【沖縄旅行】子供用アメニティを借りて、荷物を減らす方法

沖縄

沖縄旅行の荷造りをして感じたのは「この量って、海外旅行並みじゃない?」ということ。

沖縄旅行の場合は、着替えなどに加えてビーチグッズなども必要。荷物の量がぐっと増えてしまうのです…。

しかも、子連れの場合は更にすごい量!!

なんとか荷物を減らせないか試行錯誤した結果、ホテルのアメニティを借りるのが便利だと分かりました。

実際に子供用のアメニティを借りて感じたことや、借りるときに注意したいことなどをまとめています。

スポンサーリンク

子連れ沖縄旅行の荷物を減らすなら、アメニティを活用する

我が家の場合は、子連れ沖縄旅行の荷物を減らすため、ホテルのアメニティを活用しています。

たいていのホテルでは、アメニティは基本的に無料。

一般的な子供用アメニティとして用意されているのは以下のものが多いです。

  • 子供用パジャマ
  • 子供用スリッパ
  • 踏み台
  • おねしょシーツ
  • ベビーベッド
  • 哺乳瓶洗い

など。

アメニティを活用すれば、荷物も減らせるし、ホテルでも快適にすごせます。

例えば、ホテルの洗面台って、自宅より高めのことが多いです。踏み台が無いと、手洗いの度に子供を抱っこする必要がありますが、踏み台があれば子供一人で済ませられます。

せっかく沖縄旅行、快適に過ごすためにもホテルのアメニティを活用するのがおすすめです。

▽【参考】沖縄旅行の持ち物リスト。実際に旅して分かった荷作りのコツなど。

スポンサーリンク

【注意点】子供用アメニティは事前予約が必要な場合が多い

子供用アメニティは、事前予約が必要な場合が多いです。(これは、各ホテルのホームページに記載されています。)

数に限りがあるケースもあるので、事前に電話で予約した方が確実です。

私が初めて子連れ沖縄旅行をした際、

子供用のパジャマは、最初から用意してくれるよね?

と、思っていました。

でも、ホテルのホームページをチェックしていたら、パジャマでさえ予約が必要と記載されていて「事前に調べておいて良かった…」と思いました。

大人用の浴衣やパジャマは事前に連絡しなくても、ほとんどのケースで準備してありますよね。でも、子供のパジャマは予約しないと用意してくれないホテルが多いんですよ。

子供用パジャマ

ホテル日航アリビラで借りたパジャマ

ちなみに、子供用パジャマについて問い合わせると、サイズを確認をされることが多いです。

子供と一口に言っても、小学1年生と小学6年生では体つきが全然違いますしね。サイズ展開が広すぎるから、事前に予約しないと借りられないのかな、と思いました。

子供用のアメニティには何がある?

子供用のアメニティはホテルによって違います。一般的なものを例に、借りるときの注意点をまとめます。

子供用のパジャマ・浴衣

沖縄旅行だと日数は2泊3日以上だと思います。かさばる衣類を減らすためにも、パジャマを借りることをおすすめします。

パジャマのデザインは、セパレートタイプと浴衣タイプがあります。ホテルによって、異なります。寝相が悪くて浴衣タイプだとお腹が冷えそう…という場合は、パジャマのズボンを持参したり、甚平を持っていくのもおすすめ。

甚平はパジャマとしても着れるし、洋服の代わりに昼間着せてもかわいいです♪リゾート気分、盛り上がりますよ。

【ホテル日航アリビラ】子供用パジャマはマリンテイストでかわいかったよ!

では、実際に宿泊したホテルのパジャマを紹介しますね。こちらは、ホテル日航アリビラのパジャマ。セパレートタイプなので、着やすいです。浴衣と違って、はだけないのがいいですね。

日航アリビラ子供用パジャマ

さわやかな色合いがかわいい!

ちなみに、素材は化繊だったのが少し残念だったかな。ホテル日航アリビラの大人用のパジャマは、肌触りのよいコットン素材なんですけどね。子供だって、コットンの方が着心地いいだろうし、子供用もコットンになればいいなぁと思いました。

そうそう!2泊ましたが、用意されていたのは1泊分のみでした。ミスだったのかもしれないけど、子供のパジャマは予約して用意してもらう必要があったので、予約時には細かく必要枚数を伝えたほうがいいかもしれません。

▽2018年の旅行記

▽2019年の旅行記

【リザンシーパークホテル谷茶ベイ】肌触りのいい浴衣タイプでした
こちらは、リザンシーパークホテル谷茶ベイの子供用パジャマです。帯なしで着ることができる浴衣でした。
リザンシー子供用パジャマ

リザンシーパークホテル谷茶ベイは浴衣タイプでした

子供たちは、浴衣を着る機会が少ないので喜んでいました。浴衣=旅館に泊まるときの特別なものだから、浴衣着ただけですごく楽しそうでした。

浴衣タイプだと、寝ているうちにめくれてお腹がでていまうので、持参した甚平ズボンをはかせました。

▽リザンシーパークホテル谷茶ベイの旅行記。

▽リザンの海・プールはとっても楽しい!子連れで利用した感想。

子供用の歯ブラシは持参がおすすめ

歯ブラシ&ペーストは、事前に予約しなくても用意してくれることが多いです。でも、ホテルで用意してくれる子供用の歯ブラシは少しヘッドが大き目なんですよね。

小学校低学年くらいまでの子供と一緒なら、持参した方がみがきやすいと思います。ペーストも、使い慣れたものの方が、味に慣れているので無難です。

歯ブラシは持参しても、そんなに荷物にならないし、磨きやすさの面でもホテルのものは磨きづらいので持参しましょう!

踏み台(ステップ)

リゾートホテルの洗面所は、高さが普通のお家より高めのことが多いですよね。洗面器も大き目だし、蛇口までの距離も遠かったり。

子供を抱っこして手を洗ってあげるのは、何かと大変なので、踏み台がある場合は借りると快適に過ごせます。数に限りがあるので、早めに予約しましょう。

ベッドガード・ベビーベッド

沖縄のホテルは、ベッドのホテルが圧倒的に多いです。たいていのホテルでは、ベッドガードがありますので心配な場合は予約するといいです。

赤ちゃんを寝かせたい場合は、ベッドガードではなくベビーベッドの方が安心です。ただ、ベビーベッドはきちんと手入れされていないと、汚れていたり古くなって耐久性が心配なものもあるようです。使用前にきちんと確認されることをおすすめします。

ベッドガードを設置してもらったよ!

ホテル日航アリビラでベッドガードをお借りしました。小学1年生の子供を寝かせた様子はこんな感じ。寝相が悪いので、ベッドガードがあると安心できます。

ベッドガード

ホテル日航アリビラのベッドガード

以前、ベッドガードなしで寝かせたら、ベッドから落ちちゃったことがあるんです…。ホテルのベッドがそれなりに広かったので「多分、落ちないだろう」と思っていたんですが、寝ている間に動き回ったようでゴツン!

それ以来、ベッドのお部屋では必ず借りるようにしています。

ベッドガードを予約できない場合の対処法
夏など混雑時期には、ベッドガードの数が足りず借りられない場合もあると思います。そんなときは、
  • ベッドを壁側にくっつけてもらい、反対側に椅子などを置いて落ちないようにする
  • 2台のベッドを並べてもらい、子供を中央に寝かせる

といいです。

▽2台のベッドを並んだ部屋で「添い寝プラン」を利用したときの話。添い寝プランだと安く行けるのがメリットです。

子供用スリッパ

子供用スリッパはあれば便利ですが、無くてもビーチサンダルなどで代用できます。

ちなみに、ホテル日航アリビラに泊まったときは、使い捨ての子供用スリッパを用意してくれました。沖縄かりゆしアーバンリゾート那覇に泊まったときは、使い捨てではありませんが、子供用のスリッパはありました。

補助便座

小さなお子さんと一緒の場合は、補助便座もあると便利ですね。ちなみに、我が家の子供たちは、足を広げてバランスをとる方法で座っていたので、なくても大丈夫でした。

おねしょシーツ

おねしょが心配な場合は、おねしょシーツも借りると安心です。

本当は心配なときはオムツを履いてもらうと親としては安心なんですが…。うちは心配な時期は事情を説明して「念のためオムツ履いておこうね!」というと、特に嫌がらずに履いてくれました。

お子さんと旅行前に話しあってみるのもいいかもしれません。

ベビーカー

ホテルや観光地ではベビーカーの貸し出しをしてくれるところもあります。

ベビーカーを手荷物で持っていくと、荷物がぐっと増えてしまうので、借りられる場合は借りてしまうのがおすすめです。なお、台数は限られているので早めに予約しましょう。

タオルの多め貸し出し

子連れだとタオルを多めに貸し出してくれるホテルは多いです。枕にしたり、肌掛けにしたりと役立ちますので、必要に応じて利用しましょう。

さいごに

ホテルによってアメニティは違いますが、うまく活用すると荷物も減らせるし、ホテルで快適に過ごせます。

気になることがある場合は、早めにホテルに問い合わせてみるといいです。夏の混む時期は、希望したアメニティが利用できないこともあるので、予約をしたらなるべく早く動くのがカギです。

▽車酔いする子供のお助けアイテム。シートロエンの類似品を使ってみたら、思っていたより効果がありました。

▽子連れで快適に過ごせたホテルの口コミ。エキストラベッド2台追加してもお部屋が広々。寝心地が良かったです。

▽子連れ沖縄旅行にかかった費用をまとめました。安く旅するコツもまとめています。

沖縄
スポンサーリンク
ひよこママをフォローする
みがるに暮らす