン式教材だと「勉強している」というより「遊んでいる」という雰囲気が強いので、楽しく取り組めるのも良いのかなと感じています。

この記事では、子供の英語力が伸びてきた英語の学習方法について書いています。

我が家も子供の習得具合を見ながら試行錯誤でやっているので、まだまだ改善の余地はあると思います。

でも、この勉強方法に切り替えてから「すごく伸びてきたな~」と感じているので、参考になったら嬉しいです。

【失敗談】オンライン英会話のみに頼りすぎたこと

安くて時間の融通が利くオンライン英会話。小学1年生から始めてみた。

うちには小学3年生の子供(双子)がいます。二人とも小学1年生の秋からオンライン英会話を習い始めました。

オンライン英会話は、いくつかのスクールで無料体験を受け、ハッチリンクジュニア での受講を決めました。実は、私も以前にオンライン英会話を習ったことがあったので、オンライン英会話を習わせることへのハードルは低かったです。

▽ハッチリンクジュニアで体験レッスン(無料)を受けた感想

オンライン英会話は、

  • 授業料が安い(マンツーマンレッスン25分で500円程度)
  • 好きな日程でレッスンを受けられる
  • 他の習い事と違って送り迎えが必要ない

と、手軽なのにコスパは良くて満足していました。

ちなみに、ハッチリンクジュニア は他と比べて

  • 兄弟で一緒にレッスンを受けることも可能
  • 家族でレッスン数が分け合える
  • 次回のレッスンの資料を宿題として事前に送ってくれる

のが気に入ったので、お世話になることにしました。

 

▽子供向けオンライン英会話の大手

正直、各社にそんなに大きな違いはありません。オンライン英会話の単価は、平均して1回25分で500円ほどのスクールが多いです。

毎日受講して回数をこなしたい場合は、DMM英会話が安いです。

たいていのスクールで、無料体験レッスンを受けられます。色々受けて決めればよいと思います。先生との相性や、システム画面の使いやすさなど実際に体験してみて分かることも多いので。

 

反省点はオンライン英会話に頼りすぎたこと

先生との相性もよく、お気に入りの先生を何人か見つけてレッスンを受けていました。

せっかく、レッスン前に次回のレッスン内容のプリントを宿題として送ってもらえるので、予習として取り組んでいました。

でも次第に慣れてきて、気持ちもゆるんでしまい

  • 予習しないでレッスンを受けていた
  • 子供は言語を習得する能力に長けているらしいから…とオンライン英会話に頼りすぎていた

部分があって、1年半続けたけど思ったように英語は身に付きませんでした。

▽1年続けたときに書いた、オンライン英会話のレビュー。

間違いがないようにお伝えしておくと、決して先生の教え方がイマイチとか、そういうわけではありません。

私の英語学習へのフォローが放任すぎたということです。

まだ小学校低学年だし(今は3年生になりましたが)、子供は親が用意したものしか勉強しません。

親が子供に合った勉強方法を提示しないと、なかなか身につかないということを感じました。

 

英語の勉強法を切り替えることにした

このままのオンライン英会話に頼った勉強方法では、あんまり身につかない…と気づき、やり方を変えることにしました。

オンライン英会話で先生と仲良くなったこともあり、子供たちはオンライン英会話は大好き。

オンライン英会話は「実際に話してみる場」として大切だし、英語学習を進める上で、良いリズムになるので続けることにしました。

そして、オンライン英会話以外の学習として

  • 英単語・フレーズをタッチペン式教材で学習(毎日・10分)
  • 英語テキストの音読(毎日・10分)

を始めることにしました。

勉強方法を変えてみた!おすすめの教材は2つ

【英語の自宅学習①】タッチペン式教材で英単語・会話文を覚える

一つ目はタッチペン式の教材の、ペンがおしゃべり! 小学えいご絵じてん800です。

タッチペン式といっても、タブレット教材ではなく紙でできています。タブレット学習は視力の低下も気になっていたので、その点も良いと思いました。

小学えいご絵じてん800は英検にも応じた内容になっていて、英語初心者にぴったりの、基本の単語・フレーズを学べます。

小学えいご絵じてん

タッチペン式だと、ゲーム感覚で取り組めるので子供も楽しそうです。

先日、長男が「英語、覚えたよ~」と言って、絵じてんに出ている会話文をペラペラ暗唱し始めました!

「どんな意味か分かるの?」って聞いてみたら、正しく答えられたので、更にびっくり。しかも、そのフレーズをアレンジして自分で文章も作り始めたんです。

完璧に正しいわけではありませんでしたが、そこそこ合っていました。

私の場合は、文法を意識しすぎえ言葉に詰まってしまいますが「予めフレーズを覚えることで、感覚的に文章を作れるのかも!?」と子供の柔軟さに驚きました。

大人は母国語以外の言語に対して身構えちゃうことも多いですよね…。でも、子供は日本語も現在進行形で習得中。

日本語を学ぶのと同じような意識で英語も学んでいるから、身に付きやすいのかもしれません。

▽うちのは旧版なので、新版はこちら

 

タッチペン教材を使い込んだあとに感じたこと

【2021年8月追記】

我が家の場合は、子供が何度も小学えいご絵じてんにとり組んだので、ほぼ全ての内容を覚えてしまいました。

その次のステップとして、もっといろんな表現を学べる教材を探していて、ポピー Kids Englishが良さそうだな…と気になりました。

ただ、この教材は、年中~小学3年生が対象。我が家の子供は今4年生なんで、もっと早く気づけば良かったなぁと思っています。

ポピー Kids Englishの場合は、タッチペン教材に加えて「おはなしブック」という教材もついています。

おはなしブックは、

  • 子供になじみがある有名なお話が入っている
  • 日本語と英語の両方で聴けるCD付き
  • 繰り返し英語の発音を確認できる

というもの。

ポピー Kids Englishは小学えいご絵辞典と違って通信教育なので毎月費用はかかります。ただ、月額1,700円程度と他社の英語教材に比べて安いのが魅力。

しかも、国語や算数と違って繰り返し使えるので、兄弟で使い回せるのもいいな、と思いました。

ちなみに、対象は小学3年生までですが、あくまでもレベルの目安だそう。

うちは4年生ですが興味があったので、実際に資料を取り寄せて確認してみました。でも、我が家の子供たちはオンライン英会話でポピーよりも難しい内容まで進んでいることが判明…。

と、いうことで我が家の場合はポピーは実際に使っていませんが、ポピーは初めて英語を習う場合に、内容も価格もちょうど良さそうな印象です。

【詳細】ポピー Kids English

【英語の自宅学習② 】毎日10分の音読(CD付き教材)でフレーズと発音の練習

音読については、小学校では毎日、国語の教科書の音読の宿題が出るのを参考に始めました。

日本語だって毎日音読して学ぶのだし、英語もした方が良いよね」という考えからです。

今まで、なかなか覚えられなかった英語のフレーズ。音読を繰り返したことで、だいぶスラスラ話せるようになりました。

完全にインプットの回数が足りてなかったなぁ…と反省しました。

音読用の英語テキスト

テキストはこちらを使っています。アメリカに長年暮らしていた親戚が選んでくれたものです。

▽音読のやり方については、こちらの記事をどうぞ

ちなみに、幼児のお子さんの場合は、テキストを使って音読の練習をするのは、少しハードルが高いかな…と思います。

うちは小学生なので上記のテキストを使っていますが、幼児のお子さんの場合は、動画で見て覚えるタイプの教材の方が効果が出やすいんじゃないかと思います。

本よりも、映像付きの方が小さい子には理解しやすいし、楽しく出来るはず。すると、継続もしやすそうですよね。

結局、継続できないと、なかなか身に付きません。

幼児向けの教材はミライコイングリッシュが良さそうな印象。ミライコイングリッシュは毎日、30分見るだけの教材です。

音読練習の前ステップとして、聞く練習に良さそうですよね。本で学ぶのと違って、動画だと目から入る情報も多いし、小さい子でも理解しやすいはず。

※うちは小学生になってから英語学習を始めたので、ミライコイングリッシュはやっていません。今、英語学習のやり方を振り返ってみて、もし幼児期から始めるならミライコイングリッシュが良さそうかな…と思った次第です。

 

私は、子供たちが小さい頃、家事をしている時にテレビや動画を見せることが多かったです。(大体、夕食の準備・片付けの時間に見せていました)

双子

テレビを見せていると、内心、罪悪感もありました。(子供向け番組で良さそうなものを選ぶようにはしていましたが)

でも、そういう時間に教養になるものを見せれたら、いいですよね。親としても「今は、英語学習の時間だし」と気持ちの整理も付けやすいので。

ミライコイングリッシュは、オンラインでサンプル映像(無料)が見れます。

 

勉強方法を変えて、2か月続けてみた結果

コロナ休校が始まったのをきっかけに英語の勉強方法を見直したんですが、この2か月で子供たちの英語力はものすごく上がりました。

前が1だったとした、今は30くらいに上がりました!

▽毎日続けているのは、下記の2つで1日20分。

子供に20分勉強させるのって大変だけど、各10分ずつ。思っていたより嫌がることなく、スキマ時間を使ってできています。

我が家では上記の2つの教材で進めてますが、最初に用意するならペンがおしゃべり! 小学えいご絵じてん800の方が、取り組みやすいと思います。

さいごに

最初はオンライン英会話に頼りすぎだった、小学生の英語学習。

教え方を変えてみたら、思った以上に伸びて、正直びっくりしています。

これからも、子供たちの性格や、進み具合に応じて、適切な勉強法を続けていけたらいいな~と思っています。

 

▽子供向けオンライン英会話スクール

 

【こんな記事も書いています】

▽子供が嫌がる漢字学習。成り立ちが分かる本を用意したら、嫌がることが減りました。

▽子供の車酔いに使っている「乗り物酔いを軽減するメガネ」の感想。酔い止めを飲む回数が減りました。

▽【児童書】低学年におすすめの本リスト。子供が好きな本の感想(まとめ)